【サッカー】2点差追いつかれるも、西室の鮮やかなFK弾で今季初勝利!関東大学サッカーリーグ第2節 VS東海大

関東大学サッカーリーグ戦 第2節 VS東海大学
4月14日(日) 法政大学城山グラウンド

前節の開幕戦をまさかの4失点で落としてしまった法大。今節は東海大を城山法大Gに迎え入れてのホーム開幕戦。1週間前の試合では負けはしたものの自分たちの形を出せた時間帯もあった。この試合では自分たちの形を出しつつもやはり勝ち点3という結果がほしいところである。

20130414-1 R
芸術的なFKを決めた西室

試合結果

トータル試合結果

4
法政大学
2 前半 0 2
東海大学
2 後半 2

得点とアシスト

時間大学得点者アシスト
30分 法政大 深町健太 三田尚希
34分 法政大 田代雅也 西室隆規
48分 東海大 湯川純平
51分 東海大 羽毛勇斗
77分 法政大 西室隆規
89分 法政大 鈴木貴大 岡直樹

警告

時間大学選手名
17分 東海大 太田代飛鳥
59分 法政大 松本大輝
73分 東海大 西村裕一郎
75分 東海大 太田代飛鳥

メンバー

法政大学
監督:大石和孝
東海大学
監督:内山秀一
21 GK 田村昇大(4) 29 GK 椎橋拓也
2 DF 宗近慧(3) 2 DF 太田代飛鳥
3 DF 岡直樹(4)→白石(90+1分) 7 DF 水橋法彦
6 DF 星雄次(3)→森保(81分) 17 DF 西村裕一郎
8 DF 大野瑞樹(4) 23 DF 木村竜也
23 MF 三田尚希(3) 4 MF 湯川純平
27 MF 田代雅也(2) 14 MF 塩田光→小林(81分)
9 MF 深町健太(4) 34 MF 羽毛勇斗
28 MF 西室隆規(2) 35 MF 溝口晃大→濱村(90+1分)
14 FW 松本大輝(4) 37 FW 北原大奨
18 FW 鈴木貴大(2)→上星(89分) 11 FW 峯勇斗
サブメンバー
1 GK 四宮祐貴(3) 41 GK 堀田大暉
4 DF 樋川愛輔(4) 24 DF 小林亮太→塩田(81分)
13 DF 木村高彰(4) 33 DF 梶原大
17 MF 森保翔平(4)→星(81分) 38 DF 大谷健吾
24 MF 白石智之(2)→岡(90+1分) 8 MF 水野栄介
10 FW 上星脩大(4)→鈴木(89分) 9 FW 大村亮平
11 FW 清水道浩(3) 28 FW 濱村亮太→溝口(90+1分)

※(カッコ内)は、選手の学年、および交代した時間を表示しています。


■上々の前半
いつものように序盤からチーム全体で連動し、高い位置からプレッシャーをかけてボールを奪い流れをつかむ法大。前半13分、左サイドで4本のダイレクトパスをつなぎボランチの星が抜け出し中に走り込んでいた岡に出したが合わない。18分にはまたも左サイドで、今度はサイドバックの三田がオーバーラップをかけて、中へクロス。流れたボールを松本が拾い、シュートを放つがこれを枠の外に外れてしまう。その後も左サイドを中心に怒濤の攻めを見せる法大。カウンターからピンチをむかえることがあるが、CBの宗近、田代を中心に体を張って防ぐ。そして迎えた29分、三田、岡などが絡みダイレクトパス6本で左サイドを突破。最後は三田が上げたクロスに深町が合わせ先制 。観客からも驚嘆の声がでるほど素晴らしい形でゴールを決めることができた。さらに34分FKのチャンスを得た法大はキッカーの西室がゴール前に絶妙なボール。中の田代が頭で合わせ2-0とし東海大を突き放す。

■西室鮮やかな決勝ゴール!!
前半の流れを維持し、後半も試合を進めていきたかったが、そう上手くはいかなかった。後半3分、カウンターから左サイドを突破され、最後は湯川にゴールを決められてしまう。さらにそのわずか3分後、コーナーキックから羽毛にヘディングシュートを決められ、前半の2点のリードをわずか6分間で無くしてしまった法大。ここから流れは一気に東海大へ傾き、セカンドボールをことごとく拾われる苦しい時間帯が続く。それでもチーム全員がハードワークし、これ以上失点を許さないとばかりに、粘り強いディフェンスを見せる。そして後半29分、深町が相手のビルドアップのパス回しをカットし、そのままドリブル、ペナルティアーク付近で太田代に倒された。審判が提示したのは、一発退場のレッドカード。悪い流れから一変、法大は数的有利な状況となった。そしてこのFKのチャンスを西室が直接決め、貴重な勝ち越しゴールを奪うことに成功した。ボールがネットを揺らした瞬間、西室は真っ先に応援団の元へ行き、喜びを分かちあった。さらに43分には、前がかかりになっていた相手の裏へ抜け出し、だめ押しのゴールで4-2。試合はそのまま終了し今季初勝利を飾った。 (天田 小太郎)

■コメント

大石 和孝監督
―今日の試合を振り返って。
先週の初戦負けてしまったので、今日は絶対に勝たなければいけない試合でした。前半2-0でリードしてて、頑張って行こうよと言ってる矢先に2失点してしまったなと。でもその後、ガタガタといかずに踏ん張れて、4-2で勝てたことは大きな収穫だと思います。

