サッカー
 

【サッカー】松田が2ゴール1アシスト!快勝で降格圏脱出 関東大学サッカーリーグ第12節VS関学大

9月15日(日) 東海大学湘南校舎サッカー場
関東大学サッカーリーグ第12節 vs関東学院大学

9月15日に行われた関東大学サッカーリーグ第12節・法大vs関学大の一戦。法大が久々の複数得点を記録し、前期は敗れた相手に3-1で快勝した。

20130915-1 R
2得点と大活躍の松田

試合結果

トータル試合結果


法政大学
2 前半 0
関東学院大学
1 後半 1

得点とアシスト

時間大学得点者アシスト
18分 法大 深町健太 松田有平
39分 法大 松田有平 星雄次
62分 関学大 萱沼優聖
90+2分 法大 松田有平 村野和真

警告

時間大学選手名
71分 法大 森保翔平

メンバー

法政大学
監督:大石和孝
関東学院大学
監督:石村 大
1 GK 四宮祐貴 1 GK 守山健二
17 DF 森保翔平 3 DF 土館賢人
2 DF 宗近慧 4 DF 久保海都→原島(75分)
27 DF 田代雅也 5 DF 山口聖矢
30 DF 永戸勝也 6 DF 木村魁人
8 MF 大野瑞樹 7 MF 太田一輝
6 MF 星雄次 8 MF 山本真也
24 MF 白石智之→木村(90分) 9 MF 富樫敬真
16 MF 松田有平 14 MF 佐藤和俊
9 FW 深町健太→村野(72分) 10 FW 橋村圭太→普光院(59分)
15 FW 高橋健哉→鈴木(69分) 11 FW 萱沼優聖→中村(90分)
サブメンバー
21 GK 田村昇大 21 GK 井田裕也
3 DF 岡直樹 27 DF 原島玄太→久保(75分)
4 DF 樋川愛輔 13 MF 吉田和生
13 DF 木村高彰→白石(90分) 22 MF 西脇崇司
7 MF 村野和真→深町(72分) 23 MF 長谷川柴貴
10 MF 上星脩大 24 MF 普光院誠→橋村(59分)
18 FW 鈴木貴大→高橋(69分) 18 FW 中村瞬→萱沼(90分)

※(カッコ内)は、交代した時間を表示しています。

■ビューティフルゴール
序盤は関学大が押し込む。CKのこぼれ球からクロスバー直撃のミドルを打たれるなど、法大としては肝を冷やす場面が続く。ここをなんとかしのいだ法大は、FW高橋健哉(3年)が立て続けに際どいシュートに持ち込むなど、徐々に攻勢に転じる。
そして迎えた19分、左サイドを丁寧に崩すと、MF星雄次(3年)のパスを受けたMF松田有平(3年)が浮き球のクロス。これに中央で相手DFに競り勝ったFW深町健太(4年)が頭で合わせ、法大が2試合ぶりの先制点を奪う。こうなると止まらない法大は38分、再び左から関学大のゴールを襲う。星のサイドチェンジを受けた松田が豪快な左足シュートを放つと、これがきれいにゴール右上に吸い込まれ、2点リードで前半を終える。
■冷静な試合運び
後半に入るとやや運動量が落ちたこともあり、62分にゴール前の混戦から1点を返されるが、この日の法大は失点に動揺しなかった。「前半の入りのように、もう一度前から行こうと確認した」とDF田代雅也(2年)が話したように、全員がチームのために走る意識、ボールを奪う意識を取り戻して守備の崩壊を防いだ。大石監督も疲労が溜まった前線の選手を入れ替え、その姿勢を強調した。
そして試合終了間際、しっかり走り、守った法大にご褒美のようなチャンス。カウンターで途中出場のFW村野和真(4年)が抜け出し、相手GKの鼻先で左にパス、そこに走りこんでいた松田が無人のゴールにこの日の自身2点目を流し込み、勝利を決定づけた。3-1とした法大が素晴らしい内容で連敗を阻止、さらに他会場の結果によって降格圏を抜け出した。(深澤 康平)

