サッカー
 

深町健先制点も逃げ切れずドロー 関東大学サッカーリーグ前期 vs慶大

関東大学サッカーリーグ前期
VS 慶應義塾大学
5月3日(月)11:30
会場:平塚競技場

前節、流経大に敗れ、11位に低迷する法大。現在、1勝3敗と苦しい戦いが続いている。選手たちは「連勝したい」と口をそろえる。なぜなら、昨季から法大は連勝がないからだ。上位進出のためには、まず連勝すること。それが今季の鍵になりそうだ。第5節の相手は、現在6位の慶大。2勝2敗と今ひとつ波に乗れていない。法大としては、なんとしても勝ちたい相手だ。連勝への第一歩となるか。泥沼の3連敗か。前期の命運を賭けた戦いに注目した。

 
soccer-20100503-01先制点を決めた深町健(31番)を祝福する選手たち

試合結果

トータル試合結果

1
法政大学
1 前半 0 1
慶應義塾大学
0 後半 1

得点とアシスト

時間大学得点者アシスト
5分 法大 深町健太 岡 直樹
68分 慶大 森田達見

警告

時間大学選手名
76分 法大 山岸純平
90+2分 法大 川崎将也

メンバー

法政大学
監督:水沼貴史
慶應義塾大学
監督:イ・ウヨン
1 GK   中根 良(4)  1 GK   中川翔太
3 DF   片根健児(4)  3 DF   黄 大城
5 DF   倉田健生(4)  5 DF   笠松亮太
32 DF   木村高彰(1)  4 DF   三上佳貴
33 DF   岡 直樹(1)  20 DF   金房拓海
6 MF   山岸純平(4)  16 MF   藤田息吹
23 MF   川崎将也(2)  18 MF   大塚尚毅→松下(HT)
30 MF   高橋龍太郎(3)→大野(56分)  28 MF   山浦公裕→森田(66分)
8 FW   深町伸太朗(3)  10 MF   河合陽介
11 FW   深山翔平(3)→真野(75分)  7 FW   深沢 良
31 FW   深町健太(1)  11 FW   風間荘志→川久保(83分)
サブメンバー
12 GK   土田健太(4)  21 GK   小島一輝
26 DF   平 智広(2)  17 DF   内田雄一朗
27 DF   畑 共哉(2)  30 DF   松下純士
29 DF   松永亮平(2)  8 MF   加美義人
36 MF   大野瑞樹(1)  23 MF   岩田修平
24 MF   米田賢生(2)  13 FW   森田達美
25 FW   真野亮二(2)  19 FW   川久保 理

※(カッコ内)は、選手の学年、および交代した時間を表示しています。

 先制するも

晴天に恵まれた平塚競技場。風も弱く、絶好のコンディションの中、試合は始まった。試合は序盤から法大ペース。開始5分だった。左サイドで得たFKから、岡が折り返すと深町(健)が頭で押し込んで鮮やかな先制点を奪う。その後も法大が試合の主導権を握る。パスの精度が非常に高く、法大が目指すパスサッカーが形になっていた。守備では、速いプレスから相手のキーマンに仕事をさせず、前半は慶大をシュート0に抑えた。前半はほぼ完璧な内容と言っていいだろう。しかし、後半に入ると徐々に慶大がペースを掴み始める。すると後半23分。カウンターからサイドを崩され同点に追いつかれる。その後は一進一退の攻防。お互いに決定機を作ったが点には結びつかず、同点のまま試合を終えた。

 自信を確信に

試合終了後、「前半にもっと点を取れていたら」と監督も選手も悔しさを滲ませた。その言葉が、勝ちきれなかった要因であることは明白だ。しかし、慶大相手に自分たちのサッカーができたことは自信につながったことだろう。次節の相手は中大。優勝候補のチームに対して自分たちのサッカーができるか。自信を確信に変えてほしい。(輿石錬)

監督・選手の試合後のコメント

水沼貴史監督

―今日の試合を振り返って 前半点がもっと取れてればなぁという試合でした。

―今季初めて先制しましたが フリーキックからいい形と言うかうまい形で先制点が取れたんですが、1点で満足してるというか...。2点目、3点目を取ったら絶対に崩れるのに、そのたたみかけというか、ハーフタイムにも言ったがそのへんが甘いです。

