【準硬式野球】春季リーグ戦 VS慶大3回戦 大谷好投!!痛恨の4回・・・

六大学準硬式野球春季リーグ戦
2012年4月24日(火) VS慶應義塾大学3回戦
法大多摩グラウンド

慶大との1回戦は逆転勝ち、2回戦は逆転負けとここ2戦で天国と地獄を見た法大ナイン。果たしてこの試合、「勝ち点」という名のプレゼントを持った天使は一体どちらに現れるのか。

4回以外は抜群の投球内容!

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 7 2
慶 大 0 0 0 2 0 0 0 0 X 2 5 2

(法大)●大谷(2勝1敗)‐佐藤
(慶大)郡司、○増田‐小田

メンバー

打順位置選手
1 (8) 宮川 拓実
2 (4) 鈴木 捷平
3 (9) 横山 翔
  PH→9 縣 悠太
4 (3) 茨田 桂太
5 (5) 金子 明信
6 (6) 橘 廉
7 (7) 豊瀬 有剛
  PH 舟木 大河
  PR 杉本 篤史
8 (2) 佐藤 裕太
  PH 宇賀神 勇人
9 (1) 大谷 亘輝

戦評

 法大の初回の攻撃。1番・宮川(経3)のレフトを超えると思われた打球は、ファインプレーに阻まれる。続く鈴木(社4)の強烈な打球は、相手ピッチャーのグラブを弾くがショートの正面へ転がりアウト。この試合は明らかに慶大のリズムで幕が切って落とされた。
 だが、法大はすぐに流れを自分たちのものとした。2回、先頭の茨田(スポ3)がヒットで出塁すると、犠牲バントで送り二塁へ。すると相手ピッチャーが暴投。相手がもたついている隙を見て一気にホームを突いて先制。さらに四球とヒットでつなぎ追加点のチャンスを得る。ここはあと一歩の所で抑えられるが、大きい先制点を手に入れた。
 点を貰った先発の大谷(スポ3)はその裏、ヒットと野選、さらに死球で満塁のピンチを招くがここは気迫のこもったピッチングで三振を奪う。
 しかし4回、試合が大きく動いた。ここまで相手打線をヒット1本に抑えていた大谷が急に掴まりだした。先頭にヒットを許すと、それを皮切りにこの回だけで4本のヒットを許し2点を奪われる。大谷自身「もったいなかった」と振り返るように、その後ヒットは1本も許していない。
 大谷の好投をなんとか助けたい打線は4回以降もランナーをためるが、三振やダブルプレーで得点につながらない。残すはここ2戦で共にドラマを生んできた最終回。先頭の金子(社4)がセカンドへの内野安打を放つと手堅く送る。ここで代打・舟木(社3)が死球を貰い1死一、二塁のチャンス。打席に入るのは、1回戦で逆転勝ちのきっかけを作った代打・宇賀神。積極的に振っていき迎えた3球目。打球はショートへ飛び、結果はダブルプレー。得点を奪うことができず試合終了。勝ち点は手に入らなかった。
 宿敵・慶大との3戦は全て僅差の試合だった。特に目立ったのがチャンスでのバッティング。ここで打っていればという場面でことごとく凡退を繰り返し、ピッチャー頼りの試合展開にしてしまった。このままでは昨秋の覇者であり、現在1位である強打の早大に勝つことは難しい。打線のさらなる奮起が今後のポイントとなる。(小田切 直也)

選手のインタビュー

大谷(好投報われず)

―今日の試合を振り返って
1点差負けだったんですけど、自分が0点に抑えれば勝てたんで。4回だけもったいなかったというのがあったんで、1球1球もっと大事にいけばよかったと思います。

―3戦目でしたがどんな気持ちで臨みましたか
負けたら勝ち点ないんで、厳しい条件なのはわかってたんで絶対勝つという気持ちで来たんですけど・・・。まだ優勝はあるのであと全部倒して優勝したいと思います。

―4回に心境の変化はありましたか
心境の変化はなかったんですけど、相手に球を読まれていたというか簡単にいきすぎてもったいない点が多いんで、もうちょっと自分が落ち着いて配球を考えたら結果は違っていたんじゃないかなと思います。

―今日の試合で得たことは
テンポよく投げれた、1戦目よりは腕が振れていたのでそこは良かったかなと思います。

―次に向けて
1点もやらないつもりでこれからの試合をやっていきたいと思います。

鈴木主将

―今日のゲームを振り返って
ピッチャーの大谷が頑張ってくれたのに野手が打てなくて申し訳ない気持ちでいっぱいです。
―次戦に向けて
負けたら終わりなので気持ちを切り替えて練習に取り組みたいと思います。

縣(レギュラー奪取へ!代打で登場しヒットを放つ!)

―今日のゲームを振り返って
得点圏にランナーがいる状況が多かったがあと1本が出ず気持ちの弱さが出た。前回の試合からチーム全体に焦りがあり早打ちが目立った。
―8回1アウト二塁と一打同点の場面で代打だったがどのような気持ちで打席に入ったか
フライアウトだけはやめようと思っていた。ランナーを返すつもりで打席に入った。
―次戦に向けて
チーム全体が次の東大戦で大振りせずコンパクトにスイング出来ればその後の早大や明大との試合に繋がると思う。レギュラー目指して頑張ります。

 

フォトギャラリー

    • 042414回以外は抜群の投球内容!
    • 04242守備もそつなくこなす
    • 04243宮川はこの試合でもマルチヒットを記録!
    • 04244挟殺プレーでランナーを追いかける金子
    • 04245代打で出場した縣は結果を残す
    • 04246ダブルプレーで試合終了となり天を仰ぐ宇賀神

 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み