サッカー

【サッカー】関東大学サッカーリーグ 第21節 vs拓大 2部残留確定!! 先制されるも後半の2発で逆転勝利 

JR東日本カップ2013 関東大学サッカーリーグ戦2部
第20節 対拓殖大学
2013年11月16日(土)古河市立古河サッカー場

神大に敗れ残留を決めることができなかった前節。今節の相手は勝ち点差3で1つ下の10位に位置している拓大。引き分け以上で2部残留が決まる大事な試合。先制され苦しい展開となったが見事逆転勝ちを収め、最終節を前に残留を決めた。

20131117-1 R
チーム全員でつかんだ残留

試合結果

トータル試合結果

1
拓殖大学
0 前半 0 2
法政大学
1 後半 2

得点とアシスト

時間大学得点者アシスト
48分 拓殖大学 内野 裕太 谷川 貴也
68分 法政大学 宗近 慧 岩渕 貴哉
84分 法政大学 松本 大輝

警告

時間大学選手氏名
26分 法政大 松本 大輝
32分 法政大 西室 隆規
45分 法政大 高橋 健哉
82分 拓殖大 谷川 貴也

メンバー

拓殖大学
監督:玉井 朗
法政大学
監督:大石和孝
21 GK 小林 将也 1 GK 四宮 祐貴 (3)
4 DF 金子 代祐 2 DF 宗近 慧 (3)
27 DF 谷川 貴也 17 DF 森保 翔平 (4)
31 DF 高橋 賢司 → 紙谷(86分) 27 DF 田代 雅也 (2)
16 DF 長沢 康平 → 西岡(86分) 30 MF 永戸 勝也 (1)
18 MF 大森 勇希 5 MF 岩渕 貴哉 (3)
19 MF 菅能 将也 → 宗像(81分) 11 MF 清水 道浩 (3) → 白石(89分)
20 MF 片 槙吾 16 MF 松田 有平 (3)
39 MF 木野 大輔 28 MF 西室 隆規 (2)
41 FW 森川 穣 14 MF 松本 大輝 (4)
11 FW 内野 裕太 15 FW 高橋 健哉 (3)
サブメンバー
1 GK 大坪 倫之 21 GK 田村 昇大 (4)
25 DF 紙谷 大志 8 DF 大野 瑞樹 (4)
9 DF 西岡 梧郎 13 MF 木村 高彰 (4)
35 MF 宗像 奎介 6 MF 星 雄次 (3)
36 MF 郡司 博信 22 MF 山口 廉史 (3)
23 MF 河野 直登 24 FW 白石 智之 (2)
40 FW 小布施 恭平 9 FW 深町 健太 (4)

※(カッコ内)は、選手の学年、および交代した時間を表示しています。

戦評

■堅い前半
 グラウンドのコンディションが少しぬかるんでる影響もあってか立ち上がりは前線になかなかボールが収まらず攻め込まれる展開。前半15分を過ぎたあたりからようやくボールが回り始め、攻めの形が出来始める。20分、ペナルティエリア内で相手を背負いボールを受けた松本がボールをキープ。そのボールをバイタルエリアにいた高橋が落としで受け、ミドルシュートを放つがこれはGKの正面へ。27分には中央で受けた高橋が右サイドを上がってきた清水に展開。清水は上がってきた勢いそのままにシュートを狙っていくが惜しくもボールは外のサイドネットに。良い形を2つ作れた法大であったが決定機を作るまでには至らず、お互いにスコアレスのまま前半は終了する。

