サッカー
 

駒大に快勝!!残留へ向け好発進!! 関東大学サッカーリーグ後期 vs駒大

関東大学サッカーリーグ戦 第12節
VS 駒沢大学
9月10日(金)
会場:厚木市荻野運動公園

秋の涼しさを感じる頃、後期リーグ戦が開幕した。法大は現在11位と降格圏内。その開幕戦の相手は前期2位、総理大臣杯王者の駒大だ。

天皇杯にも出場しており、五日にJ1のFC東京相手に敗退したがその実力は高い。強豪だが、前期は2-1で貴重な勝ち点を奪った相手でもある。

果たして法大は開幕戦勝利を飾れたのか。

試合結果

トータル試合結果

3
法政大学
1 前半 0 1
駒澤大学
2 後半 1

得点とアシスト

時間大学得点者アシスト
37分 法大  浅田大樹 深山翔平
45+1分 駒大 田中信也
48分 法大  真野亮二
61分 法大  真野亮二 深山翔平

警告

時間大学選手名
32分 法大 松永亮平
46分 駒大 棗 佑喜
55分 法大 上野恭平
67分 法大 川崎将也
79分 駒大 肝付将臣

メンバー

法政大学
監督:水沼貴史
駒澤大学
監督:秋田浩一
1 GK  中根 良(4) 1 GK  岡 大生
2 DF  上野恭平(4) 2 DF  酒井隆介
4 DF  片根健児(4) 4 DF  林堂 眞
24 DF  松永亮平(2) 6 DF  金 正也
19 DF  畑 共哉(2) 24 DF  田中雄一
6 MF  山岸純平(4) 5 MF  山崎紘吉
17 MF  川崎将也(2)→清水(90分) 14 MF  碓井鉄平→肝付(73分)
18 MF  真野亮二(2)→友澤(87分) 7 MF  金久保彩
7 MF  浅田大樹(3) 11 MF  湯澤洋介
9 FW  深町伸太郎(3)→深町健(82分) 9 FW  棗 佑喜→大塚(73分)
20 FW  深山翔平(3) 10 FW  田中信也→佐光(77分)
サブメンバー
31 GK  今井達也(2) 21 GK  井指隆範
15 DF  清水康一朗(3) 25 DF  三宅 徹
27 DF  岡 直樹(1) 26 DF  砂川太志
8 MF  金子直道(4) 13 MF  佐光 塁
25 MF  友澤剛気(2) 15 MF  奥村 情
28 MF  森保翔平(1) 17 FW  大塚涼太
29 FW  深町健太(1) 18 FW  肝付正臣

※(カッコ内)は、選手の学年、および交代した時間を表示しています。

 先制点も...

お互い流れを物に出来ず、攻め合うがローペースな序盤。しかし、16分には駒大酒井と金久保がゴール前で鋭いパスを回しを展開し、失点かと思われたが怪我から復帰した中根ががっちりセーブしピンチを凌いだ。駒大は金久保、棗、田中信を起点に攻め始め、だんだんとペースが傾く。だが中根はしっかり反応し、ディフェンスもクリアしていく。28分、山岸がシュート打って跳ね返ったところ川崎が逃さず打つも、これは惜しくもバー。法大も負けじと攻めていく。浅田や深町伸も積極的に走り、チャンスを作ろうとし、真野はサイドから駆け上がり展開。攻めるもなかなか得点に結びつかない中、37分、ついに法大が先制する。深山が粘りのボールキープし、良い形でループパスを受けた浅田がしっかり冷静に決めた。法大のペースのまま前半を終えるかと思いきや、ロスタイム1分、田中信がこぼれ球をゴール前の混戦の中決め、同点に追い付かれてしまう。

 勝ち点3の行方

後半は立ち上がりから激しい一進一退の攻防となる。だが3分には浅田の打ったミドルシュートがバーに当たるも、すかさず真野がそれを押し込み追加点。その後は真野にボールを集めて攻めていく。駒大は金久保、湯澤の連携で展開するも片根、上野らディフェンス陣が阻む。そして15分、川崎、畑がパスで良い形を作り、深山から低い浮き球をもらった真野がヘッドで押し込み、さらに追加点をあげることに成功。対する駒大は後半コーナーキック7本と猛攻となる。しかし交代した佐光などが積極的にシュート打つも外れ、駒大はチャンスを物に出来ない。終盤法大ディフェンス陣もさすがに疲労の色が見えパスが乱れてくるも、清水を投入し、ラインを固める。全員で必死に守り走りぬいた。最後は途中交代の深町健がシュートを放ち、これは入らないも試合終了のホイッスル。3-1と快勝した。

