サッカー
 

連敗脱出も、届かない勝ち点3... 関東大学サッカーリーグ後期 vs神大

関東大学サッカーリーグ戦 第19節
VS 神奈川大学
11月3日(水)
会場:平塚競技場

前節、10位流経大との下位直接対決で逆転負けを喫した法大。両者の勝ち点差は9に開き法大の1部残留は極めて厳しい状況になってしまった。迎えた今節の相手はインカレ出場へ向けてこちらも負けられない戦いが続く神大。しかし今日負ければ降格が決まってしまう法大にとっては、どんな相手であれ勝利が絶対条件である。残留へ向け望みをつなぐことはできたのか。

soccer-20101103-01
同点ゴールを決めた松本

試合結果

トータル試合結果

1
法政大学
0 前半 1 1
神奈川大学
1 後半 0

得点とアシスト

時間大学得点者アシスト
29分 神大 木原 将
87分 法大 松本大輝 深町健太

警告

時間大学選手名
13分 法大 今井達哉
71分 神大 赤松芳美

メンバー

法政大学
監督:水沼貴史
神奈川大学
監督:木村哲昌
31 GK  今井達哉(4) 21 GK  平田 涼
23 DF  平 智広(2) 13 DF  三原向平
19 DF  畑 共哉(2) 4 DF  佐藤貴則
28 DF  森保翔平(1) 15 DF  成田進太郎
3 DF  風岡俊亮(4)→深町健(82分) 14 DF  大和 葵
6 MF  山岸純平(4) 7 MF  鈴木将也
22 MF  米田賢生(2)→小檜(63分) 27 MF  赤松芳美
18 MF  真野亮二(2)→深町伸(68分) 6 MF  佐々木将
25 MF  友澤剛気(2) 8 MF  渋谷 獄→工藤(79分)
20 FW  深山翔平(3) 19 FW  木原 将→大戸(84分)
33 FW  松本大輝(1) 11 FW  村岡拓哉→栗冠(74分)
サブメンバー
12 GK  土田健太(4) 12 GK  高橋拓也
35 DF  樋川愛輔(1) 5 DF  中村陸真
7 MF  浅田大樹(3) 16 DF  鈴木達哉
8 MF  金子直道(4) 17 MF  工藤隼人
14 MF  小檜宏晃(3) 22 MF  栗冠光平
9 FW  深町伸太朗(3) 32 MF  谷岡慎也
29 FW  深町健太(1) 9 FW  大戸航平

※(カッコ内)は、選手の学年、および交代した時間を表示しています。

痛恨の失点

この日は主将のGK中根が欠場。代わって今井がリーグ戦初出場を果たしゴールを守った。前半、最初にチャンスをつかんだのは法大。6分CKのチャンスを得るとキッカーは真野。しかしこれはうまく合わずゴールには至らない。さらに10分、14にもチャンスが生まれるが、決定力に欠きあと一歩のところでボールを奪われてしまう。中盤に入ると互いにチャンスを作れないでいたが、試合が動いたのは29分。相手にボールを奪われるとそのパスを受けた神大・木原にドリブルで運ばれ最後は右足のシュート。これがゴールに突き刺さり、絶対に与えたくなかった先制点を許してしまう。前半のうちに追いつきたい法大はその後も何度か好機を作るが、シュートまでいかない場面が続く。しかし45分、松本が起点となりこの日最大のチャンス。だが放ったシュートは惜しくもポストに弾かれ前半終了。1点ビハインドで後半を迎える。

土壇場同点も...

後半に入ると前半ほどボールが回らなくなってしまった法大。得点の気配はせず、逆に神大にあわや追加点のチャンスという場面も増えてきてしまう。何としてでも追いつかなければならないところで63分に小檜、68分に深町伸をそれぞれ投入。しかし決定的なチャンスは生まれず、時間だけが過ぎていく。だが0-1のまま試合は進み敗色濃厚かと思われた終盤、法大は意地を見せる。84分深山が頭で合わせたシュートはキーパー正面となるも、迎えた87分、深町健のパスを受けた松本がゴール前の混戦から執念の同点弾。土壇場で追いつくことに成功する。さらに勝ち点3がほしい法大は、ロスタイムに入っても神大ゴールに迫り勝ち越し点を奪いにいく。しかしここは神大も粘り強い守りを見せ、追加点を許さなかった。この直後に長いホイッスルが鳴り響き1-1で試合終了。10位流経大が他会場で敗れたため、この日は残留へ首の皮一枚つながった。しかし残り3試合で流経大との勝ち点差は8。法大が残留するには3連勝するしかなくなった。もう勝つしかない。(須賀 めぐみ)

