【準硬式野球】春季リーグ戦 VS東大2回戦 先発全員安打!一時中断も集中切らさず

六大学準硬式野球春季リーグ戦
2012年5月6日(日) VS東京大学2回戦
法大多摩グラウンド

東大との1回戦では、コールド勝ちを収め波に乗る法大ナイン。このまま勝ち点を奪うことができるのか。だが、相手にも意地がある。そう簡単には勝たせてはくれない。しかし、またしても一方的な試合展開となった。

4安打を放った茨田

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 1 2 1 5 3 2 0 1 0 15 19 2
東 大 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 5 1

(法大)○松田(2勝)、蓮岡、安本、吉田‐佐藤
(東大)●田邉、小林英‐小林凌

メンバー

打順位置選手
1 (9) 縣 悠太
2 (4) 鈴木 捷平
3 (8) 宮川 拓実
4 (3) 茨田 桂太
5 (5) 阿久津 航太
6 (6) 金子 明信
7 (7) 豊瀬 有剛
8 (2) 佐藤 裕太
9 (1) 松田 知行
  1 蓮岡 航平
  PH 舟木 大河
  1 安本 剛史
  1 吉田 陵

戦評

初回、法大は制球に苦しむ相手投手からヒット無しで先制し幸先の良いスタートを切る。その後、2回3回と死四球とヒットを絡め追加点を挙げていく。そして迎えた4回。前の試合から3番に座る宮川(経3)がヒットで出塁すると、つづく茨田(スポ3)、阿久津(社4)、金子(社4)と4者連続でヒットを放ち2点を追加する。その後1死となるものの、8番・佐藤(経1)のヒット、9番・松田(経2)の三塁打などこの回11人の猛攻で5点をもぎ取る。

 一方守備では、立大2回戦以来の先発を務める松田が安定した投球を披露する。3回に内野安打で1点を失うものの、三塁手・阿久津の好判断でピンチの芽を摘み追加点を与えない。その後も打たせて取るピッチングで5回1失点と試合を作る。

 松田の好投により、昨日同様にコールド勝ちを収めたい攻撃陣は6回まで毎回得点を記録する。しかし7回。急な雷雨により思ったバッティングができずスコアボードに0が付いてしまう。その後雨足がさらに強まったため一時中断。それでも集中力を切らさなかった法大は蓮岡(営2)、安本(スポ2)、吉田(社2)の継投で勝利。勝ち点1を手に入れた。

 1回戦、2回戦共に投手陣の好調さがわかる内容だった。打撃陣も先発全員安打と波に乗る。だが、コールドゲームにはあと1点届かなかった。8回には満塁のチャンスを作るもあと1本が出ない。本間監督も「打撃が弱い」と課題を掲げ、早大、明大との試合でキーポイントになるのは間違いない。この1週間でどのような進化を遂げているか注目したい。(小田切 直也)

選手のインタビュー

松田(5回1失点で今季2勝目)

―今日の試合を振り返って
点は取られたくなかったんですけど、結果1点取られてしまってヒットも打たれていたので、まだまだ甘いなと思いました。

―立大戦以来の先発でしたが意識したことは
ゲームを作ることくらいですかね。あとは打席の時にストッパーにならないように気を付けました。

―先発と中継ぎはどっちがいいですか
自分は先発の方が気が楽ですね。高校の時全然抑えとかやったことなかったので。でも、大学入って1年生の時とかは中継ぎで使ってもらっていたので、投げられればどっちでもいいです。でも1点差の時は中継ぎであんまり出たくないです(笑)。

―昨日は大谷君がいいピッチングをしていましたが刺激になりましたか
やっぱり流石って感じですね。バッティングもいいし。ああなれるように頑張ります!

―次に向けて
手強い相手で今回みたいにはいかないと思うので、一つ一つしっかり自分のやるべきことをして優勝したいです。

茨田(4安打で復調の兆し!?)

ー今日の試合を振り返って
チームのバッティングは上向きで、大事な早稲田、明治戦に向けていい流れができたと思います。個人的には決定打が出ていなくて、チームの皆に助けられているので、大事な場面で打てるように結果を残していきたいです。

ーチャンスで打席が回ってきたことも多かったですが
力が入っていると言われたので、仲間にアドバイスをもらってリラックスして(打席に)入れました。

ーバッティングの調子はいかがですか

前回のシーズンの方がよかったんですけど、何とかタイミングを合わせていきたいと思います。

ー早稲田戦に向けて意気込みをお願いします

早稲田に勝たないと全国に行けないと思っているので、勝ちたいです。

 

フォトギャラリー

  • 050614安打を放った茨田
  • 050624年生の意地を見せる金子
  • 05063安定した守備の鈴木
  • 05064阿久津は今日も打撃好調
  • 05065縣はトップバッターとしてチームを引っ張る
  • 05066打たせて取るピッチングで1失点に抑える松田


 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み