【準硬式野球】春季リーグ戦 VS明大2回戦 波乱のリーグ最終戦!優勝へ黄色信号・・・

六大学準硬式野球春季リーグ戦
2012年5月20日(日) VS明治大学2回戦
法大多摩グラウンド

明大から勝ち点を奪えば優勝に大きく近づく。そのため、負けられない重要な1戦。拮抗した試合は延長戦に突入。一時は勝ち越すが、相手の粘りに力及ばず…。優勝は早大の結果に左右されることとなった。

悔いを残し春季リーグ戦を終える

トータル試合結果

 12345678910HE
法 大 0 0 0 0 2 0 1 0 0 1 4 10 0
明 大 0 0 0 0 0 3 0 0 0 2X 5 10 0

(法大)安本、蓮岡、●吉田(2敗)‐佐藤
(明大)酒井、○赤尾‐伊藤
[本塁打]宮川1号ソロ(10回・赤尾)

メンバー

打順位置選手
1 (9)→7 縣 悠太
2 (4) 鈴木 捷平
3 (8) 宮川 拓実
4 (3) 茨田 桂太
5 (5) 阿久津 航太
6 (6) 金子 明信
7 (2) 佐藤 裕太
8 (7) 豊瀬 有剛
  PH 木村 直弘
  PR 杉本 篤史
  9 横山 翔
9 (1) 安本 剛史
  1 蓮岡 航平
  PH 坂元 頌
  1 吉田 陵

リーグ戦結果

 法政明治慶應立教早大東大試合勝点勝率
●● ○●● ○○ ○○ ○○ 11 7 4 3 .636
○○ ○○ ●● ○●● ○○ 11 7 4 3 .636
●○○ ●● ●○●   ○○ 10 5 5 2 .500
●● ○○ ○●○ ●● ○○ 11 6 5 3 .545
●● ●○○   ○○ ○○ 9 6 3 3 .666
●● ●● ●● ●● ●● 10 0 10 0 .000

戦評

   まさかの逆転サヨナラ負けにベンチは静まり返った。簡単には終わらせてくれないと、法大ナインの誰もがわかっていたが結末はあまりに悲劇的だった。

 試合が動いたのは5回。7番・佐藤(経1)が四球で出塁し、8番・豊瀬(社3)の場面で盗塁を試みるもこれは失敗に終わってしまう。それでも豊瀬が死球で塁に出ると、9番・安本(スポ2)が送りバントで走者を二塁に進める。ここで今季途中からレギュラーに定着した縣(社3)に適時三塁打が飛び出し待望の先制点を挙げる。2番・鈴木(社4)も左中間を破る適時二塁打で続き、法大はこの回2点を奪った

 このまま試合を優位に進めたい法大だったが、6回に先発の安本が明大打線につかまる。この回の先頭に三塁打を許すと続く打者にも四球を与えてしまう。三振で一死を取るが代打・小町に適時二塁打を浴びここで降板。代わった蓮岡(営2)もショート頭上を越える不運なあたりで逆転を許してしまうが、ライト縣が好返球でバッターランナーを刺すなどして、この回を1点差で終えた。

 7回、代打・木村が無死から二塁打を打って重くなりかけていたベンチのムードを一蹴する。続く代打・坂元(社3)は1球でバントを決めて、法大は1死三塁と同点のチャンスをむかえた。ここで打席に立った縣が再び味方の期待に応え、この日3本目となる安打を中前に放つ。縣は八回の守備でもレフトから好返球で明大の逆転を阻み、攻守で大活躍した。

 8、9回は両チーム決め手を欠き延長戦に突入する。グラウンド整備を挟みむかえた10回の法大の攻撃。前日から当たりのない3番・宮川(経3)が先頭の打席に立つ。この日もここまで無安打だったが、ツーボールの後のインコース高めを強振すると、打球は軽々とフェンスを飛び越えて値千金の本塁打となった。これが試合の終止符となると思われたが、この後にまだ劇的な展開が待っていた。4イニングス目のマウンドに登った法大の3番手・吉田(社2)は、1死から甘く入った直球を狙われフェンス直撃の三塁打を浴び、次の打者には四球を与えてしまう。1死一・三塁となったところで相手の4番・斎藤に適時打を許し同点。一打サヨナラの場面をむかえ法大ベンチは満塁策を選ぶ。内外野ともに前進守備を敷いたが、続く打者の打球は無情にもレフト縣の頭上を越えてサヨナラゲームとなってしまった。

 二試合続けて逆転負けを許し投手陣の課題が浮き彫りとなった一方で、打撃陣もチャンスを作りながら得点しきれない場面が目立った。連敗し自力での優勝はなくなったが、週末の早慶戦次第では、勝率が並ぶ明治と再戦の可能性がある。このままでは終われない法大ナインが雪辱に燃える。(上田 康太郎)

