サッカー
 

降格決定も落ち込まず。久々の4発快勝!! 関東大学サッカーリーグ後期 vs慶大

関東大学サッカーリーグ戦 第21節
VS 慶應義塾大学
11月13日(土)
会場:川口市青木町公園総合運動場陸上競技場

前節、早大戦で引き分けてしまい、わずかに残っていた残留への望みが消えてしまった。しかし、来年に繋げるためにも残された2試合に勝ち、最後に法大の意地をみせたい。今節は、前期に1-1と引き分け、互角の戦いを見せた慶大。今節は競り勝ち、勝ち点3を得られるのか。

慎重にいきたい試合序盤。慶大、藤田のパスが法大のDFに当たり、不運にもこぼれた球を風間に決められてしまう。簡単に負けられない法大は山岸を起点とし、右サイドを中心とする展開で反撃を試みる。前半20分には山岸が中盤でフリーになると松本へのスルーパスが決まり、キーパーとの1対1となり決定機をつくった。慶大もサイドからのクロスを中心に、多くのシュートを放つが、キーパー今井のファインセーブにより、なんとか前半を0-1で終えた。

soccer-20101113-01
真野(写真左)の先制点のシーン

試合結果

トータル試合結果

4
法政大学
0 前半 1 2
慶應義塾大学
4 後半 1

得点とアシスト

時間大学得点者アシスト
5分 慶大 風間荘志 岡 直樹
48分 法大 浅田大樹 平智広
61分 法大 真野亮二
72分 法大 深町健太 米田賢生
83分 法大 オウンゴール
90分 慶大 笠松亮太 河井陽介

警告

時間大学選手名
20分 法大 友澤剛気
29分 法大 森保翔平
44分 慶大 河井陽介
60分 慶大 日高慶太
68分 慶大 風間荘志

メンバー

法政大学
監督:水沼貴史
慶應義塾大学
監督:イ・ウヨン
31 GK  今井達哉(2) 1 GK  中川翔太
23 DF  平 智広(2) 6 DF  横川達郎
19 DF  畑 共哉(2) 5 DF  笠松亮太
28 DF  森保翔平(1)→上野(86分) 4 DF  三上佳貴
3 DF  風岡俊亮(4)→浅田(HT) 2 DF  田中奏一
6 MF  山岸純平(4) 16 MF  藤田息吹
22 MF  米田賢生(2) 14 MF  日高慶太→川久保(79分)
18 MF  真野亮二(2) 7 MF  深沢 良→山浦(67分)
25 MF  友澤剛気(2)→相原(HT) 8 MF  加美義人→森田(67分)
29 FW  深町健太(1) 11 FW  風間荘志
33 FW  松本大輝(1) 10 FW  河合陽介
サブメンバー
12 GK  土田健太(4) 21 GK  小島一輝
2 DF  上野恭平(4) 22 DF  甲斐公博
35 DF  樋川愛輔(1) 26 DF  赤木 努
7 MF  浅田大樹(3) 18 MF  大塚尚毅
8 MF  金子直道(4) 28 MF  山浦公裕
10 MF  相原 辰(4) 13 FW  森田達美
20 FW  深山翔平(3) 19 FW  川久保理

※(カッコ内)は、選手の学年、および交代した時間を表示しています。

大量得点

後半は、前半とは異なり法大がペースを握る。53分にコーナーキックから平がボールに触り、コースを変えたところで、浅田が同点に追いつく同点ゴールを決める。このままの勢いで、法大の攻撃陣が相手ゴールエリアに近づくことが増える。61分には、FWが作った前線のスペースに真野が走りこみ、そこに松本のスルーパスがきれいに決まり、真野がシュートを放つ。一度はポストに跳ね返されるが、もう一度ボールを奪い、追加点を決めた。さらに、72分に深町健が米田のクロスに滑り込みながらシュートを放ち、大きな追加点を奪い、83分には真野がドリブルで攻め上がり、ゴールエリアで出したパスが相手DFに 当たりオウンゴールとなり、4-1と慶大を大きく突き放した。法大の課題である試合終了間際にコーナーキックから得点を許してしまったが、後半はシュート 9本と慶大を圧倒して久しぶりの勝ち点3を手にした。次節が最終戦となり、4年生にとって最後の試合となる。この流れを維持し、最後を勝ちで締めくくりた い。(佐藤瑠維)

