サッカー
 

2ゴールの鮮烈デビューで勝ち点1。背番号"36"が大車輪の活躍!関東大学サッカーリーグ前期第1節 対拓大戦

関東大学サッカーリーグ戦1節 対拓殖大
2012年4月8日(日)
会場:東海大学グラウンド
※背番号”37”→背番号”36”の誤りでした。大変申し訳ございませんでした。

今年で2年目の2部リーグ開幕戦。目指す”アクション・サッカー”がどこまで仕上がっているのか。結果と内容を両立し、1部昇格へ最高のスタートをきりたい。

20120406-1
試合後のあいさつに駆けつけるイレブン

試合結果

トータル試合結果

2
法政大学
1 前半 2 2
拓殖大学
1 後半 0

得点とアシスト

時間大学得点者アシスト
35分 拓大 柴田 隆太朗
38分 拓大 西岡 梧郎
45+2分 法大 鈴木 貴大 平 智広
80分 法大 鈴木 貴大 米田 賢生

警告

時間大学選手名
76分 拓大 久保木 優哉
81分 拓大 西本 龍平

メンバー

法政大学
監督:大石和孝
拓殖大学
監督:玉井 朗
1 GK 今井 達也 12 GK 大坪 倫之
24 DF 星 雄次 2 DF 西本 龍平
5 DF 平 智広 4 DF 安良田 恭平
25 DF 宗近 彗 34 DF 菊野 太紀
13 DF 木村 高彰 17 DF 大槻 拓矢
14 MF 米田 賢生 22 MF 柴田 隆太朗
37 MF 西室 隆規 7 MF 久保木 優哉→久保田(77分)
27 MF 深町 健太→濱中(87分) 9 MF 樋口 勝弥→木野(85分)
7 MF 真野 亮二 19 MF 長沢 康平
20 FW 松本 大輝 25 FW 永島 友貴
36 FW 鈴木 貴大 30 FW 西岡 梧郎→新井(67分)
サブメンバー
21 GK 田村 晃大 21 GK 小林 将也
38 DF 田代 雅也 3 MF 村島 雄三
22 DF 岡 直樹 26 MF 久保田 嶺→久保木(77分)
6 MF 川崎 雅也 8 MF 菅能 将也
17 MF 森保 翔平 27 MF 木野 大輔→(85分)
29 MF 清水 道浩 6 DF 大橋 康史
10 FW 濱中 祐輔→深町(87分) 36 FW 新井 一平→西岡(67分)

※(カッコ内)は、選手の学年、および交代した時間を表示しています。

選評

開幕戦から、FW鈴木、MF西室の2人の1年生が先発に名前を連ねた。

前半35分、立て続けにチャンスを作られ、相手のドリブルに対応できず先制を許す。さらに3分後にも追加点を決められ、差は2点に広がる苦しい展開に。それでも前半ロスタイム、後方からのFKで平がロングパス、走り込んだ1年生FW・鈴木が強烈なシュートを叩き込み1点を返して試合を折り返す。

そして後半35分には、米田の浮き球パスに抜け出した鈴木が同点ゴール。試合はそのまま終了。内容としては攻めこまれたが、ルーキーストライカーの大車輪の活躍で勝ち点1をもぎ取った。(深澤康平)

試合後のコメント

大石監督

―試合を振り返って

ゲームの入り方が悪く、相手のペースにはまってしまった。くさびのボールが入らず、やりたいことがやれませんでした。前半は向かい風の影響もあったので、もっと工夫する必要があったと思います。

―開幕戦から1年生が先発しているが、チーム内競争は激しいのか?

チーム内競争は激しいです。本来であれば、スタメンで出れる選手もベンチに控えている。怪我人が多いからではなく、1年生は実力で試合に出ており、他の選手も大きな刺激になっていると思います。ー目指すサッカーに足りない部分は?

アクション・サッカーは自分から行動すること、アクションを起こすことが大事。そのためには、普段の私生活から各人の意識が大事になってくると思います。今日はあまり声が出てなかった。試合中では、一人一人が、「今自分が何をやるべきか」を感じ取り、考えなくてはいけません。流れるサッカーでは、ボールを持っていない時でも、常に人が考え動く必要があります。

米田主将(4年)


―試合を振り返って
立ち上がりが悪かった。それだけです。―目標とするアクションサッカーはどの程度できたか?
今日はあまりできなかったので、次はできるようにしたい。―次節(4/15,朝鮮大学戦)に向けて
勝ち点3を取れるように、やっていきたいと思います。

鈴木選手(1年)
 

―試合を振り返って
点は決めることができましたが、チ―ムが引き分けてしまって悔しいです

―前半より後半の方がチームのリズムがよかった気がするが?
結局前半も後半も”蹴る”サッカーになってしまった気がします。
練習ではもっとパスを回すことがでいたので、残念です。
これからはもっと法政のサッカーを見せていきたいです

―初の公式戦ということで緊張はあったか?
最初は緊張してましたけど徐々に慣れました。

―大学サッカーとJユースのサッカーについて何か違いは感じたか?
一番感じたのは体の大きさです。
スピードに関してはそんなに変わらない気がしました。

―次節(4/15,朝鮮大学戦)に向けて
次も点を決めて、次節は絶対に勝ちたいと思います。

 怪我人情報

 MF友澤 剛気(4年)

 

フォトギャラリー

  • 20120406-1試合後のあいさつに駆けつけるイレブン
  • 20120406-2今日のMOM,仕掛ける鈴木
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み