「健志台の歓喜」で見事2部優勝と1部昇格を決めた法大サッカー部。
今回は特別企画として選手と監督に今シーズンの感想と、日ごろの選手たちの素顔をお聞きしました。

 IMGP9688 R

企画第二回目の登場は2年生の山田将之(経2)と、3年生の白石智之(経3)田代雅也(社3)の3選手。今季主力としてシーズンを戦った3人に、4年生や来期に向けての意気込みを伺いました。

筑波大戦の勝利が大きな自信となった(相馬)

-まずは今シーズンを振り返ってください
田代:新しい監督を迎えて、4年生中心に頑張ってきて前期は中々上手くいかない時期が多かったです。(総理)大臣杯を機にチームのかたちっていうのがはっきりしてきて。後期も連勝後に躓くこともあったんですけど、最終的に勝ち続けて優勝できたっていうのは2月からの取り組みだったり、全員がサッカーに関して生活から取り組んできた得られた結果なのかなと思います。

白石:カズさん(長山一也監督)になって、今まで法政の悪かったところというか、目を背けてきた私生活の部分とか、サッカーに対して甘かった部分をチーム全体で修正していったので結果がでてきたし、そういうことをしっかりやれば勝てたり、良い思いができるというのを凄く実感しました。来年1部に上がれるのは4年生のおかげだし、しっかりまとめてくれたので。今年は自分たちはついていくだけだったというのもあるので、来年に向けて、自分たちはもう4年になるのでしっかり準備していきたいと思います。

山田:結果的に1部に上がれたというのは良いことなんですけど、(総理)大臣杯では取れたはずのタイトルを逃してしまったので、そういう部分でまだ甘さがあるのかなと思います。来年からは1部で、よりレベルが高いところでやるので。今季は良いことが多かったんですけど、課題というか収穫できた部分も多いので、そこを改善できたら良いかなと思います。

IMGP9682 R

-昨年の非常に厳しい状況から大きくランクアップできました
田代:夏場に大臣杯という大きな舞台で経験を積めたということが、自信になったと言えるかもしれません。できるという確信とまではいかないですけど、そういう自信を持てたというのが、リーグ戦で負けた後に勝ち続けたりとか立て直すことができたのかなと思います。

白石:自分も大臣杯が大きいと思いますね。それと、隙を作らないチーム作りというか、、1週間に1度の筋トレだったりなどの細かい部分もみんなでしっかり継続できたのが、シーズン通して最後まで粘り強く結果がだせた理由だと思います。

-山田選手はサイドバックとしての起用が多い一年でした
山田:まったくやったことのないポジションで、チームに貢献できるかって聞かれたら自信はなかったです。試合で経験を積んでいくにつれて慣れてきて、また違った視野で試合をやれたっていうのは個人的にすごくいい経験でした。そこは監督が起用してくれたことなので、感謝したいです。(来年からはセンターバックでの出場を目指す?)特に考えてはいません。まずは試合に出場できるように頑張ります。

IMGP9678 R

-来年は前線の陣容が大きく変わると思いますが
白石:自分は、このシーズン通して三田くんがすごく活躍していて、見ていてすごいなと。最後まで走り切れるし、今の法政のサッカーに合っているというか。自分ももっと最後まで走り切って、粘り強く戦わなきゃいけないし、それが一年通しての課題でした。来年最後まで諦めないで引っ張っていく姿勢を、自分がチームで一番出していくんだという気持ちでやらなきゃいけないと思います。

-田代キャプテンから見て来年はどのようなチームになりそうですか
田代:今年に比べて、最高学年の大人しさがなくなるというか。うるさくなると思うので、元気のあるチームになると思います。

-今の3年生は統率力のある学年だと思いますか
山田:そうですね。はい。(笑)

-どういった方が多いですか
山田:一人ひとりがチームを盛り上げられるというか、雰囲気を変えられる人が多いのと、やるときはやる選手が多いと思うので、来年は二人(田代雅也選手、白石選手)に期待したいと思います。(笑)

-もう目標は掲げられていますか
田代:とりあえず、一人ひとり考えて、チームではまだですね。

-法政の応援は人数が少ないながら非常に盛り上がっています。プレー中、応援を聞いていかがですか
田代:励みになりますね。(寮の雰囲気も同じ?)上下関係が厳格にあるわけではないですね。1年生から4年生まで、分け隔てなく仲良くいい感じですね。