―慶大について いいチームです。人が流動的に動いてくるし。でも今日はその怖さは消せたかなと思います。

―前線3人のポジションチェンジについて 前はその3人がいて、この動きですよってのは言って後はみんなに任せてました。頭を使いながらと言うか、あんなにグルグル動き回る必要はない時もありましたかね。

―岡、深町健など一年生について 一年生でもいいと思ったら使う。上級生でもダメと思ったら外す。うちはそういうコンセプトのもとやっています。たぶん法政が試合に出た選手の延べ人数は一番多いんじゃないかな。いいか悪いかはべつにして。

―次戦、中大戦に向けて 中大は今日のようにはいかない。一人一人がどれだけ頑張れるか。今日の試合をとりあえずのベースにして、そこに攻撃でも守備でも質の高いプレーヤーを加えていきたいです。明日はゴールデンウィークで休み。丸一日休める日が今までなかった。それを休むか遊ぶかで結果が変わると思います。

GK中根良主将(4年)

―今日の試合を振り返って
勝ち点1を取ったというより勝ち点2を失ったと思います。悪くなかったが勝ち点1しか取れなかった。

―前半は良かったが
風上ということもあったと思う。2点3点取れてたら違う展開になったと思います。

―慶大について
攻めてくる良いチームだと思いました。

―次戦に向けて
相手は調子が良いと思うが勝てば波に乗れると思うので勝ちたいと思います。

MF川崎将也(2年)

―今日の試合を振り返って
勝てる試合だったが、自分の甘い所で点を与えてしまった。

―慶大について
あまり強くなかった。

―良かった点は
早い時間に点が取れて良かった。ボールが繋がり、よく走っていた。

―課題などは
自分のマークの選手に得点を決められてしまった。

―次戦に向けて
負けられないので絶対に勝ちたいです。

FW深町健太(1年)

―今日の試合を振り返って
前半勢いがあったんですけど、後半足が止まって相手に勢いがついて点も取られてしまいました。前半でもっと点を取れたらと思うし、後半に入っても追加点が取れなかったことは反省したいです。

―リーグ初得点でしたが
岡がいいところに上げてくれたので、当てるだけで入った感じです。やっと点が取れたのは嬉しいですけど、試合に勝てなかったのは悔しいです。

―慶大の印象は
もっと厳しい試合になると思ったんですけど、こっちが押していたし勝てる試合だったんでもったいないなかったと思います。

―今後に向けて課題は
相手のCBに当たりで負けていたので、体を強くして競り合いに負けないようにしたいです。

―次節、中大戦への意気込みを
点を取れるように頑張ります。

DF岡直樹(1年)

―今日の試合を振り返って
まずアシストできて良かったと思ってます。そこから追加点が入らなかったのが法政の課題かなと思います。

―初のスタメン出場でしたが
緊張とかは全然していなくて、いつも通りやってどんどんドリブルで仕掛けようと思っていました。

―今日は積極性が見られた試合でしたね
点を取る気持ちで試合に臨んでいたので。でも(自分自身で)点は決められなかったので悔しいですね。

―(アシストした)初の先制点について
今後勢いになれば良いと思います。

―慶応の印象について
慶応は結構間が空いていたので、サイドチェンジもそうなんですが、間、間で受けて自分が出るチャンスがあればいこうと思っていました。そんなに正直手強い相手とは思わなかったです。

―運動量が本当に素晴らしかったですね
今日は(前半に比べて)後半結構ばてちゃったので、後半ももっと上がれたら良いと思ったんですけど...まあ疲れちゃいましたね。

―次戦中大に向けて意気込みを
中大はたぶん慶応よりもっと強いので、今日みたいなサッカーをして、もっと頑張って、三点入れるくらいの気持ちで頑張りたいと思います。

 

フォトギャラリー

  • soccer-20100503-01
    • 先制点を決めた深町健(31番)を祝福する選手たち
  • soccer-20100503-02
    • 監督の期待に応えてみせた岡(33番)
  • soccer-20100503-03
    • 今シーズン初めて出場した高橋 先制点のきっかけとなるフリーキックを蹴った
  • soccer-20100503-04
    • 最後尾からチームを鼓舞し続けた中根
  • soccer-20100503-05
    • 中盤で精力的に動くも、失点時はマークを外してしまった
  • soccer-20100503-06
    • 大学初ゴールを決めた深町健 先制点後も貪欲に追加点を狙いに行った
    • soccer-20100503-07先制点をアシスト無尽蔵のスタミナでサイドを駆け回った
 
 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み