【準硬式野球】春季リーグ戦 VS早大2回戦 起死回生の一発!逆転勝利で見えた頂点!

六大学準硬式野球春季リーグ戦
2012年5月13日(日) VS早稲田大学2回戦
早大東伏見グラウンド

昨日の1回戦をエース大谷の好投で物にした法大。勢いそのままに連勝して首位に躍り出たいところである。試合は終盤までもつれる展開となったが、そんな試合にけりをつけたのはチームを引っ張る4年生の一振りだった!!

逆転2ランを放った阿久津

トータル試合結果

 123456789HE
早 大 3 0 1 0 0 0 0 0 0 4 7 0
法 大 0 2 0 0 1 0 0 2 X 5 5 3

(法大)松田、○安本(1勝)、大谷‐佐藤
(早大)神谷、●向江‐松下
[本塁打]阿久津1号2ラン(8回・向江)

メンバー

打順位置選手
1 (7)→ 9 縣 悠太
2 (4) 鈴木 捷平
3 (8) 宮川 拓実
4 (3) 茨田 桂太
5 (5) 阿久津 航太
6 (6) 橘 廉
7 (2) 佐藤 裕太
8 (9) 横山 翔
  PH 宇賀神 勇人
  7 豊瀬 有剛
9 (1) 松田 知行
  PH 坂元 頌
  1 安本 剛史
  1 大谷 亘輝

リーグ戦結果

 法政明治慶應立教早大東大試合勝点勝率
  ○●● ○○ ○○ ○○ 9 7 2 3 .777
  ○○ ●● ○●● ○○ 9 5 4 2 .555
●○○ ●● ●○●   ○○ 10 5 5 2 .500
●● ○○ ○●○ ●●   9 4 5 2 .444
●● ●○○   ○○ ○○ 9 6 3 3 .666
●● ●● ●●   ●● 8 0 8 0 .000

戦評

 法大の先発は松田(経2)。だが初回、いきなり3連打を浴び、更にバッテリーエラーや味方のエラーも重なり、立ち上がりにいきなり3点を失ってしまう。

 法大の反撃は2回、相手投手の2連続四球からチャンスを作り、2死二、三塁から9番・松田が2点タイムリーで1点差に詰め寄る。

 しかし、3回にまたもやバッテリーエラー絡みで1点を返されすぐさま2点差とされてしまう。点を取った直後に点を取り返される嫌な展開となったが、試合の流れを変えたのは5回から2番手としてマウンドに上がった安本(スポ2)だった。

 安本はマウンドに上がった直後の5回、早大打線を3者連続三振に抑え流れを呼び込む。すると、その裏法大打線は先頭の1番・縣(社3)の死球から1死二塁のチャンスを作り、3番・宮川(経3)のタイムリーで1点差に。なおもチャンスは続き、1死一、二塁でここまでリーグ戦好調の5番・阿久津(社4)に打順が回るが、惜しくもダブルプレーに倒れてしまい同点とはならず。試合は1点差のまま終盤戦へと突入する。

 迎えた8回、法大は先頭の3番・宮川がヒットを放ちチャンスメイク。4番・茨田(スポ3)の内野ゴロの間に宮川は進塁し、1死二塁となる。打席には前の打席、チャンスで凡退してしまった5番・阿久津。1ボールからの2球目を振りぬくと、ライトフェンスを低い弾道で越えていく、逆転2ランホームランに。法大が終盤でようやく試合をひっくり返した。

 すると、9回法大はここまで好投の安本に代わって、前日に完封したエースの大谷(スポ3)を投入。2四球でランナーは背負ったものの、後続を断ちきりゲームセット。法大は昨秋の覇者でもあり、首位の早大から2連勝で優勝へ向けて大きな勝ち点1を奪った。 優勝へ向けてリーグ戦最後に待ち構えるのは明治大学。慶大に2連勝と勢いに乗っているだけに激戦となることは必須であろう。

 今節、得点は少なからず奪えたものの、まだ相手のミスに助けられているところも多い法大。さらなる打線の奮起が優勝への大きなカギを握るだろう。良い流れを持続し、優勝の栄冠と全日本選手権の切符をつかみ取ってほしい。(高田 優)

選手のコメント

阿久津(値千金の逆転2ランを放つ)

―今日の試合を振り返って
昨日は大谷が頑張ってくれましたが、今日はみんなで掴んだ勝利だと思います。

―逆転ホームランの打席はどのような気持ちで打席に入ったか
こういう試合では4年生が打って波に乗せてあげないといけないという気持ちでした。あのような場面でホームランを打ててうれしいです。

