【準硬式野球】春季リーグ戦 VS慶大1回戦 9回2アウトから逆転勝利!

六大学準硬式野球春季リーグ戦
2012年4月21日(土) VS慶應義塾大学1回戦
府中市民球場

野球は9回2アウトから。野球ファンなら一度は耳にしたことがある言葉だろう。先週立大に2連勝した勢いそのままに初回から攻勢に出たい法大。しかし、その前に立ちはだかったのは慶大のエース・増田だった。果たして法大は増田の牙城を打ち崩すことができたのか・・・

本間監督の指示を受け打席に向かう宇賀神

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 0 0 0 0 0 0 0 0 3 3 9 2
慶 大 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 5 0

(法大)○大谷(2勝)、松田‐佐藤
(慶大)●増田‐小西
 

メンバー

                                                           

打順位置選手
1 (8) 宮川 拓実
2 (4) 鈴木 捷平
3 (9) 横山 翔
4 (3) 茨田 桂太
5 (5) 阿久津 航太
6 (6) 橘 廉
7 (7) 豊瀬 有剛
  PH 舟木 大河
  7 縣 悠太
8 (2) 佐藤 裕太
9 (1) 大谷 亘輝
  PH 宇賀神 勇人
  1 松田 知行

戦評

 序盤からランナーを出すもののチャンスを物に出来なかった両チーム。試合が動いたのは4回裏だった。法大先発の大谷(スポ3)が先頭打者に死球を与え2アウト三塁とされると相手エースの増田にタイムリーを打たれ先制を許してしまう。

 続く5回表。法大は2アウトから1番・宮川(経3)、2番・鈴木(社4)の連続ヒットで一、三塁のチャンスを作り前の試合でホームランを放っている横山(スポ3)が打席に立つ。しかし、初球打ちも虚しくセカンドフライでチャンスを潰す。6回表も1アウト一、二塁のチャンスを作るが、7番・豊瀬(社3)がダブルプレーに打ち取られ得点出来ない。 7回表はここまで1失点と好投している大谷が自らのバットで出塁すると2アウト一、二塁とチャンスが広がり先ほど凡退した横山に打順が回る。前の打席の借りを返すべく臨んだこの打席だったがセカンドゴロに倒れまたしても追いつくことができない。打線がチャンスを物に出来ない中、先発の大谷は5回以降をノーヒットに抑え打線の反撃を待つ。 そして迎えた9回表にドラマが待っていた。あっさり2アウトを取られ万事休すと思われたところで代打・宇賀神(経3)がライト前にヒットを放ち反撃の狼煙を上げる。このヒットで緊張の糸が切れたのか、このあと慶大・増田は三者連続死球を与え押し出しとし法大が土壇場で追い付く。なおも続く満塁のチャンスで打席に立ったのはここまでノーヒットの4番・茨田(スポ3)だった。このチャンスで打てなければ勝ちは厳しい場面だったがしっかりとレフト前にはじき返し2点を勝ち越す。 リードを奪った法大は9回裏のマウンドに松田(経2)があがった。その松田は味方のエラーで出塁を許したものの後続をきっちり抑えゲームセット。まずは法大が1勝を手にした。 昨年秋のリーグ戦防御率ランキング2位の慶大・増田と3位の法大・大谷、好投手の2人が先発だっただけに緊迫した投手戦となった。僅差の試合展開、そして土壇場で逆転し勝利を収めた法大は自信が持てたに違いない。野球は9回2アウトから。明日もこの勢いのまま最後まであきらめず戦い勝利を手にしてほしい。(吉弘 翔)