-その中で、オーラのある4年生はいましたか
田代:たぶん、下級生からしたら三田(尚希)くんが、怖い存在だったのかなと思います。(笑)
(寡黙な方?)そうですね、あまりしゃべらないので。言葉が多い人じゃないので。話す人とは話すけど。先輩ですし。(笑)

-山田選手から見て、オーラのある選手はいますか
3年生ですかね。白くん(白石選手)は怖いですね。(笑)

-長山監督は、厳しい方ですか
田代:厳しいというよりかは当たり前のことを言っているだけで、今までがゆるすぎただけですね。そこに最初のうちは戸惑いがありましたけど、よくよく考えてみれば、監督がいつも言うことは理不尽じゃなくて、当たり前のことを言っていただいています。

-現役時代の長山監督について
白石:そうですね、結構インターネットとかで動画調べたりします。最後まで戦ってますね。やっぱり熱い選手ですね。(引退記念セレモニーの動画も?)見ました。奥さんきれいで。
(笑)

IMGP9677 R

-皆さんの仲のいい選手は
山田:そんなに、意識してないですね。みん個人的にとても仲がいいというわけでもないし、喋らないというわけでもないので、みんなフレンドリーな感じなので。

田代:白石と鈴木選手がマブダチみたいな感じですね。(笑)

-どういった経緯で
白石:自分が、鈴木くんの部屋に荷物を置いてるので、一緒にいる時間が多くて。経済学部も一緒だし、ほとんど一緒の授業とってるので。

-授業に関してはいかがですか
田代:今のところ問題のある選手はいないですかね。

-学校生活の面では、サッカー漬けという感じですか
田代:だいたいそうですね、人によっては学校に友達の多い人もいて。だいたい、(サッカー部以外の学校の友達)一人、二人くらいか。

白石:ぼく三人しかいないです。(笑)

山田:クラスの人はそうですかね。

法政に関わる全ての人を笑顔に

-4年生に向けてメッセージを
田代:今年の4年生は、とても背中でぼくらを引っ張ってくれたというか、言葉じゃなく行動ですごいチームに力を還元してくれて。とても助かりました。そして、リーグ戦のタイトルも取れ、できればインカレにも出たかったですけど、こういう機会、チャンスを作ってくれたのは、4年生のおかげだと思っています。これからも頑張って下さい。

白石:4年生は、今年大臣杯もリーグ戦も大事なときに決めてくれるのはいつも4年生で。自分も、そういう4年生になりたいと思ったし、自分が1年生の頃から知っているので、すごく良くしてくれてたし、それが最後にこういう結果になって。努力し続ければ、4年生みたいに良い思いできるので。感謝して、法政のこの流れを壊さないように、頑張ってきたいです。

山田:私生活の部分はもちろんなんですけど、サッカーの部分で同じポジションの4年生だったり、そういう試合の部分で引っ張ってくれていた4年生の存在というのは、見習うというか、真似するべきだと思うので、たぶん他の大学では味わえない存在だったと思うので、その学べたことを活かして1部で活躍することが、4年生への恩返しだと思うので。4年生には感謝したいです。

 -来季への抱負をお願いします
白石:来年は1部で。今までの戦い方ももっと違う風にやらないと勝てないし、1部の法政をというのを見せつけて、自分はコンスタントに試合に出ることが目標だし、プロを目指しているので、そのためにももっとしっかりアピールして、1年間通して良いアピールができるように頑張っていきたいと思います。

山田:来年に向けて、1部でやるために春の練習というか遠征での準備が大事になると思うので、ぼく走りとかが苦手なので。まずは春を乗り切れるように頑張りたいです。

田代:法政に関わるすべての人を笑顔にできるように、開幕戦から出して結果につなげていきたいと思います。

 (取材・編集 安部雅人・杉田智也,取材は12月中旬)

 

 

本企画は

第一回4年生特集第一弾(相馬・三田・四宮)
第二回下級生特集(白石・山田将・富澤)
第三回4年生特集第二弾(宗近・星・高橋)
第四回長山一也監督特集

以上の日程で配信いたします。お楽しみください。

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み