サッカー
 
 

【サッカー】関東大学サッカーリーグ 第15節 vs東学大 2試合連続のロスタイム弾で敗戦逃れる

JR東日本カップ2013 関東大学サッカーリーグ戦2部
第15節 対東京学芸大学
2013年10月5日(土)
法政大学城山サッカー場

10月5日、雨の中行われた第15節は第12節で勝利した東学大との一戦。土壇場で同点弾を決めるも引き分けという悔しい結果となった。

20131005-1 R
星のゴールで引き分けに持ち込む

試合結果

トータル試合結果

1
東京学芸大学
0 前半 0 1
法政大学
1 後半 1

得点とアシスト

時間大学得点者アシスト
58分 東京学芸大学 五十嵐 亘 脇本 晃成
90 +1分 法政大学 星 雄次 白石 智之

警告

時間大学選手名
43分 法政大 星 雄次
56分 法政大 森保 翔平
66分 東学大 菅 佑也
74分 東学大 五十嵐 亘

メンバー

東京学芸大学
監督:西園聡史
法政大学
監督:大石和孝
12 GK 須賀 健太 1 GK 四宮 祐貴 (3)
3 DF 成田 一輝 2 DF 宗近 慧 (3)
4 DF 脇本 晃成 17 DF 森保 翔平 (4)
5 DF 廣木 雄磨 27 DF 田代 雅也 (2)
25 DF 冨澤 右京 30 DF 永戸 勝也 (1)
8 MF 佐々木 陽次 5 MF 岩渕 貴哉 (3)
10 MF 茶島 雄介 6 MF 星 雄次 (3)
15 MF 菅 佑也 → キム 16 MF 松田 有平 (3)
18 MF 五十嵐 亘 24 MF 白石 智之 (2)
11 FW 遠藤 真 14 FW 松本 大輝 (4)
13 FW 中村 風太 15 FW 高橋 健哉 (3)
サブメンバー
22 GK 岡島 秀 21 GK 田村 昇大 (4)
6 DF 久司 勇二 3 DF 岡 直樹 (4)
24 DF 吉田 一彦 13 DF 木村 高彰 (4)
14 MF 佐藤 聖 7 MF 村野 和真 (4)
23 MF 平田 惇 11 MF 清水 道浩 (3)
9 FW 岡 卓磨 9 FW 深町 健太 (4)
30 FW 山田 悠策 18 FW 鈴木 貴大 (2)

※(カッコ内)は、選手の学年、および交代した時間を表示しています。

戦評

 ■決定力に欠けた前半
 序盤から積極的に攻めの姿勢を見せた法大だが、思うようにパスがつながらない。すると、パス回しで東学大のペースに持ち込まれ、シュートを放たれるもMF岩渕貴哉(4年)やDF宗近慧(3年)が防ぐ。その後、法大はパスワークでゴール前まで攻め、MF星雄次(3年)がシュートを放つもわずかにゴール右に逸れてしまう。また、FW松本大輝(4年)が持ち前のスピードで相手をかわしゴール前まで持っていくもDFに阻まれてしまうなど得点には繋がらず。そしてこぼれ球を東学大に奪われ攻められる繰り返しが続く中、終了間際の43分に星がイエローカードを出され東学大にFKを与えてしまう。シュートを放たれるがGK四宮祐貴(3年)が防ぎ、ピンチを逃れた。そして0-0の両校無得点で前半戦を終える。

■土壇場のゴール
 後半がスタートすると次第に雨は強くなる。FW高橋健哉(3年)がドリブルで攻めるも強固なDFに阻まれゴールまで持っていけない。その後も松本を中心に果敢にゴールを攻めるも56分にDF森保翔平(4年)がイエローカードを出されるなど試合の中断が多く、流れを作ることができなかった。そして58分、CKでニアに合わせられて先制点を許し、0-1。FKでチャンスを多く作ったものの生かせず。しかし、ここで負けられない法大は必死でゴールを狙う。MF白石智之(2年)が足技で相手をかわしゴール前まで持っていくも合わせられずそのままロスタイムへ。最後まで攻撃し続けた法大は91分、白石のアシストで星が同点弾を叩き込み1-1の引き分けで試合は終了した。

