サッカー
 

前半のリードを守り切り強豪・慶大を撃破! 総理大臣杯予選VS慶大

第35回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント 関東代表決定戦 VS慶大
2011年5月26日(木)
会場:慶應義塾体育会ソッカー部グラウンド
 

 リーグ戦と並行して行われている総理大臣杯関東代表決定戦。1回戦の産能大戦を下し、順調に駒を進めた法大だが、一部に所属する強豪・慶大がそこへ立ちはだかる。オフェンスの要である河井が怪我で欠場中とベストメンバーではない慶大。決勝進出を懸け、熱い激戦が幕を開けた。

0526-1
逆転ゴールを挙げた真野を称えるメンバー

試合結果

トータル試合結果


法政大学
2 前半 1
慶應義塾大学
0 後半 0

得点とアシスト

時間大学得点者アシスト
26分 法大 松本大輝
41分 慶大 大塚尚毅
44分 法大 真野亮二

警告

時間大学選手名
32分 慶大 笠松亮太
68分 慶大 山浦 新
84分 慶大 笠松亮太
84分 慶大 笠松亮太

メンバー

法政大学
監督:大石和孝
慶應義塾大学
監督:須田芳正
12 GK 今井達也(3) 1 GK 中川翔太
3 DF 松永亮平(3) 14 DF 赤木 努
15 DF 平 智広(3) 8 DF 松下純土
5 DF 浅田大樹(4) 5 DF 笠松亮太
29 DF 星 雄次(1) 2 DF 田中奏一
17 MF 森保翔平(2) 16 MF 増田湧介
14 MF 米田賢生(3)→大野(73分) 6 MF 藤田息吹
11 MF 松本大輝(2) 13 MF 武藤嘉紀
7 MF 真野亮二(3)→木村(88分) 7 MF 日高慶太
6 FW 川崎将也(3) 19 MF 森田達見→山浦新(52分)
24 FW 濱中祐輔(3) 9 FW 大塚尚毅→風間(68分)
サブメンバー
12 GK 田村昇大(2) 12 GK 増川翔太
2 DF 木村高彰(2) 4 DF 松岡 淳
16 DF 岡 直樹(2) 17 DF 香川佑介
4 DF 畑 共哉(3) 22 DF 長尾賢太郎
18 MF 大野瑞樹(1) 23 MF 山浦 新
8 FW 鈴木孝司(4) 28 MF 山浦公裕
9 FW 深町健太(2) 11 FW 風間荘志

※(カッコ内)は、選手の学年、および交代した時間を表示しています。

スタメン変更

 スタメンを今までと大きく変えて臨んだこの試合。FWに総理大臣杯予選1回戦で得点を挙げた濱中、MFをつとめていた川崎を起用し、また、星や森保など下級生を投入するなど心機一転した。前半3分からパスをつなぎ、米田が蹴るもこれはキーパー正面。序盤から果敢な攻めの姿勢を見せた。10分を過ぎると、セカンドボールを取れず、慶大に攻め込まれる我慢の時間帯に。しかし、浅田を中心にDF陣の踏ん張りでクリアする。15分には慶大・武藤にシュートを打たれるもゴールをわずかに外れ、救われるシーンも。試合が動いたのは26分。平からのクロスを松本がシュート、一旦は飛び出した相手GKに防がれたが、立て直してこぼれ球を押し込み、先制点を挙げる。この1点をしっかり守りたいところだったが、あと少しで前半終了という41分。気のゆるみからか、サイドから攻め込まれ、中央につながれると、慶大・大塚に同点弾を決められてしまう。だが、そこで諦める法大ではなかった。FKのチャンスを得ると、浅田のクロスボールは惜しくも噛みあわなかったが、相手のクリアしたボールを冷静に真野がシュート。劇的な逆転弾を決めた。前半を守り切り2-1とリードで折り返す。

