サッカー
 

【サッカー】関東大学サッカーリーグ第8節 対日大 終盤に追いつかれ勝ちきれず

JR東日本カップ2014 関東大学サッカーリーグ戦2部
第8節 対日本大学
2014年5月11日(日)法政大学城山サッカー場

今シーズン初のホーム・城山グラウンドでの試合となった今節。ホームで多くの観客が見守る中連続引き分けを脱したい法大だったが点の取り合いとなった試合を制することができず、4得点を奪いながらも試合終了直前に追いつかれ、4試合連続となる引き分けとなった。

ロスタイムの2失点に肩を落とすイレブン

トータル試合結果

4
法政大学
2 前半 1 4
日本大学
2 後半 3

得点とアシスト

時間大学得点者アシスト
4分 日大 成瀬 琢斗
19分 法大 三田 尚希 永戸 勝也
39分 法大 西室 隆規 星 雄次
50分 日大 中野 春樹 小林 玲櫻
64分 法大 三田 尚希 青島 拓馬
82分 法大 相馬 将夏 三田 尚希
91分 日大 高山 慎也 高橋 秀宜
94分 日大 中野 春樹 川島 弘

警告

時間大学選手名
13分 日大 高橋 秀宜
87分 法大 高橋 健哉
94分 法大 青島 拓馬

メンバー

大学
監督: 長山 一也
大学
監督: 川津 博一
21 GK 富澤 雅也 1 GK 谷 俊勲
2 DF 永戸 勝也 3 DF 奥村 一誠  (Cap)
3 DF 宗近 慧  (Cap) 4 DF 高橋 秀宜
6 DF 星 雄次→山田(HT) 5 DF 鈴木 孝輔
22 DF 田代 雅也 36 DF 川島 弘
8 MF 三田 尚希 10 MF 小林 玲櫻
16 MF 青島 拓馬 14 MF 成瀬 琢斗
18 MF 鈴木 貴大→高橋(65分) 38 MF 田中 浩樹
25 MF 西室 隆規 43 MF 高山 慎也
26 MF 伊藤 航希→山口(87分) 11 FW 齋藤 祐志
9 FW 相馬 将夏 13 FW 中野 春樹
サブメンバー
1 GK 四宮 祐貴 21 GK 小渕 峻之介
19 DF 内嶺 大輝 44 DF 田代 和也
27 DF 山田 将之 6 MF 中村 雄太
5 MF 山口 廉史 7 MF 廣田 和也
14 MF 白石 智之 8 MF 床井 直人
4 FW 清水 道浩 39 MF 岡田 洋平
10 FW 高橋 健哉 40 FW 佐野 樹生

戦評

 昇格へむけて、これ以上勝ち点を取りこぼすわけにはいかない法大。昇格組である中大相手にホームでの勝利が期待されたが、試合はまさかの展開で幕を開ける。前半4分、富澤雅也(経4)が相手のロングフィードの処理を誤り、失点。試合開始直後、しかもミスからの失点に法大応援席は静まり返った。

 しかし法大はすぐさま追いつく。18分、永戸勝也(経2)がサイドでボールをキープしクロスをあげる。これを三田がフリーで合わせ、チーム待望の1点を奪う。「1点を取れれば流れは変わる」と言われていた中での得点は、同点ゴール以上の価値を持っていた。攻め続ける中で運が法大に傾いたか、39分にも右サイドから西室隆規(現3)がアーリークロスをあげると、これがそのままゴール。前半のうちにリードを奪うという理想的な展開で後半へと移った。

 勢いを維持したかった法大だったが、後半開始直後流れをつかんだのは日大。46分にCKを献上しピンチを招くと、49分にはGKのフィードから裏へと抜け出されるとそのままシュートを許す。入ったかと思われたが、山田将之(経2)がギリギリでクリアし、CKへ逃れた。しかし、このCKを決められてしまい、同点に追いつかれてしまう。突き放したい法大は63分、すばやいスローインから中へとクロスを送り、三田が2得点目を叩き込んみ3-1。ボールが外に出て相手が油断したスキを突いた、巧みなゴールだった。

 その後も前に出ていく法大、75分には立て続けにチャンスを作り出す。中央から右サイドに流れた相馬将夏(スポ4)に展開しシュートもGK正面。直後、高橋健哉(社4)が中央ドリブルで持ち上がりシュート。これは惜しくもポストをかすめていった。この場面では決められなかった法大だったが81分、左サイド三田からのクロスを中央でフリーになっていた相馬が決め、相手を突き放す。

 残り10分をきって2点差。勝利は確実かと思われたがここから日大の猛反撃にあってしまう、90分、法大のディフェンスの足が止まりスキができたところで中大43番高山にミドルを決められてしまう。この後も防戦一方となり最後のワンプレーへ。これをクリアすれば試合終了という場面で日大のCK。これを合わせられてしまい土壇場で同点に追いつかれてしまう。得点の笛と同時に試合終了の笛が鳴り、法大イレブンはピッチに崩れ落ちた。

 得点が取れずに苦しんでいた法大は、今節大量4点を奪った。がしかし、同時に過去最高となる4失点も喫してしまった。あと一歩のところで歯車のかみ合わない試合が続いているが、そのあと一歩は目前に見えている。ばっちり修正して、上位2校との決戦を迎えたい。(安倍雅人)

選手コメント

相馬将夏

‐今日の試合を振り返って 
立ち上がり気をつけて入ろうって意識していたんですけど、ミスから失点してしまった。そこに関しては切り替えるしかなかったですけど、すぐに追いつけたし、悪いゲームはしてなかったと思います。最後の、責任というか、集中力というか、あと一歩のところが足りなかったです。内容は悪くないので、反省して次につなげたいです。
 
‐久しぶりにチームが点を取ったが
前の選手たちは責任を感じていましたし、自分も絶対点を取ってやろうという意識で試合に入りました。結果良い形でボールが来て、ゴール決めることができたので、僕個人はFWとしてこれを続けていくしかないと思います。
 
‐前半序盤はボールがうまく回らなかったが、徐々に改善されていった
最初は相手も集中していて、スペース消されてFWも行けなかったりしたんですけど、暑さもあってだんだんスペースが空いてきたので、そこでFWが体を張ってスペースを作るっていうのが僕の仕事だと思ってました。それで自分のプレーとかも悪くなかったと思いますが、チームの結果に反映されなければ意味がない。次は上位2校なので、チャレンジャーというつもりで、がんばっていきたいです。
 
内容を支配しながら勝てていない試合が続いているが、原因はどう分析されているのか
やりきる力、シュートで終わるクロスで終わる、最後に決めきる力っていうのがまだ足りない部分なので、それは次の練習から高めていくしかないと思います。
 
‐次節に向けて一言
来週関学、再来週神代で、どっちも上位2校なので、胸を借りてチャレンジャーという立場で、両方勝ち点3を取りに行きたいです。
 

フォトギャラリー

  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み