【準硬式野球】全日本出場予選会 VS関学大 延長11回の死闘!掴んだ全日への切符!!

全日本出場予選会一次トーナメント
2012年6月10日(日) VS関東学院大
早大東伏見グラウンド

見事六大学春季リーグ戦を優勝で飾った法大は、夏に開かれる全日本選手権大会(以下全日)出場をかけた試合に挑んだ。相手は神奈川リーグの覇者・関東学院大。予想通り厳しい試合となるものの、最後は全員野球で勝利を掴み、全日出場権を手に入れた。

生還して歓迎される縣

トータル試合結果

 1234567891011
法 大 1 0 0 1 0 0 0 1 0 0 4 7
関学大 0 0 0 0 2 0 1 0 X 0 0 3

(法大)大谷、○安本‐佐藤
(関学大)内藤、丸山、小島‐石塚

メンバー

打順位置選手
1 (7)→9 縣 悠太
2 (4) 鈴木 捷平
3 (8) 宮川 拓実
  PR→8 杉本 篤史
4 (3) 茨田 桂太
5 (5) 阿久津 航太
6 (6) 金子 明信
7 (2) 佐藤 裕太
8 (9) 横山 翔
  PH 木村 直弘
  PR 橘 廉
  1 安本 剛史
9 (1) 大谷 亘輝
  PH 舟木 大河
  7 豊瀬 有剛

戦評

勝てば全日出場が決まるこの試合。相手は神奈川春季リーグ戦王者の関東学院大学だ。試合は初回から動いた。先制したのは法大だった。1回表、先頭・縣(社3)が四球で出塁。さらに相手のミスで2塁へ進む。続く鈴木(社4)が犠打を決め、3番・宮川(経3)は四球を選び1死一・三塁のチャンスをつくる。続く4番・茨田(スポ3)のセカンドゴロの間に縣が生還し1点先制する。先制後はチャンスを作るも決定打を欠き、得点できずにいた法大たったが、4回表、1死から6番・金子(社4)が相手のエラーで出塁。7番佐藤(経1)も右前打を放ちチャンスを広げる。続いて打席に入るのは横山(スポ3)。その2球目、一塁走者の佐藤が盗塁する間に三塁走者の金子が生還し1点を追加する。 法大の先発はエースの大谷(スポ3)だ。4回まで相手打線を1安打に抑えていたが5回にピンチを迎える。先頭打者に四球を許し、その後2死を取ってから立て続けに2連打を浴び、この回2点を返され同点に追いつかれてしまう。勝ち越したい法大だったが、6回・7回と三者凡退に抑えられリズムを作ることが出来ない。嫌な雰囲気が流れはじめた7回裏。大谷は二死から四球で走者を出し、続く打者にもヒットを打たれてしまう。この打球をセンター宮川が暴投してしまい、1塁走者が一気に生還。この回逆転を許してしまう。何とかして追いつきたい8回表。この回の先頭は守備でのミスがあった3番・宮川。ミスを取り返すレフトへの二塁打で出塁し、打席に4番・茨田を迎えたところ で相手にワイルドピッチが飛び出し、宮川は三塁へ進む。なんとしてでも得点したいこの場面で、茨田はレフトへ貴重な犠牲フライを放ち、この回同点に追いつく。 9回はどちらも得点することが出来ず、試合は延長戦へ突入する。10回表、法大はいきなりチャンスを迎える。この回から変わった相手投手の制球が定まらず、連続四球と送りバントで1死満塁のチャンスを作り出す。続く打者は7番・佐藤。佐藤の打球は浅いライトフライだったため三塁走者が生還できず、状況は2死満塁に。続く打者の9回からマウンドに登った8番・安本(スポ2)は三振に倒れる。あと一本が出ず、絶好のチャンスを逃してしまいこの回無得点に終わる。 決着がついたのは11回だった。先頭打者の9回裏から途中出場の9番・豊瀬(社3)、1番・縣が安打で出塁。続く鈴木が犠打を決め1死二・三塁のチャンスをつくる。このチャンスで打席に入った10回表から代走で途中出場の杉本(社2)が2点適時打を放ち勝ち越しに成功する。さらに4番茨田が二塁打で出塁し、続く5番・阿久津(社4)にもタイムリーが飛び出し2点追加。計4点を奪い、迎えた11回裏。安本は先頭打者に出塁を許すも、後続を断ちきり試合終了。延長11回に及ぶ長丁場を制した。 厳しい試合をものにした法大。これにより8月に行われる全日への出場が決定した。2年前はあと一歩届かなかった頂点の座。課題は残されているが、雪辱へ向けチームはさらに成長していくだろう。夏、決戦の地で躍動する法大ナインの姿が見られるはずだ。(武藤 海)

選手のコメント

鈴木(この試合でも活躍したリーグ戦MVP)

―今日の試合を振り返って
ミスも出てしまったんですけど、ベンチも含めて全員で戦えた試合だったと思います。
―チームの雰囲気はいかがでしたか
全然悪くないですが、ここでの1本がなかなか出ないので、全日までに勝負強いバッティングが出来るようにしていきたいと思います。
―全日出場が決まりましたが意気込みをお願いします
行って終わりにするのではなく少しでも長い大会にしたいと思います。

フォトギャラリー

  • 06101生還して歓迎される縣
  • 06102決勝適時打を放った杉本
  • 06103守備でもみせる茨田
  • 06104先発を務めた大谷
  • 06105リーグ戦フル出場の佐藤も活躍
  • 06106次なるステージへ!


 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み