守りの後半

 開始早々、慶大の思い切りのいいシュートに冷や汗をかくが、GK今井が好セーブ。序盤は慶大の激しい攻めに合うも、法大はしっかりと守っていく。後半10分、抜けられて攻め込まれるも平がカット。一進一退の苦しい時間が続く。12分には慶大にCKを3本連続で与えてピンチを招いたが、今井のセーブが光った。法大はなかなか攻め上がれず、決定的な3点目を挙げることが出来ない。その後フリーで打たせるような場面もあったが、浅田や松永といったDFが必死でプレスをかけ、なんとか凌いでいく。40分を過ぎると守りの時間となりディフェンスを次々と投入し、慶大に積極的に攻め込まれるがクリア。最後は浅田が駆け上がり、オフェンスの姿勢を失わず、ロスタイムの時間を守り切った。
 前半のリードを守った試合だった。だが、一部・慶大に先制点を挙げたことと、同点にされたその後の大事な時間に、数少ないチャンスを決めた功績は大きい。また、スタメン、サブ共に若いメンバー中心に変えたことで、積極的な攻めの姿勢が終始見え、声を出し合いコミュニケーションがよく取れていた。時々、集中力が切れ、危うい場面もあったが、フォローし合い、チーム力で乗り切ったこの試合。大臣杯予選の次戦は、一部で現在苦戦している前年のリーグ王者・明大だ。昨年も予選の決勝戦で迎え、惜敗した相手である。今年こそ全国へ―。この勢いのまま、勝ち進んでほしい。(酒井 加奈)

選手の試合後のコメント

浅田大樹選手(4年)

―今日の試合を振り返って
ずっと負けていたので、勝てて良かったです。

―今季リーグ戦を含めて一番良い試合だったのでは
そうですね。チームの雰囲気も良かったし、前線の選手も頑張ってくれたので。後ろも1点取られたんですけど、またすぐ前が(点を)取ってくれて。チーム全体が良いので、このまま次も頑張りたいです。

―チームの雰囲気が変わったのは
結構メンバーを大きく変えたので、それで結構流れが変わったと思います。

―星選手や森保選手など下級生がスタメンに入りましたね
若い選手が頑張ってくれてます。

―後半、慶大の猛攻を守りきったことについては
自分自身含めて、後ろもゴールキーパーも結構踏ん張れましたし、前も追ってくれたので、守備も頑張れたと思います。

―一部に所属する慶大に勝てたことは大きいのでは
一部に勝てるというのは、自信にもつながるし、次につながる勝ちだと思います。

―総理大臣杯予選は決勝で明治と当たりますが
3年連続で決勝が明治なので(一昨年は勝利、昨年は敗北)、3度目ということでやっぱり勝って全国に行きたいですね。

―また、中2日でリーグ戦を迎えることになりますが
ハードですけど今はやっぱり下位にいて、ここから勝っていかないと昇格出来ないので、頑張りたいです。

松本大輝選手(2年)

―今日の試合を振り返って
やっぱり今日は、この頃リーグ戦とかも全然勝ててなくて、しかも一部の相手に勝ててよかったです。

―スタメンがガラッと変わっていましたが
誰が悪いとかじゃなくて今日はなんか試すみたいな感じでした。

―先制点について
先制点はいい感じで裏抜けれて、一回最初シュート外したんですけどその後しっかり決めれて良かったです。

―一部の慶大相手にいい試合だったと思いますが
やっぱり去年一部で慶應ともやってたんですけど、二部になってやっぱレベルも高かったですし、そこに勝てたっていうことはこれからのリーグ戦にいい影響になっていけたらいいと思います。

―中2日でリーグ戦ですが
今日勝てたっていうのは大きいので、これからリーグ戦では負けないようにこれから頑張っていきたいです。

―次戦は総理大臣杯がかかりますが
全国に行けるのは今年はこの大会だけなので、何がなんでも全国に行きたいです。

 

フォトギャラリー

  • 0526-1逆転ゴールを挙げた真野を称えるメンバー
  • 0526-2 R真野亮二
  • 0526-3先制点を挙げた松本
  • 0526-4固いディフェンスを見せた浅田
  • 0526-5FW起用された川崎
  • 0526-6積極的な攻めの姿勢を見せた濱中
  • 0526-7中盤を支えた森保
  • 0526-8初スタメンのルーキー星
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み