―ホームランを打った球は
前の打席が併殺打だったんですけどその時打ったのがインコースの直球で当たりは良くて捉えられていたので良いイメージは残っていました。ですからインコースの直球を狙っていました。打ったのはその球です。

―併殺打だったが逆にそれが功を奏した?
捉えられていたのでもっと狙えると思いましたね。

―チーム全体の雰囲気は
チームはまとまっていますし、何よりみんなが全日本選手権に行きたいという気持ちが全面に現れています。特に後輩が後押ししてくれていて4年生がプレーしやすい環境にしてくれています。

―後輩の力は大きいですね
そうですね。レギュラーで出ている4年生も2人しかいないので本当に後輩の力が大きいと思います。

―今日の勝利で首位に浮上しましたが
1位ということよりも来週の明治に勝つことが大事です。明治には毎年3戦目にサヨナラ負けを喫しているイメージがあるのでそれはなんとか避けてどうにか勝ち点を取りたいと思います。

―次戦に向けて
週末のカードを取れば優勝になるので体力的につらい部分もありますが今週の練習をみんなで元気に仲良く頑張っていきたいと思います。

安本(好リリーフで今季初勝利)

―今日の試合を振り返って
勝てて良かったです!

―マウンドに上がるときの気持ちは
流れが悪かったのでそこを変える気持ちを持ちつついつも通りを意識していました。気負わないようにしていたんですけど少し気負っちゃった部分もあって・・・。でも良かったです。

―緊張はしましたか
最初はしました。

―最初の回を三者連続三振に抑えましたが調子の方は
よかったですけどその1イニングで試合は決まらないのですぐに切り替えていきました。

―早大の印象は
1人先輩がいるんですけど、みんな打つイメージがあるので投げられてよかったです。試合に出たかったんで。

―先輩はどなたですか
6番セカンドで出ていた栗田さんです。

―対戦してみてどうでしたか
死球とレフトライナーで勝敗付かずという感じなんですけど(笑)。でも試合前に勝負したいと言っていたんで勝負できて良かったです。

―警戒していた選手は
1番打者の白石さんが良く打つので警戒していました。

―暫定首位ですが
うれしいですね。ラスト明治も勝って優勝したいです。

松田(先発するも課題を残す)

―首位の早稲田相手の先発だったが
試合を作ろうと思っていたんですけど・・・
それが自分の責任なので。

―初回の乱れについて
緊張はなかったです。意識しないうちに立て続けに打たれてしまった感じでした。もっと意識をもって試合に入るべきだったと思います。

―次戦への意気込みを
次の明治は早稲田より手強いと思っています。次回はしっかり役割を果たしたいです。0に抑えます。

宮川(2安打1打点の活躍)

ー今日の試合を振り返って
今日は準硬をやってきて、1番印象に残る感動的な試合になりました。

ー開幕直後の1番と現在の3番の違いは
3番の方がチャンスで回ってくるので責任感があります。東大戦で打撃が崩れてきていたので練習を最後の方までやってきました。

ー今日のセンター後方の飛球の処理など守備で貢献する場面も多いが
今日のは絶対エラーができない場面だったので絶対にとってやろうという気持ちでした。

ー今後に向けて
明大戦に勝たないと意味がありません。次もこういう流れで入っていけるようにしたいです。大谷の日はどんなに調子が悪くても勝てる事が多いですが、大谷以外の日、松田や安本が奮起して投げていってくれればいいと思います。

大谷(抑えとして登板)

―昨日からの連投となったが
連投は去年もやったことがあったんですけど、けっこう気負っていたし腕も振れてなかったです。でも悪い中で抑えられたのは良かったと思います。

―走者を出した場面での笑顔が印象的だったが
あれは自分が落ち着くっていうのと野手を安心させるためです。でもほとんど苦笑いでしたけど。

―次戦への意気込みを
今日勝てたのは本当に大きいです。2連勝を無駄にしたくない。次も2試合で終わらせます。

 

フォトギャラリー

  • 05131逆転2ランを放った阿久津
  • 05132阿久津は三塁の守備も華麗にこなす
  • 05133好リリーフで今季初勝利を手にした安本
  • 05134次戦での奮起を誓った先発松田
  • 05135抑えで登板したエース大谷
  • 05136逆転の足掛りとなるヒットを放った宮川
  • 05137見据える先にあるものは・・・(主将・鈴木)
  • 05138試合後、喜ぶナインたち
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み