監督・選手の試合後のコメント

DF風岡俊亮(4年)

―試合を振り返って
前半チャンスが何回もあってそれを決められなくて、嫌な予感はしたんですけど相手に1本やられてしまった。相手が立て直してきてたんで前半のチャンスを生かせなかったのがダメでした。

―失点を振り返って
ボールの失い方がダメで前がかりになったところをカウンターでやられてしまった。

―終了間際に追いついた
自分は出てない時間だったんですけど、今まで追いつくことがあまりなかったらそういうとこは成長だと貴史さんも言っていた。けどもう1点を奪えなかったのが自分たちの力だと思う。

―最近4年生の試合出場が少ないが
今まで4年間一緒にやってきたから一緒にやりたいんですけど、けがで難しい人もいて。そのけがももう少しで治るから、帰ってきたときにしっかりやれる状況を作りたかったんですけど、流経に負けてしまって申し訳ないです。でもまだ少し(残留の)可能性はあるんで4年生一体となってやっていきたい。

―次節に向けて
出ることができたら、声を出して体張って後ろから盛り上げていきたいです。

GK今井達哉(2年)

―初出場の気持ち
失敗すると思ったので、慎重にプレーすることを心掛けました。

―試合を振り返って
前半は緊張してて覚えてないです。後半は点を返して、粘ることができて良かったです。
―失点シーンについて
DFに重なって、反応が遅れてしまいました。

―試合に出てない時のモチベーションは
いつでも気持ちを保つようにし、プレーを見て自分だったらどうするか、自分の立場に考えて見ています。

―次節にむけて
中2日しかないので、気持ちを切り替えて勝ちたいです。

FW松本大輝(1年)

―今日の試合を振り返って
勝たないといけない試合。勝ち点1は悔しい

―自身の得点シーンを振り返って
いいボールがきたので、トラップして決めるだけでした

―FWとしてどのように点を獲りにいったのか
積極的にシュートを打とうと

―チャンスで決めきれない理由は
まだ甘い。練習が足りない

―次の試合に向けて一言
全力で。勝ちます

MF山岸純平(4年)

―今日の試合を振り返って
前半の良い時間帯で点が取れなかったのでこういう展開になってしまったし、それが全てかなと思います。

―先制されて迎えた後半の開始前、うなだれてる様子でしたが
失点は0で行きたいというところで、攻めていただけにさらにショックが大きくて、ちょっと(気持ちが)切れちゃう部分がありました。後半は楽しもうということで気持ちを楽にして、それでも結果が出なかったので何とも言えないですけど、そういう姿勢は今まで楽しめていなかったし、こういう状況なので気持ちだけでも持ってやろうとしてます。

―今日は残留のためにも勝ちたい試合でしたが
監督が交代で攻撃のカードを切って、攻めろっていう...僕たちもそれはわかっていたんですがさらにメンバー的にも攻める姿勢になりました。(深町健太選手は)うまく削って前に入れていたのは明らかなので、そういう意味で追い付けたのは良かったですね。

―久々の勝ち点となりましたが流経大がこのあと勝つと降格が見えてしまいます
そうですね...でも仕方ないですね。

―次節早大戦と今後に向けて
とりあえずあと3試合は連勝して、僕は最後の年なので、気持ち良くはもう終われないですけど、最後くらいは四年だし、しっかりチームを引っ張っていきたいです。

 

フォトギャラリー

  • soccer-20101103-01同点ゴールを決めた松本
  • soccer-20101103-02DF 風岡俊亮(4年)
  • soccer-20101103-03GK 今井達哉(2年)
  • soccer-20101103-04FW 松本大輝(1年)
  • soccer-20101103-05MF 山岸純平(4年)

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み