サッカー
 

10位流経大に痛恨の逆転負け... 関東大学サッカーリーグ後期 vs流経大

関東大学サッカーリーグ戦 第18節
VS 流通経済大学
10月23日(土)
会場:笠松運動公園陸上競技場

前節、筑波大との試合がまさかの没収試合になってしまった法大。試合も3-4で敗れていたため、敗戦には変わりないが、松本のハットトリックが取り消しとなるなど、チームの士気への影響が懸念される。そんななか迎えた第18節。相手は順位が一つ上の流経大。つまり残留を争う直接対決である。法大はここで勝つことができれば勝ち点差を一気に縮められる。今季最大の大一番。絶対に負けられない戦いの幕が今上がった。

soccer-20101023-01
逆転ゴールを決められ悔しがる法大イレブン

試合結果

トータル試合結果

1
法政大学
1 前半 1 2
流通経済大学
0 後半 1

得点とアシスト

時間大学得点者アシスト
25分 法政大学 深山翔平 山岸純平
33分 流経大 武藤雄樹 増田智宏
84分 流経大 征矢智和

警告

時間大学選手名
45分 流経大 河本明人
63分 法大 深山翔平
76分 法大 畑 共哉
90+2分 法大 濱中祐輔

メンバー

法政大学
監督:水沼貴史
流通経済大学
監督:中野雄二
1 GK  中根 良(4) 1 GK  増田卓也
23 DF  平 智広(2) 25 DF  増田智宏→津波(90+3分)
19 DF  畑 共哉(2) 3 DF  山村和也
28 DF  森保翔平(1) 17 DF  小川晃平
3 DF  風岡俊亮(4)→清水(87分) 6 DF  比嘉祐介
6 MF  山岸純平(4) 8 MF  椎名伸志→柳(85分)
22 MF  米田賢生(2) 5 MF  中里崇宏
18 MF  真野亮二(2)→濱中(69分) 19 MF  中山雄登→柿崎(90+1分)
25 MF  友澤剛気(2)→深町健(78分) 15 MF  河本明人
20 FW  深山翔平(3) 13 FW  征矢智和
33 FW  松本大輝(1) 11 FW  武藤雄樹
サブメンバー
31 GK  今井達哉(2) 22 GK  白井裕人
35 DF  樋川愛輔(1) 12 DF  出原弘毅
15 DF  清水康一朗(3) 28 DF  高塚捺生
7 MF  浅田大樹(3) 32 DF  平田達朗
11 MF  濱中祐輔(2) 33 DW  津波明
32 FW  村野和真(1) 26 MF  柳 直人
29 FW  深町健太(1) 29 FW  柿崎弘樹

※(カッコ内)は、選手の学年、および交代した時間を表示しています。

逆転負け...

試合は序盤は法大ペース。この日、左サイドハーフに入った友沢が左サイドバックの風岡と息のあったプレーを見せ、再三流経ディフェンスをピンチに陥れる。そしてサイドを幾度と崩し、中盤の守備が薄くなった25分。山岸の中盤からのスルーパスに抜け出した深山が倒れこんみながら合わせ、待望の先制点を奪う。しかし、残留の望みが見えたすぐに、相手のコーナーキックから武藤に同点ゴールを決められてしまう。この1点により法大の勢いはなくなってしまい、その後はチャンスなく前半終了。後半になり、絶対に勝たなければいけない法大は、ゴール前で再三ゴールチャンスを得るも、肝心のシュートが枠にいかない。こうして再三チャンスを得ながら決められずにいると、逆に相手にゴールを奪われてしまうのが今季の法大の失点パターン。そして迎えた84分、不意に打たれた征矢のミドルシュートがゴール左に決まってしまいついに逆転を許してしまう。その後、負ければ残留の可能性が限りなく小さくなってしまう法大は必死に同点ゴールを狙いに行くが、相手のボールキープの前に時間だけが過ぎていく。そして無情にも試合終了ホイッスル。試合終了とともに選手たちはピッチに倒れこんだ。