監督・選手のインタビュー

本間監督

―今日の試合を振り返って
やっぱりちょっとしんどいね。結果として3対1で勝てたのは勝てたんですけど、チャンスを何回も逃して。特に3番の横山ですかね。本人の感じるところはあると思うんですけど、ランナーがいる場面で攻めあぐんだという意味では打線の奮起が必要な試合でした。
―最終回に選手たちにかけた言葉は
1対0で9回に入ったので、この点差は逆に守っている慶大のピッチャーや野手陣の方がランナーを出せばプレッシャーになるはずだからランナーをためていこうと。それを選手たちが実践してくれたのが9回だったんじゃないかな。
―大谷投手はどうでしたか
関東選手権で大敗した相手ということもあって前半は気負ってる感じがあったけど、中盤くらいから力が抜けてキャッチャーの佐藤とのコンビネーションもあって自分のリズムが作れたのかなって。球数自体も割と少なくまとめていたので、そこは前回からの成長ですね。
―松田投手が抑えで投げましたが
今日はブルペンを空けないようにピッチャーを作らせて、調子が良かったのが松田。次に誰とは決めずに今日一番球が走っていた松田を投げさせ、見事プレッシャーの中頑張ってくれましたね。
―課題は
個人個人で見るとみんな打ちたい打ちたいになるんですけど、相手ピッチャーを楽にさせないように打っていいボールと待つ場面を見極める。先週も積極的に打ちにいくのはいいんですけど四球を貰うことが少なかったので。あとは、投手、野手共に頑張ってくれていますね。
 

大谷(8回1失点の好投)

ー今日のピッチングを振り返って
自分の中ではあまり良くなかったが、それでも粘れたのが収穫。関東のトーナメントでは気持ちが切れてしまったところがあったので、切れずに1点で抑えられたのが収穫。
ートーナメントでは悔しい負け方だったと思うが、意識した面はあったか
 試合に入る前に意識はしていた。この一週間リベンジすることを考えてきた。だけど、試合に入ったら忘れて相手とたたかうことに集中した。
ー5回以降ノーヒットに抑えたが、試合中に修正したところはあったか 
決めにいった球を打ち返されたりしたので、力を抜いて低めに集めるようにした。リリースの瞬間に力を入れるよう意識して投げた。
ー終盤の逆転劇をどう見ていたか
 キツいかと思っていたが、自分の代打も打ってくれ、上手いこと廻ってくれた。
ー今後に向けて
 強い相手が続くし、相手は慶応だけじゃない。早稲田と明治もいるので、そこをどう倒すか。去年のリベンジが出来るように頑張りたい。

佐藤(堂々としたリードで勝利に貢献)

―今日のゲームを振り返って
序盤は慶大打線の実力が分からず慎重にリードしすぎたため難しい展開になってしまった。大谷投手の実力を考えればもっと大胆に攻めて良かった。
―失点した時は
0ボール2ストライクだったのでスライダーを外し気味に構えたが甘くなりうまく合わせられた。
―盗塁を刺したが走られない工夫はしているのか
工夫をするほど器用ではないので相手にどんどん走ってもらって刺すことを意識している。僕が盗塁を刺さなければキャッチャーで入れてもらっている意味がないのでキャッチャーの仕事をやるだけです。
―次戦に向けて
今日の試合で慶大のバッターにどのような特徴があるかわかった。ピッチャーのテンポが良ければ必ず流れも来るので相手の弱点をつく大胆な配球をして僕が流れを作っていきたいです。

宇賀神(9回2アウトから代打で出場しヒットを放つ)

―今日のゲームを振り返って
何度かチャンスはあったがそれを物に出来ず悪い流れがあった。
―その悪い流れの中、9回2アウトで代打だったが
特に何も考えず自分のバッティングを心掛けた。
―代打で出場する時の心構えはあるか
1打席しかないので甘い球は1球で仕留める。その1球を逃したら結果は出ないから。
―次戦に向けて
今日の勝ちで勢いがついたのでこのまま勝ちたいと思います。

茨田(勝負を決める勝ち越しタイムリー)

―今日の試合を振り返って
今日は宇賀神のおかげです。3、4番の横山と自分が打てなくて、ランナーが出ても返せなかった。9回はベンチみんなが集中していたし、結果として勝てた。
―相手投手の印象は
いつも打ててないです。いい投手で甘いボールがない。
―9回に勝ち越しタイムリーについて
ワンヒットでいいと思っていた。(打った球は)チェンジアップかストレートで自分が合わせにいった感じ。ストライクを取りにきたようなボールでした。
―明日に向けて
今日のこの勝ちをムダにしたくない。今年は本当に全国大会に行きたいので、明日も勝って勝ち点を取ります。

フォトギャラリー

  • 04211本間監督の指示を受け打席に向かう宇賀神
  • 042129回に逆転タイムリーを放った茨田
  • 042135回以降は無安打に抑える好投を見せた大谷
  • 042143試合連続ヒットと好調の宮川
  • 04215打たせて取るピッチングで最終回を無失点に抑えた松田



 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み