―西室選手が直接FKを決めましたが、あのゴールが流れを変えましたか。
そうですね。FKで点を取ってくれたことが、チームメイトの気持ちを楽にしてくれましたね。2-0って一番危ないゲーム展開なんだけど、そこから追い付かれた悪い流れを変えてくれました。

―前節の敗戦を受けて、この一週間は何を重視して、練習してきましたか。
前節はピッチで普段やれることがやれなかったので、当たり前のことを当たり前にやるということを意識付けてやってきました。

―次の試合にむけて。
次も勝つしかないんで、勝つために何をするかということを選手によく考えさせて、やっていきたいと思います。


西室 隆規選手(2年)
―今日の試合を振り返って。
前半は結構良い立ち上がりで入れて得点も2点取れて、2-0でやれて良いゲームだったと思うし、ボールも保持できたし内容も良かったんですけど。後半は初戦もそうだったんですけど、後半の立ち上がりが課題だったと思うんでそこの修正がまだできていなかった。そういう所をもっと突きつめてやらないと、もっと厳しいゲームになった時に勝てないかなと思います。

―後半FKで直接得点を決めていましたが、最初から狙っていましたか。
練習の時から近場のFKは結構任せてもらっていたので、自分が蹴ろうというかそういう雰囲気でした。

―後半、東海大に連続で得点を決められてから流れを変えるためになにか意識していましたか。
開幕戦の時は点を取られた後沈んじゃって、みんなで鼓舞する声だったりやろうとする気持ちがぶれてしまって立て続けに点取られて負けっちゃったというのがあったんで。でも今回は2点取られてもまだまだっていうみんなの勝とうという気持ちがセットプレーとかサイドの作りとかに繋がったんだと思います。

―今日のチームの雰囲気は良かったということですか。
雰囲気自体は悪くなかったですし、やっぱり勝てたことで次に繋がったと思います。波に乗れるかなというのはあるんですけどまだまだ練習の中でやらなきゃいけないことだったり、試合の運び方だったり試合の気持ちの入れ方だったりもっと練習から継続してやっていかないといけないと思います。

―次の試合に向けての意気込みを。
目標は去年からずっと1部昇格なので、そのために来週の試合のために良い準備をして、また勝ちにこだわっていけたら良いなと思います。


田村 昇大選手(4年)
―今日の試合振り返って一言。
今日は前に助けられたという感じです。

―前節の大敗からの勝利でした。
前節はケガで出れなくて、外から観てて非常に悔しい思いをしたので、今節は必ず勝ちたいと思っていました。

―右ひざのテーピングがそのケガですか。
そうです。練習中に接触して、骨を少し。

―得点後の切り替えが印象に残りましたが。
いつも失点してから雰囲気が悪くなってしまっていたので。でも、今日のゲームはうちの展開だったので、しっかりと切り替えれば3点目4点目と取ってくれるだろうと信じてました。なので、後ろは締めるだけでした。

―相手の峯選手について。
前節のスカウティングから、ボールが収まるのが特徴だっので、DFの田代と宗近にはボールが入った時にはしっかり当たりに行こうと話していました。自分は裏のスペースのケアを徹底してました。

―CKは脅威でしたか。
自分も出れないところに蹴ってきて、これは危ないかなと思ったら、やはりやられちゃいましたね。

―意気込みを。
昨年から連勝というのをなかなかできていないので、次も絶対勝って連勝できるように気持ちを入れてやっていきます。そして、年間通していい雰囲気でやっていきたいなと思っています。


星 雄次選手(3年)
―今日の試合を振り返って。
立ち上がりから前の試合よりも全然良かったんですけど、後半立て続けに2点取られたのは反省しなければいけないところだと思います。

―中盤の位置から前へ左サイドなど前へ飛び出すシーンが印象的でしたが。
自分が隆起(2年MF西室)よりも前で受けるというのを意識した結果だと思います。やり方なども事前にチェックはしてました。

―こういった競ったゲームを勝っていくということはチームにとって大きな自信になると思います。
やはりこういった競ったゲームを勝っていけば自信はついてくるので、これからも勝っていきたいです。

―ダイレクトパスを連続でつなぎチャンスをつくる場面が何度も見られましたが練習から意識していたことでしたか。
そうですね、あれがチームとして一番やりたい形なので今日はけっこう出せたのではないかと思います。

―最後に今後への意気込みをお願いします。
初戦は負けてしまったんですけど、ここからは全て勝つつもりで試合に臨んでいきたいと思います。

深町 健太選手(4年)
ー今季初勝利でした。
勝てて本当に良かったです。

ー先制点の場面を振り返ってください。
ほかのみんなが繋いでくれて、自分は決めるだけでした。きっちり決められてよかったです。

ー後半立ち上がりの失点は、前節に続いて課題ですね。
もっと前からプレスに行って、相手に余裕を持って蹴らせないということをもっと続けていきたいと思います。

ーポストプレーや守備での貢献も目立ちました。
特に意識はしていませんでしたが、とにかくピッチを走り回ろうと思ってました。

ー次の試合に向けて。
連勝していくことが大事だと思うので、勝ちたいと思います。

フォトギャラリー

  • 20130414-1 R芸術的なFKを決めた西室
  • 20130414-2 R2点目を決め、守備でも貢献した田代
  • 20130414-3 R西室の左足が勝利を呼び込んだ
  • 20130414-4 R攻守に躍動した星
  • 20130414-5 Rダメ押しの4点目に喜び爆発
  • 20130414-6 R先制ゴールの深町が吠える!
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み