コメント

大石 和孝監督

ー今日の試合を振り返って。
先週負けたこともあって、今日は絶対勝ちたいゲームだったので、勝ててよかったです。最初は押されていたけど、そのあとは落ち着いてボールを動かせて、クロスから1点取って、そのあとにも追加点が取れました。点が取れるときに取っておかないと、楽なゲームが難しいものになってくるかなと。現状では90分のうち89分はいいゲームをするけど、1分抜けちゃうところがある。それをなくしていかなきゃいけないと思います。今日のゲームは、前期だったら追いつかれていたかなって感じなんですけど、守備に関しては粘りが出てきたかなと思うし、自分たちが仕掛けてボールを奪うという積極的な守りができてきたかなと思う。連勝していくためにはそういったことが必要になってくると思うので、これをいかに継続していくかだと思います。
ー今日はどういう戦いをしようと思いましたか。
相手がしっかりブロックを作って引いて守ってくるので、サイドチェンジをするなどして、速く攻めるというのを意識しました。あとは攻守の切り替えを早くする、奪ったボールをフリーの選手にスピーディに回すということを意識してやりました。
ー今日2得点の松田選手について。
もっと得点力のある選手なのに、今まで結果を出せていなかったので今日のゴールを見てほっとしています。ゴールの後、チームにリズムが出てきたし、これからも期待したいです。
ー守備面で田代選手の存在が大きいように見えました。
そうですね。彼は体張ってプレーできるし考え方もシンプルなので、チームにとっては重要な存在ですね。
ー前節の敗戦が悔やまれますが。
そうですね。駒沢戦は勝てたゲームだと思ったんですがね。ああいうゲームを失っちゃだめだよね。そこがまだ弱いところだと思うので、残りは全部勝って、何が何でも勝ち点33稼ぎたいと思います。

DF田代 雅也(2年)

ーまずは今日の試合を振り返ってください。
前半のうちに2点取れたことがよかった。リードしている中で、後半の入りがよくなくて1点食らって、そこで悪い流れが出てしまいましたが、交代選手が活躍して追加点を取ることができたので、チームとして強くなっているのかなと思いました。
ー立ち上がりから狙い通りの戦いはできましたか。
なるべく前からギアを上げていこうと話をしていたので、サイドからクロスを上げるいい形だったり、前でボールを取ることもできていて、よかったと思います。
ー法政は前半から飛ばすサッカーですし、やはりそこで先制点を取れるかどうかが重要ですよね。
そうですね。前半で点が取れれば行けると思うので。逆に前節は0点に抑えられてしまったことで、ああいう結果(後半の失点で敗戦)になってしまったのかなと思います。
ー1点を返された後、修正したことは。
やっぱり点を食らうと下を向いてしまって、消極的なプレーになってしまう。もう一度ゼロから、フラットにして、前半の入りのように前線からプレスに行こうというのを確認しました。
ー少し前の話になってしまいますが、総理大臣杯・鹿屋体育大戦(2-3)の経験が生きている部分はありますか。
最初に2点を取られて苦しい状況になって、その2点がなければ後半の2点で勝てた試合だったので、各試合の入り方というのは気にしています。
ー後半戦で、田代選手が個人的に目標としていることは。
 コンスタントに試合に出て、チームが下位にいるので、チームが負けないようにしっかりと勝ち点を積み上げて、貢献していきたいです。
ー順位としては苦しいですが、チームの雰囲気は。
開き直っている部分もあるので、それをいい方に持っていきたいと思います。
ー最後に、次の試合の意気込みをお願いします。
なかなか連勝がないので、連勝できるようにまた1週間準備をしたいと思います。

 

フォトギャラリー

  • 20130915-1 R2得点と大活躍の松田
  • 20130915-2 R試合後の選手たち
  • 20130915-3 R先制点を決めた深町
  • 20130915-4 R守備を支えた森保(左)と宗近(右)
  • 20130915-5 R献身的に動いた永戸
  • 20130915-6 R田代の守備が光った
  • 20130915-7 R精力的に動き回った星
  • 20130915-8 Rゴールを喜ぶ選手たち
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み