【サッカー】痛恨の4失点で黒星スタート・・・ 関東大学サッカーリーグ第1節 VS青山学院大

関東大学サッカーリーグ戦 第1節 VS青山学院大学
4月7日(日)青山学院大学緑ヶ丘グラウンド

法大サッカー部の、四季ぶりの1部復帰を目指すシーズンが始まる。関東大学サッカーリーグ2部は、12チームが2回戦総当たりで戦い、上位2チームが1部への切符を手にする。開幕戦の相手は青学大。敵地に乗り込んでの試合となった。(写真は後日アップいたします)

20130407-1 R
途中出場の上星選手

試合結果

トータル試合結果


法政大学
前半


 

青山学院大学

0 後半

得点とアシスト

時間大学得点者アシスト
10分 青学大 服部真矢
20分 法大 西室隆規
52分 青学大 角宮健介 恵龍太郎
84分 青学大 関谷祐 恵龍太郎
89分 青学大 伊藤光輝

警告

時間大学選手名
41分 青学大 服部真矢
71分 法大 西室隆規
87分 法大 松本大輝

メンバー

法政大学
監督:大石和孝
青山学院大学
監督:宮崎純一
1 GK 四宮裕貴 12 GK 山田修平
2 DF 宗近慧 3 DF 早田廉→大野(50分)
4 DF 樋川愛輔 4 DF 中村周平
8 DF

大野瑞樹

16 DF 京谷季樹
23 DF 三田尚希 20 DF 服部真矢
6 MF 星雄次 6 MF 高山俊郎
11 MF 清水道浩→上星(64分) 18 MF 関谷祐
14 MF 松本大輝 22 MF 恵龍太郎
28 MF 西室隆規 28 MF 伊藤光輝
9 FW 深町健太 33 MF 佐藤文哉→本城(74分)
18 FW 鈴木貴大 34 FW 角宮健介
サブメンバー
21 GK 田村昇大 40 GK 高橋博昭
22 DF 山口廉史 15 DF 水島雅之
27 DF 田代雅也 32 DF 大野成輝→早田(50分)
15 MF 高橋健哉 5 MF 新村賢祐
24 MF 白石智之 11 MF 石沢哲也
10 FW 上星脩大→清水(64分) 23 MF 本城信晴→佐藤(74分)
31 FW 安藤央 36 FW 平久将士

※(カッコ内)は、交代した時間を表示しています。

■西室が同点ゴール
前半は両チームともに攻守の切り替えが活発で、スピード感のある展開に。その中で先手を取ったのは青学大だった。9分、法大DFのロングボールの処理ミスを見逃さずにポスト直撃のシュートを打つと、その1分後。服部が左サイドからPA内に侵入、対角線のゴール上隅に強烈なミドルを叩き込んで先制点を奪った。一方の法大は20分、右CKを西室が相手の意表を突いて直接ゴールに送り込み、これが見事にネットを揺らして同点に。さらに40分、流れるような展開から三田のクロスに鈴木貴が合わせるが決められず、1-1でハーフタイムを迎えた。

■継続性に課題
先に失点したとはいえ、決して悪くない前半だった法大。しかし後半に状況が一変する。チームを支えていた個々の運動量が目に見えて落ち、相手に試合のペースを握られてしまったのだ。この後半立ち上がりを、「勝ちたい、という気持ちで相手に上回られてしまった」とMF松本は振り返る。52分、法大はCKのチャンスを生かせずに青学大にカウンターを許し、最後はDFの裏に簡単にスルーパスを通され失点。前半であれば、ボールを失った瞬間にすぐさま奪い返しに行っていたところだが、相手の速攻に対応できなかった。このままでは終われない法大は、交代出場の上星を中心に反撃するが、シュートが枠を捉えられず、逆に84分、89分と失点を重ねてしまった。試合は1-4で終了。初戦ゆえの硬さもあったのかもしれないが、守備が崩壊してしまった法大。連動性のあるプレスとパスワークを、いかに90分を通して貫くのか。継続性が課題だ。(深澤 康平)

■コメント

大石 和孝監督

-今日の試合を振り返って、敗因は何だと思いますか。
開幕戦という難しいゲームで、緊張感もあったと思うし、練習試合を通してもこれだけ中盤でミスが目立つこともなかったですね。あと、変に守りに入っていたかなと。これからリーグ戦を戦う上で大事なことは、自分たちで仕掛けてボールを奪うことだと思うので、そこをやっていきたいです。

-試合前のチームの出来はどうでしたか?
試合前は良かったです。今朝も7時にチーム全員で散歩して、全員で食事を取って、「全員で!」という形でやってきたんですが、その中で雰囲気はものすごく良かったですし、試合に入る前は行けるかなと思ったんですが、いざ試合のホイッスルが鳴ると、固くなってしまったなと。

-今日の結果は試合前にイメージしていたことと違うと思うんですが、一番違った点は何だと思いますか。
風が強かったので、足下、足下になってしまった。足下になったところを相手に奪われた形が多かったので、そこからカウンターなどでチャンスを作らせてしまったかと思います。

-今回の結果を受けて、次節メンバーを変える予定はありますか。
ディフェンスを少し触らなければいけないかなと思います。今までずっとこれでやってきたので、動くのがいいのか、我慢してやるのかを、そこをじっくり見極めていきたいと思います。 

西室 隆規選手(2年)
 

-今日の試合を振り返って

細かい部分のところで勝敗が分かれたと思います。内容に関しては自分たちが準備してきたものを出せた部分もあるのでそんな悪くなかったと思います。

-選手間でのコミュニケーションが増えた印象を受けましたが

去年あんまりチームが1つになれなかったので、今年は2月の始動の時からチームが1つになることを意識してやってきましたし、ミーティングの数を増やすなどチーム全体で取り組んでいます。

-今日の失点は前がかりなった後の失点が目立ちました

点は取りに行かなければなりませんし、難しいところだと思います。うちのチャンスを相手は体を張って守っていて、逆にうちはゴール前でボールに気持ちが少し伝わらなくて、そういう細かい部分がやはり大きかったと思います。

-これから自分がチームに対して果たしていく役割は何だと考えていますか

ボランチはチームの心臓だと思うので、攻守にわたってチームを動かせる車でいうハンドルのような動きをしていきたいです。

-今後への意気込みをお願いします

開幕戦勝って波に乗りたかったというのは正直あるんですけど、まだ一敗しただけなので、また皆で今週の火曜日から良い準備をして、来週良い試合ができたらと思います。

フォトギャラリー

  • 20130407-1 R途中出場の上星選手
  • 20130407-2 Rカウンターを仕掛ける星選手


 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み