崖っぷち

10位、流経大との残留をかけた大一番で破れてしまった法大。内容も今季の低迷ぶりを象徴するようなものであり、依然として、メンタル面に問題を抱えていることを窺わせるものであった。残り4試合で勝ち点差9。得失点差を含めると実質は9以上の差があり、残留は非常に厳しい状況となった。だが、「まだ可能性は0ではないので残り4試合しっかり戦いたい。」(水沼監督)と語るなど、チームとして最後の最後まで戦う姿勢を見せている。もうあとがないということで人一倍に気持ちを引き締め、崖っぷちまで追い込まれたチームの意地見せてもらいたい。(岡本京介)

監督・選手の試合後のコメント

水沼貴史監督

―前節の没収試合について

管理しているのは学生なんですが、それを信用している私の責任です。

―今日の試合を振り返って

チャンスも決定機もたくさんあり、先制点を取ったにもかかわらず、逆転負けをするのは厳しいですね。

―前半左サイドからの突破が多く見られましたが

組み合わせの問題ですね。風岡も積極的にやってくれたし、友澤も運動量がある。2人の呼吸があったのだと思います。逆に右サイドがよくなかった。

―清水選手の投入について

パワープレーということと、彼はなぜかディフェンダーなのに点をとるんですよね。ボールがきたときに思い切り打てる選手ということで入れました。

―10位流経大との試合ということで、試合前に監督からなにか選手たちに言いましたか

今日の試合は勝ち点9差か3差になるかの大勝負だったので、とにかく自分の持ってる力100%、120%の力を出してくれ、俺は死ぬ気で戦うからおまえたちも死ぬ気で戦ってくれと言いました。

―勝ち点9差で残り4試合ですが

とても厳しいです。だが、まだ可能性は0ではないので残り4試合しっかり戦いたい。

―次戦神大戦へ向け

上位チームなので胸を借りるつもりで戦います。

FW深町健太(1年)

―途中交代での監督の指示
シュートを積極的に狙うように指示を受けた。

―試合の感想
拮抗した試合で得点のチャンスをものにできなかったことが負けた要因だと思う

―相手流経大の印象
個々に上手い選手はいるが連携はあまりとれてなかったように思う。

―次節に向けて
何かが決まったわけではないのでやれるだけのことをやって勝ち点をとるだけで
す。

MF友澤剛気(2年)

―試合を振り返って
先制点を取ったのは良かったのですが、いつものように守りきれませんでした。

―どういった気持ちで試合臨んだか
相手は1つ順位が上で、必ず勝たなければいけないという思いと、相手は代表選手もいて、どのくらい自分の力が通用するか試したいと思いました。

―改善点
いつも最後に失点してしまうので、最後まで無失点に抑えることです。

―次戦に向けて
これからすべて大事な試合ですが、次は1番重要な試合なので、絶対に勝ちたいです。

FW松本大輝(1年)

―今日の試合を振り返って
流経大相手ということで難しい試合だった。勝てなくて残念。チャンスはあった。

―没収試合にはなったが前節のハットトリックについて
点をとれたことは良かったが、自分だけの力ではない。

―流経大相手に気を付けたことは
センターバックにいい選手がいるので、立ち上がりからどんどん行こうと。

―FWとしてどのように得点を狙いにいったのか
自分の持ち味のスピードを生かし裏に行くことを意識しました。

―今後残留争いに向けてどんなことが必要か
自分は1年なので下から盛り上げたり、上級生を助けることが必要だと。

―次の試合に向けて
次、負けたら終わり。勝てるように頑張ります。

 

フォトギャラリー

  • soccer-20101023-01逆転ゴールを決められ悔しがる法大イレブン
  • soccer-20101023-02懸命に動くもゴールには至らず
  • soccer-20101023-03前半は左サイドで鋭い動きを見せた
  • soccer-20101023-04決定機を決めきれず…

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み