優勝の行方

◎次節で早大が勝ち点を奪う
 →早大の優勝
◎次節で早大が勝ち点を落とす
 →法大と明大が勝ち点、勝率共に並ぶため1試合の優勝決定戦を行う

選手のコメント

鈴木(主将としてチームをまとめ上げた)

ー今日の試合を振り返って
最後の最後でやられました。でも、チームの雰囲気は良かったです。今までキャプテンとしてやってきたけど、今日の試合はみんなに申し訳なかったです。

ー今シーズンを振り返って
チームの雰囲気は良かったです。それをこれからも大事にしていきたいと思います。

ー4年生は就活がありながらのシーズンだったが、試合、練習の入り方はどうでしたか
合間をみて来てくれるのもいたし、その辺は気になりませんでした。

ー明大戦は2戦連続で終盤に逆転を許してしまったが、秋季へ向けての課題は
いつも明治には終盤でのこういう展開が多いので、秋季は終盤ひっくり返されないように、むしろひっくり返せるようにチーム力を上げていきたいです。

宮川(一時は値千金の本塁打を放つも…)

ー今日の試合を振り返って
最後の打席では打てたんですけど、その前の2打席はチャンスを潰してしまったので…。打っていれば延長までいかなかったはずですし、個人的にはダメでした。チームとしては投手力に課題があるなと思いましたが、全員が一丸となった時にも、まだ実力が足りないなと感じました。

ー延長10回にはホームランが出ましたが、打席で意識したことはありましたか
明治のキャッチャーとは高校の同級生なんですけど、今日の打席では抑えられていて凄く悔しかったので、絶対打ってやろうと思っていました。

ー今後への課題は
リーグ戦では打ち損じがヒットになったりとラッキーな部分もあったので、もっとコンスタントに打てるように練習していきたいです。

阿久津(頼れる5番打者!)

ー今日の試合を振り返って
今日は皆で勝ちたかったんですけど…。また負けてしまって悔しいです。

ー春季リーグ戦の最終カードでしたが、全体を通していかがでしたか
今シーズンは昨年から皆でチームをつくってきたので、その雰囲気のままに戦えたと思います。

ー4年生は就活がありながらのシーズンでしたが
大変だったんですけど、チームの事も考えながらやることができました。後輩もついてきてくれて、良い環境でやることができたと思っています

ー2試合続いて逆転を許す結果となりましたが、来季への課題は
後輩が頼もしくて試合にもよく出ていますし、(負けてしまった)明治も含めてもっと勝てるようにチームをつくっていけたらなと思います。

ー昨年は秋から新チームでしたが、今年もそうでしょうか
うーん…まだ分からないです。(どうなるかは)これからですね。

縣(猛打賞でチームを奮起させる)

ー今日の試合を振り返って
明治とはこんな感じの試合が多いんですけど、勝ちきれないところがまだ弱いなと思いました。

ー今日はヒットも多くでましたが
早稲田戦や(明治との)1戦目ではチームに迷惑をかけてしまったので、取り返したいと思っていました。

ー今後に向けて
少しの可能性にかけて、練習を続けていきたいです。

金子(精神的にチームを支える)

―今日の試合を振り返って
明治はとにかく相性が悪くて、いいイメージがないので、リードしていても何かあるなと思っていました。

―2試合続けて逆転を許す結果となったがこれからの課題は
昨日はパスボールとかのミスで、今日は投手力で負けたました。これからは投手陣が実力を出し切れる環境にしたいです。あと普段はあまりしない走塁練習を強化していくべきかもしれないと思います。

―今季を振り返って
昨秋からこのメンバーで、春には一年生が入って弱い部分は補強出来ました。それでもこういった接戦をものに出来ないのは野球以外の普段の生活に原因があるのかもしれないです。

―4年生は就活をしながらのシーズンだったが
4年生になって初めて野球だけをしていればいいという環境になり、それでもみんな合間を見つけて練習に参加していました。主将の鈴木はいつも最後までグラウンドに残ってくれたりして、感謝しています。

―これからに向けて
まだ早慶戦の結果次第で優勝の可能性があるので、万全な状態で臨めるようにしたいです!

吉田(粘りのピッチング実らず…)

ー今日の試合を振り返って
延長戦に入って、打線が点をとってくれたのにゼロでいけなかった…。先輩に申し訳ない…。

ー今シーズンの自身の投球内容を振り返って
怪我からの復帰明けのシーズンで、まだ安定していませんでした。ふがいなかったです。

ー 秋季に向けての課題
秋は勝つこと重視でやっていきたいです。先発でも抑えでもどっちでも行けるようにしたいと思います。

 

フォトギャラリー

  • 05201悔いを残し春季リーグ戦を終える
  • 05202延長で勝ち越し本塁打を放った宮川
  • 05203安本は今季先発でも中継ぎでも活躍
  • 05204先制点を奪い良い雰囲気で試合が進む
  • 05205縣は3安打と大当たり
  • 05206代打で二塁打を放ちガッツポーズをする木村
  • 05207横山は途中出場でヒットを放つ
  • 05208吉田は好投を見せるも10回に捕まる
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み