法政サッカー部-4年生トリプルインタビュー-最後の想い語る(サッカー部寮にて)

 4試合を残し逃した1部昇格、“一体感”で...

 4試合を残し逃した1部昇格、“一体感”で勝ち取った最終戦の勝利、そしてオレンジのユニフォームに袖を通し戦った4年間。駒大戦から数日経ったこの日、3人の卒業生が、落ち着いた表情で、時折笑いも交えながら、それぞれの思いを口にした。

20121130-1 R
左から主将米田選手、GK今井選手、MF内山選手。

 インタビュー

―スポホウ
今シーズン開幕当初、監督は“アクションサッカー”をチームの目指すスタイルとして掲げていらっしゃいましたが、期待と戸惑いのどちらのほうが強かったですか。

 ―『米田選手』
監督はこのチームを率いて2年目だったので、そういったサッカーもすんなり入れたかなと思います。とくに戸惑いはなかったです。

 ―スポホウ
今シーズン、4試合残して2部残留が決まり、最後は3連勝と劇的なシーズンでしたが、その裏に何かチームが変わるきっかけのようなものはありましたか?

 ―『内山選手』
全員で声出して、練習中からそうなんですが、やろうとする姿勢、“頑張る”っていう姿勢が最後出てきた結果、3連勝につながったのかなと。きっかけとして“サッカー”が変わったかというと、今まで通りだと思います。戦術的な部分は特に変わっていません。最終的なところは気持だったのかなと思います。

―スポホウ
大変恐縮ですが、彼女含め支えになる方はいましたか?
これは皆さんにお聞きします。

 ―『内山選手』
彼女はいないんですが(笑)、ずっと一緒にいる両親だったり、今他の大学でサッカーやっている弟だったり、家族の支えが一番だったかなと思います。

―『今井選手』
今年3年目になる彼女がいて、ほぼ毎日電話しているんですけど(笑)そういう人たちの支えが大きかったかなと思います。

―『米田選手』
彼女いないです(笑)支えはないです。(笑)チームメイトはもちろんですが。

 ―スポホウ
大石監督は対する思いをお聞かせください。監督からもらった何か印象的な言葉等があればそれもお願いします。

―『米田選手』
言葉というか、恩徳に厳しい方なので、そういったところもちゃんとやれる選手が、いい選手だと教わりました。

―スポホウ
それはチームには浸透していましたか。

―『米田選手』
恩徳というか、ひたむきさという意味ではオフに、サッカーに取り組めていない時もあったので、そこをしっかりやれていれば、もっといい結果が出せたのかなと思います。

 ―スポホウ
今シーズン含め4年間のベストゲームをお聞かせください。

―『今井選手』
最終節の駒大戦ですかね。やっぱりあんだけ攻められてて、0に抑えられたっていうのは、自分の自信にも繋がったし、そういう意味でも一番嬉しかった試合ですね。

―スポホウ
大学サッカーの4年間を通じて、一番成長したなと感じる部分をお聞かせください。

 ―『内山選手』
大人になれたのかなと思います。自分は主務という立場でサッカーだけじゃなくて日常生活の部分で、監督含め色々な大人と話す機会があったのですが、大学サッカーに進まなければこのような経験はできなかっと思います。いい経験をさせて頂いたなと感じています。

 ―スポホウ
来シーズンに向け、皆さんが個人的に期待する後輩を挙げて頂き、メッセージをお願いします。

―『米田選手』
そうですね。高校から一緒にプレーしてきたと意味では、木村とか上星には期待しています。

―『今井選手』
自分はやっぱり1つ下の田村ですね。あいつとは3年間良いときも悪いときも一緒に過ごしてきたので、最後は4年間の集大成として、自分が成し遂げられなかったJリーガーという夢を成し遂げてほしいです。

―『内山選手』
大野と岩渕ですね。僕は付属高校だったんですが、彼らも同じで来年は彼ら2人も就職活動をしながらのサッカーになると思うんですけれども、両方しっかりとやって、最終的に悔いのない結果が得られるよう、その2人には期待してます。

  

―スポホウ
来年以降も、法政大学サッカー部様とお付き合いを続けさせて頂く中で、少しでも取材活動を通じて、チームの活躍に貢献できればと思っています。そこで、スポホウにこうあってほしい、というご意見があれば是非お願いします。

―『内山選手』
2部だと、専用競技場でできなかったりしますが、来年も引き続き取材に足を運んでほしなと思います。それと、最後3節ぐらい、WEBに写真が無いのが少し残念でした。遠い会場などもありますし、色々大変だとは思いますが、できれば写真もあると、見ている人たちもよりわかりやすいと思うので、添えて頂ければなと思います。

取材後記

1つ1つのプレーで、チームを引っ張った米田主将。この日も口数は控えめだったが、言葉を選びながら話すたたずまいは、まさにその人だった。GKとして、冷静にインタビューに応じてくれた今井選手。同じポジションの後輩を語る、その目には熱い思いがこもっていた。そして、主務として、チームの生活を管理し、試合中には声を枯らし仲間を叱咤し続けた内山選手。人に、組織に、真剣に向かい合う人柄は、スポホウに対してもブレないものだった。
来季、法政イレブン唯一の取材班として、昇格の一助となる。その"想い"に応えていきたい。
(鶴田卓登)


取材協力:法政大学体育会サッカー部、米田賢生選手、内山勇輝選手、今井達也選手、梅田千穂マネージャー

インタビュアー:天田小太郎、池田勇介、鶴田卓登、深澤康平

フォトギャラリー

  • 20121130-1 R左から主将米田選手、GK今井選手、MF内山選手
  • 20121130-2 R四年間の思いを語るMF内山選手
  • 20121130-3 R彼女の支えが大きかったと笑顔で話すGK今井選手
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み