【準硬式野球】春季リーグ戦 VS慶大2回戦 勝利目前、悔しい敗戦!

六大学準硬式野球春季リーグ戦
2012年4月22日(日) VS慶應義塾大学2回戦
早大東伏見グラウンド

昨日の試合は9回2アウトから逆転し勝利を収めた法大。その勢いのまま連勝し勝ち点を得たいところである。しかし、この試合も昨日に引き続き最後まで何が起こるかわからない展開となった。果たして法大は勝ち点を手にすることができたのか・・・

リーグ戦初先発で好投した安本

トータル試合結果

 12345678910HE
慶 大 1 0 0 0 0 0 0 0 2 1 4 9 1
法 大 0 1 0 1 0 0 0 1 0 0 3 8 1

(法大)安本、●吉田(1敗)‐佐藤
(慶大)郡司、森、○増田‐小西、小田

メンバー

打順位置選手
1 (8) 宮川 拓実
2 (4) 鈴木 捷平
3 (9) 横山 翔
4 (3) 茨田 桂太
5 (5) 金子 明信
6 (6) 橘 廉
7 (7) 豊瀬 有剛
  PH 宇賀神 勇人
  7 縣 悠太
8 (2) 佐藤 裕太
9 (1) 安本 剛史
  1 吉田 陵
  PH 舟木 大河

戦評

 法大のマウンドに上がったのは、今季初先発の安本(スポ2)だ。初回、いきなり慶大の4番・深澤に先制タイムリーを浴び1点を失う。何とかして追いつきたい法大は2回、この回の先頭打者4番・茨田(スポ3)がセンターへのヒットで出塁。続く5番・金子(社4)がしっかりと送りバントを決め、6番・橘(社1)もレフトへのヒットで次へとつなぐ。1死二・三塁のチャンスでむかえる打者は7番・豊瀬(社3)。センターへ貴重な犠牲フライを放ち、この回同点に追いつく。

 1点をめぐる攻防が続くなか、法大は4回に2死から5番・金子が四球を選び出塁。相手のエラーとワイルドピッチにより、この回無安打で得点を奪い勝ち越しに成功する。8回には先頭打者9番・安本が四球で出塁し、2死三塁というチャンスで打席に入った3番・横山(スポ3)がファーストへの内野安打を放ち、追加点をあげる。

 先発・安本は初回に1点を失ったものの、その後は安定したピッチングで慶大打線を抑え、試合はこのまま終わるかに思われた。しかし、むかえた最終回、突如安本が崩れ始める。先頭打者を安打で出すと、次の打者にも安打を許し、無死一・三塁という一打同点のピンチを招いてしまう。何とかして抑えたい法大だったが、続く打者に2点タイムリーとなるツーベースヒットを打たれてしまい、勝利を目前にして同点とされてしまう。

 法大は9回裏の攻撃で得点できず、試合は延長戦に突入する。10回表、安本から変わった吉田(社2)がマウンドに上がる。1死から相手に死球を与え、その後パスボールと安打で1死一・三塁のピンチを招く。続く打者にレフトへのタイムリーヒットを許し、この回勝ち越されてしまう。10回裏、勝利を諦めない法大は先頭の8番・佐藤(経1)がヒットで出塁するも、後続が打ち取られ試合終了。昨日に引き続き、最後まで何が起こるか分からない野球の怖さを思い知らされる結果となった。

 目前に見えた勝利を手にすることができなかった法大。3回戦は法大にとって大切な試合となるはずだ。気持ちを切り替えて第3戦へと臨み、何としてでも慶大から勝点を奪い取ってほしい。(武藤 海)

選手のインタビュー

安本(9回を投げ切るも最後はスタミナ切れ)

ー今日のピッチング
自分の中で調子は悪くなかったが、終盤にスタミナが切れてしまった。
ー慶応の印象
しつこかった。徹底した決まり事か何かがあったのではないかと思う。
ー今後に向けて
走りこんで、最後までバテないようにしていきたい。

豊瀬(1安打1打点の活躍)

―今日の試合を振り返って
守備のリズムは良かったと思います。ピッチャーが崩れてしまいましたが、ピッチャーだけが悪いわけでなく守備のエラーなどミスもあったのでしっかり改善していきたいです。
―2回に同点に追いつく犠牲フライを打ちましたが、どのような意識で打席に入りましたか?
リラックスして臨みました。とりあえず外野に飛ばそうという意識で(打席に)入りました。
―次の試合に向けて
慶應には去年もやられてるんで、何としてでも絶対勝ちます!
 

フォトギャラリー

    • 04221リーグ戦初先発で好投した安本
    • 04222犠牲フライを打つ豊瀬
    • 04223バント処理をする茨田
    • 04224この試合2安打の橘
    • 04225将来有望の1,2年生バッテリー
    • 04226軽快な動きを見せる金子

 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み