 敗戦は免れたものの、勝たなければいけない試合であった。次節は現在第4位の東農大。もう引き分けすら許されない。しかし、リーグ後半戦に入り確実に得点を稼いでいる。このまま調子を上げ、全勝を狙って欲しい。(田中 美憂)

コメント

大石監督

―2試合連続のロスタイムの得点で、引き分けに持ち込みましたが
勝ちたかったです。最初セットプレーでやられた、セットプレーが勝敗を分けると言ってもいいので、先に1点を取られたのが残念でしたね。うちもセットプレーがあったので、それでお返ししないとね。後半戦は流れの中から点が取れているので、今日は勝ちゲームにしないといけなかったのですが、引き分けという結果は残念ですね。

―今日の試合特に良かった点は
最後まで諦めなくなってきたというのは良い点だと思いますね。前半戦だったら負けていたかなと。そういうゲームを失わなくなってきたことは良いことですね。ただ勝たないと上位との差は縮まらないなと。勝つゲームにするためには、一人一人が強い気持ちを持ってやっていかないといけないですね。

―雨の影響はありましたか
いや、特に無いと思います。お互い同じ条件ですし、パスサッカーのチームなんで、影響は無かったです。

―今日の試合でゴールを決めた星選手について
最近シュートを撃てるようになってきて、そこが進歩してきたかなと思います。前だったら撃てなかったところが、今では撃てるようになってきてる。今日の試合ではシュートを大きく上に外す場面もあったけれど、最後は決めてくれたし、精度も上がってきているのもプラス材料ですね。

―次の試合に向けてお願いします
次は3位の東農大相手なので、上位に行くためには絶対に負けられないですね。

 星選手(3年)

ー今日の試合を振り替えっていかがですか
勝ちたかったんですけどセットプレーで入れられて、追いついたことは良かったんですけど残念です。

ー前節引き分けで終わってしまい、今日はどのような気持ちで挑みましたか
いつも通り立ち上がりとかは一緒で、こっちの流れでできた場面もあったんですけどその中で失点してしまったのがちょっと残念です。

ー良くなかった点はどこですか
セットプレーはチームとして意識してやってきた所だったんでちょっとしたミスで、周りが反応できなかったっていうのが。そこは来週までに修正してやります。

ー強い雨の中での試合でしたがやりにくさはありましたか
特に。逆にボールが滑って転がるんでパスは繋ぎやすいかなっていう。

ーご自身の反省をお願いします
もっともっとボールを持ってリズムを作って尚且つ、前線で点に関われたら良いなと思います。

ー試合終了間際で得点を決めましたが
あれは実際ラッキーで、その前に1本外してたんでチャラかなと。

ー自分が決める気でいきましたか
はい、そうですね。

ー次節の試合に向けて意気込みをお願いします
毎週言ってるんですけど、もう引き分けすら許されないんで全部勝つつもりでやりたいと思います。

四宮選手(3年)

ー今日の試合を振り返って
前回引き分けて4失点している中で今日は昇格のために勝たなければならなかったですけど、前半の立ち上がりが思った以上に良くなくて、前に行こうって言う気持ちはあったんですけど、チームとしてうまくまとまらなかったです。

ー今日はあまりボールが収まらない場面が目立ちました
地面がスリッピーであったこともありましたし、自分たちの技術が足らなかったという部分もあったと思います。

ー前半何度と迎えたピンチを耐えたというのはチームとして1つ良かった点なのではないでしょうか
監督もハーフタイムに前半凌いだことは大きいから後半に生かそうという話しはしていたんですけど、結局後半は1失点してしまってそこが耐えられれば勝ち点をもっとこれから得られると思います。

ー最後に次節への意気込みをお願いします
次節は絶対に勝ちたいと思います。 

フォトギャラリー

  • 20131005-1 R星のゴールで引き分けに持ち込む
  • 20131005-2 R果敢にシュートを放った星
  • 20131005-3 R良い動きを見せた高橋
  • 20131005-4 R相手選手と競り合う田代
  • 20131005-5 R宗近は守備でチームを引っ張った
  • 20131005-6 R中盤で先発した岩渕
  • 20131005-7 Rこの日は精彩を欠いた松本
  • 20131005-8 Rチームを牽引した森保
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み