【準硬式野球】春季リーグ戦 VS早大1回戦 エースの貫録!被安打1で昨秋王者早大に先勝!

六大学準硬式野球春季リーグ戦
2012年5月12日(土) VS早稲田大学1回戦
法大多摩グラウンド

今週迎え討つのは昨秋の王者早大。今年も投打がかみ合い首位をひた走る。特に、現在打率ランキング上位5人中3人が占めるなど強力打線が光る。だが負けられない法大は現在防御率1位のエース大谷(スポ3)がマウンドに登る。果たして制したのはどちらのチームか。

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 0 0 1 0 0 0 2 0 0 3 7 3
早 大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 3

(法大)○大谷(4勝1敗)‐佐藤
(早大)●河合‐松下

メンバー

打順位置選手
1 (7) 縣 悠太
2 (4) 鈴木 捷平
3 (8) 宮川 拓実
4 (3) 茨田 桂太
5 (5) 阿久津 航太
6 (6) 橘 廉
7 (2) 佐藤 裕太
8 (9) 横山 翔
9 (1) 大谷 亘輝

リーグ戦結果

 法政明治慶應立教早大東大試合勝点勝率
  ○●● ○○ ○○ 8 6 2 2 .750
  ●● ○●● ○○ 8 4 4 1 .500
●○○ ●○●   ○○ 9 5 4 2 .555
●● ○○ ○●○ ●●   9 4 5 2 .444
●○○   ○○ ○○ 8 6 2 3 .750
●● ●● ●●   ●● 8 0 8 0 .000

戦評

初回、法大は一死から2番・鈴木(社4)がセンターへのヒットで出塁するも、後続が続かず無得点に終わる。2回の攻撃は三者凡退に終わり得点することができない。
 試合が動いたのは3回だった。先制したのは法政。1死から9番・大谷(スポ3)がライトへのヒットで出塁。その後ワイルドピッチで2塁へ進み、続く1番・縣(社3)のファーストゴロを相手がエラー。2塁ランナーの大谷が一気にホームへ帰り1点を先制する。
 先発の大谷は先制した直後の3回裏、一死からヒットを許し、その後四球とエラーで1死満塁のピンチをむかえる。打席に入るのは早大の4番・南。何とかして抑えたいこの場面を、冷静にダブルプレーに打ち取り、ピンチを切り抜ける。その後は安定した投球で早大打線を完璧に抑え込んでいく。
 そんな大谷を援護したい打線は7回、この回先頭の6番・橘(社1)がライト線へ二塁打を放ち出塁する。続く7番・佐藤(経1)が送りバントをしっかりと決め、打席に入るのは8番・横山(スポ3)。レフトへタイムリーヒットを放ち追加点を挙げる。さらに相手のワイルドピッチが重なり、この回2点を追加する。
 そして迎えた最終回。完封を目指しマウンドにあがった大谷は1死から死球で走者を許すが、後続をダブルプレーに打ち取り試合終了。大谷は5四死球をあたえたものの、要所を締める打たせて取るピッチングで1安打完封。早大との初戦を制した。
 今日は3得点を挙げたが、相手のミスに助けられた部分も見受けられた。明日は打線の繋がりにも期待したい。チームの状態は上向きだ。この勢いのまま第2戦に臨み、昨秋の王者から勝ち点を奪い取ってほしい。(武藤 海)
 

選手のコメント

大谷(1安打完封!今季絶好調)

―今日を振り返って
首位の早稲田相手だったので、自分たちが勝つという気持ちでチームが一丸となれました。勝てて良かったです。―特に変化球が良かったように見えましたが
手の内を知れた相手だったんで、いつもとは違うスタイルで投げました。特に左打者へのスライダーを意識しました。スライダーでファールを取れたのが収穫です。―1安打完封だったが現在の調子は
調子は良いですね。ただ厳しくいき過ぎて四死球が多くなってしまったので、丁寧になり過ぎず安打よりも四死球を減らしたいです。―投ゴロをさばくシーンが多いですが、フィールデイングに自信は
高校の時は野手だったからけっこう得意です。これからも芯を外して投ゴロを打たせていきたいです。―2、3打席目はチャンスで回ってきましたが
2打席目は追加点のチャンスだったし、最低でも外野フライを打ちたかった。打席に入ったら一人の打者として打つ。チャンスで打っていきたい。―明日に向けて
自分もいつでもいける準備をしておく。明日も勝ちます。

鈴木(好守でピンチを救う)

―今日の試合を振り返って
ピッチャーの大谷がゼロに抑えてくれていて、なかなか点が取れなかったんですけど、最終的に(点が)取れて勝てたのは良かったと思います。―早稲田戦でしたが意識したことは
早稲田は1・2番が良くて塁に出すと厄介なので、出さないように意識していました。

―二回裏の守備では先制点を防ぐ守備で攻撃への流れを作りましたね
ここぞ、という場面でしっかり守れたので良かったと思います。―チームの状態はどうですか
雰囲気もいいし、打撃もみんなバットが振れていると思うので、もっと打てるようにしていきたいです。

―明日に向けて意気込みを
絶対勝って次の明治戦につなげたいです!

佐藤(大谷を好リード)

―今日の試合を振り返って
大谷さんの調子が良く、自分も準硬の試合に慣れてきたということもあって攻めのピッチングが出来ました。

―相手は昨秋の王者でしたが
秋1位と言うことで緊張して(試合に)入ったんですけど、試合が進むにつれて緊張が取れました。そんなに硬くならずにできました。

―試合を終えて早大の印象は
いい選手が多くて特にバッティングは凄いと思ったんですけど、今日は大谷さんの方が調子が良くて上回っていたなと思いました。

―試合前に大谷選手とはどんな話をしましたか
力まないでいつも通りという感じで。大谷さんこのシーズン調子いいので、無理に気負いしないようにと話しました。

―警戒していた選手は
1番の白石さんですかね。バッティングも上手いですし、塁に出られたら一番面倒臭いランナーになるので。

―明日に向けて
慶大戦も初戦取って2戦、3戦負けているので、気を緩めないように次の試合も全力でやっていきたいです。

横山(久々のスタメン出場!追加点を挙げる)

ー今日の試合を振り返って
大谷が良いピッチングをして、ロースコアになるとは思っていました。
ずっとチームに迷惑をかけていたので…。

ー久々のスタメンでしたが
8番という打順でキャプテンからは気楽にいけと言われたので、自分もプレッシャーを感じずに楽しんでやろうと心がけました。

ー7回のタイムリーの打席に入る前みんなになんと声を掛けられましたか

気楽にリラックスしていけと声を掛けられました。

ー今後に向けて
今日はいい形で勝てたが、明日はもっと点をとっていかないといけないので、今日みたいなチーム一丸の戦いで2連勝して、全日本に行けるようにしたいです。

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み