■意地の2発
 後半はいきなり試合が動く。47分、法大の左サイドから上げられたクロスを11番の内野に頭で合わされ先制点を許してしまう。すぐに反撃に出たい法大であったが前半の立ち上がり同様にボールがなかなか収まらず、前線にも質の高いボールを供給できない時間が続く。しかし、後半の中盤に差し掛かった時間帯から再びボールが回り始め法大が試合の主導権を握り始める。62分、高橋がペナルティエリア内でキープし、右からゴールエリア付近まで上がってきた森保へ浮き球の優しいパス。しかし、森保のシュートはゴールの上へ。その3分後の65分には再び右サイドを上がってきた森保がゴール前フリーで待っていた松田へグラウンダーのクロス。松田は冷静にこのボールをコントロールしシュートを放つがゴールをカバーしていた相手DFの瞬時に出した左足によってボールは枠の上へ。前半無かった決定機を立て続けに2度作ることができた。そしてついに68分、コーナーキックからのゴール前混戦の中から宗近が押し込み同点ゴール。勝ち越し点を狙う法大は攻撃の手を緩めない。73分には、ボールを受けた松本が持ち味のスピードを生かし縦へ仕掛けてから左足で強烈なシュートを放つが惜しくもポストに弾かれてしまう。一方、法大よりも降格へ厳しい状況下にあり、勝ち点3がほしい拓大は再び攻勢に出るものの法大守備陣の体を張ったブロックで得点を許さない。そして82分、右サイドのFKから相手のハンドを誘い法大がPKを獲得。このPKを松本が落ち着いて決め勝ち越しに成功。このまま試合は終了し、法大の2部残留が確定。試合後の選手からの表情からは安堵の様子が伺えた。(天田小太郎)
 

コメント

大石監督

ー松本選手がPKを決めての逆転勝利でした
今日は絶対に勝たなきゃいけないゲームだったんで、選手たちは気持ちを込めて戦ってくれまし、勝利することができて良かったです。すごいハラハラしましたけど、絶対に点は取れると思っていました。でも簡単に失点をしてしまったことが今日の課題点ですね。そこはしっかり修正したいと思います。

ー今日の残留決定まで苦しい戦いが続きました。今季を振り返っていかがですか
前期に結果が出なかったことが大きいですね。失点した時の気持ちの切り替えが出来ていなかったです。1人1人が1試合1試合を戦ってほしいんだけど、先のこと先のことと、先読みして戦っちゃっていた部分がありました。毎試合気持ちを込めて戦えるチームになってほしいと思います。

ー残り1試合となりました。最終節への意気込みをお願いします

最後は勝って終わりたいですね。4年生は最後ってこともあるし、それも考慮してメンバーを組むことになると思います。

FW松本大輝

ー2部残留を決めた率直な感想をお願いします
 2部残留というのが目標ではなかったんですけれども、後輩達には最低限2部で戦ってほしかったので、とりあえずよかったです。

ー今シーズンを振り返ってみて残留争いをすることになってしまった1番の原因は何だと思いますか。
 技術的には1部の上でも全然通用すると思うんですけど、戦う姿勢であったり、気持ちを出して戦うという部分ができなかったと思います。

ー今日は1点取られ苦しい展開が続きましたが、そこを耐えて2点取ることができましたね
 みんなが今日勝って残留を決めるという強い気持ちを持って戦うことができたので、そこの部分が出たんだと思います。

ー次に松本さん個人の話しになるんですけれども、まずはヴァンフォーレ甲府への入団おめでとうございます。
 ありがとうございます。

ー入団が決まった時の率直な感想をお願いします
 小さい頃からの夢だったので素直に嬉しかったんですけど、プロになるだけでは意味がないと思っているので、どれだけ上のステージでやれるかが大事ですし、まだまだ通過点だと思っています。

フォトギャラリー

  • 20131117-1 Rチーム全員でつかんだ残留
  • 20131117-2 R松本がしっかりとPKを決め逆転
  • 20131117-3 R西室のシュートはわずかに外れた
  • 20131117-4 R松田の左足がチャンスを演出
  • 20131117-5 R同点ゴールを決めた宗近
  • 20131117-7 R主将としてチームを引っ張った森保
  • 20131117-6 Rゴール前で存在感を発揮した高橋
  • 20131117-8 R清水も積極的にシュートを放った
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み