監督・選手の試合後のコメント

水沼貴史監督

―今日の試合を振り返って
勝ってびっくりしました。(久々の勝利ですが)ありがとうございます。
―前半再三ピンチの場面をむかえましたが
凌いだし運もあってよかったです。後半は立て直すこともできたのでとてもよかったと思います。でも最後一点取られたのは良くないし、前半の立ち上がり、後半の終わり、やっぱりまだそういう時間帯に点を取られるところは治ってないなと。

―後半へ向け立て直した点は
メンバー交代を含め、攻撃のやり方とか、守備の仕方を変えてそれを徹底させました。

―真野、深町健、両選手が久々に得点をあげましたが
健太が取れたのは大きかったですね。なかなか先発のチャンスが与えられなかったんですけど、頭から使って点を取れるっていう結果を出したのは良かったと思うし、真野も思いのほか戦っていたし。

―降格後のチームの様子は
受け止めるしかないし、4年生に言ったのは思い出作りで試合にはださないよと言いましたし、来季へと向け準備はしている。トレーニングにしても今週ずっと追い込んだ状態でトレーニングしてて、楽にしたのは昨日だけ。だからもう試合のためにコンディションを作るとか言うよりも、来年へ向け、個人を強くするためにやってます。

―次節、最終戦拓大戦に向けて
勝って連勝してみたいです。頑張ります。

MF 真野亮二(2年)

―試合を振り返って
降格が決まってメンタル的にも難しかったんですけど、やるからには勝ちたいと思ってたから勝ててよかったです。

―降格1週間、どのように練習してきたか
難しいところだったんですけど、最後の試合までみんなで1試合1試合無駄にしないようにとやってきました。

―試合序盤の失点について
2試合連続だしこういうのはよくない。降格したことを引きずったわけではないけど入り方がよくないし、これからも課題になってくることだと思います。

―ハーフタイムの指示
もっと前に攻撃的に、負けてんだから点を取るしかないということで、それで縦への意識が生まれて得点につながったと思います。

―自身の得点を振り返って
いいパスがきてトラップさえいければ後はシュートを打ってみようと思って、入ったからよかったです。

―今日の勝因
みんな前に前にという動きが出てて、それがゴールにつながったからだと思います。

―次節に向けて
最後の試合なんで来年につながる試合をして、降格は決まっちゃってるんですけど勝ち点3取りたいです。

MF 浅田大樹(3年)

―今日の試合を振り返って
いつも早い時間帯に失点して相手のペースだった。自分で流れを変えようと思った。

―自身の得点シーンを振り返って
中でフリーでボールが来たので、決めるだけでした。

―後半からの出場になったが監督からの指示は?また自分で意識したことは?
監督からの指示としては相手の右サイドの選手が速いのでそれに対応しつつ自分で勝負を仕掛ろと。意識したことは最近、試合に出れていないので結果を残そうと思いました。

―後半いい形が増えた要因
ハーフタイムに監督からサイドから攻めようという指示が出て、それが上手くいったと思います。

―次の試合に向けて
2部降格が決まってしまったけれど、2連勝できるように頑張ります。

FW 深町健太(1年)

―試合をふりかえって
前半はボールを回されてしまいました。後半はボールを奪う所を考えてプレーすることで良くなりました。

―降格決定からの気持ち
来年の為に気持ちを切り替えて、気持ちを保っています。

―久しぶりのゴールについて
久しぶりのフル出場で、点を取ることが出来て良かったです。

―試合の勢いのきっかけは
早い時間に点を取られてしまいましたが、同点に追いつくことができ、勢いに乗ることが出来ました。

―次節に向けて
最後の試合なので絶対に勝ち点3を取りたいです。

FW 松本大輝(1年)

―今日の試合を振り返って
久しぶりに勝てたのと、自分がリーグ戦に出始めて初めての勝利なので嬉しいです。

―前半のピンチを凌げたのは大きかったですか
最初一点入れられたが、そこから守りきったっていうのが後半に繋がったのだと思います。

―後半へ向け監督からの指示などは
ポジションがサイドに変わったということで、どんどんドリブルで攻めて相手のサイドバックに攻撃をさせず主導権を自分から取れと言われました。

―降格後のチームの様子は
少しはモチベーションも低くなったが、残り2試合2勝しようということで、みんなやろうと気持ちになりました。

―次節、最終戦拓大戦に向けて
拓大はうちより順位が下で負けられない相手なので、最後連勝して終わりたいです。

 

フォトギャラリー

  • soccer-20101113-01真野(写真左)の先制点のシーン
  • soccer-20101113-02MF 真野亮二(2年)
  • soccer-20101113-03MF 浅田大樹(3年)
  • soccer-20101113-04FW 深町健太(1年)
  • soccer-20101113-05FW 松本大輝(1年)
 
 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み