出場した全ての選手が粘りを見せ、気迫を感じさせた試合だった。強豪相手に幸先良いスタートを切った法大。今後、残留をかけ、どこまで勝ち点を重ねていけるか。(酒井 加奈)

監督・選手の試合後のコメント

水沼貴史監督

―試合を振り返ってまさか3-1で勝てるとは思わなかったので、びっくりと同時に嬉しいです。

―試合展開について 入りはよかったけど前半の終わりはよくない。ああいうところでどっちに転ぶかわからないから、後半立ち上がりすぐに追加点が決められたことはよかった。今日はピリピリしないで試合ができた。

―ハーフタイムの指示 すごくもったいない失点だし時間的にもそうなんだけど、まだ負けてないし、後半も前半と一緒でやることを徹底して必死でやろうと伝えました。

―メンバーについて スタメンは今日の朝決めました。怪我とかコンディションが悪くてメンバーに入れてない選手もいる。

―中根主将が復帰したが キャプテンだし正GKだし責任はあると思うけど、彼がチームに与える影響は大きい。

―夏合宿について 体力強化と戦術も少しやって、後はとにかく話をよくしました。さまざまなことを試みて、合宿後に石川遠征もやったりいろいろあった。チームとして成熟よりも試行錯誤して選手を見ました。

―後期のキーマンは? 全員です。うちは1人に頼るような選手はいない。

―真野選手が今日2ゴールですが 浅田もそうだけどやっぱり点を取るポジションの選手が得点するのは嬉しい。2トップも頑張っていたし、今日はみんな頑張っていた。後ろが頑張れば前が点を取るというのはチームとして大事だし、真野に関しては前期あまりチャンスがなかったからそういう意味でもよかったと思う。

―後期リーグ戦の目標 残留です!

―次節、明大戦に向けて 間が短いので相当疲労も溜まってると思うけど、気持ちを充実させて臨みたいです。

GK 中根 良主将(4年)

―今日の試合を振り返って
前期は成績良くなくて二部に落ちるかもしれない降格圏内だったので、なんとしても勝ち点3取ろうという気持ちでした。

―駒大とは相性が良いのでは
前期勝ってるんですが、去年は1-7で負けていて、相性は良いというわけではないですね。でも、相手も気持ちが強いので、いつも以上に気持ちで負けないようにしようとしました。

―失点シーンを振り返って
時間帯的にも少なくなっていたので、自分も出れたとは思うんですが、駒沢相手だとディフェンスラインが下がってしまうので、そういうところで上げられたら、(失点は)なかったかなと思います。

―先制は法大珍しいのでは
珍しいですね。皆勝ちたいと思ってたので。

―後半は駒大の猛攻にあいましたがよく守りました
今日はスタンドで見てる人、出れてない人も皆出てる人頑張ってるなって感じてくれただろうし、そういうことを出てる11人がやっていければチームも良くなるし、結果もついてくると思います。

―後期開幕ということで改めて目標を
今日一個勝ったんですけど、厳しい状況が続くのは違いないので、しっかり残留することを考えてます。まだ11分の1終わっただけなので、気を引き締めて浮かれないように次からも頑張っていきたいです。

―最後に次戦明大戦に向けて意気込みを
今日みたいに出ている11人が戦えれば結果はついてくると思うし、それよりもスタンドの皆が納得できるプレーをして、勝って、2連勝はまあないと思うので(笑)、全然。練習したいです。

MF 真野亮二(2年)

―今日の試合を振り返って
初戦ということもありとても大切な試合。勝てて良かった。

―試合前はどんなことを意識したり、指示があったのでしょうか
勝ち点を1点でも取る、そして失点をゼロに抑えようと。結果的に勝てて良かった。

―自身の得点シーンを振り返って
1点目:決めれてよかったです。2点目:パスを出して味方を信じて・・・いいボールが来ました。

―後期リーグ戦の目標は
個人としては毎試合出て点をとること。チームでは一部残留です。

―次戦へ向けて一言
今日みたいに戦って、勝てるように頑張ります。

―最後に夏合宿ではどんな練習が行われたのでしょうか
技術よりメンタル強化を中心にやりました。毎日2部練習をしたり、フィジカルを鍛えました。

 

フォトギャラリー

  • now printing
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み