サッカー

【サッカー】第91回関東大学サッカーリーグ戦 第18節 法政大0-1桐蔭横浜大 濡れたピッチでキック&ラッシュの応酬も…終盤の失点でシーズンダブル献上

第91回関東大学サッカーリーグ戦 第18節 法政大ー桐蔭横浜大
2017年10月22日(日)
東洋大朝霞グラウンド

大雨の中行われた一戦。ピッチにの至る所に水たまりがある影響でボールが転がらず、両チームともに「前に蹴って走る」プレーを徹底。苦しい試合となったが、終盤にセットプレーから失点し、これで3試合勝利なしとなった。

IMG 4763 R
終盤の失点が痛かった
 

試合結果

トータル試合結果

0
法政大学
0 前半 0 1
桐蔭横浜大学
0 後半 1

試合スタッツ

時間経過大学選手名得点経過
60分 交代 法政大学 平山→松澤  
63分 交代 法政大学 土橋→末木  
77分 交代 法政大学 青柳→加藤  
80分 得点 桐蔭横浜大学 小田島怜 0-1

スターティングメンバー

背番号 ポジション  選手名 学部・出身校 成績(出場・得点)
1 GK 関口亮助 経済4・浦和レッズY 13・0
22 DF 黒崎隼人 経済3・栃木SCY 9・1
4 DF 森岡陸 現福1・ジュビロ磐田Y 12・1
3 DF 前谷崇博 スポ健3・ガンバ大阪Y 13・3
30 DF 高木友也 経済1・法政第二高 2・0
24 MF 大西遼太郎 社会2・ジュビロ磐田Y 9・0
6 MF 土橋優樹 現福4・川崎フロンターレY 9・0
9 MF ディサロ燦シルヴァーノ 経済3・三菱養和SCY 15・2
11 MF 青柳燎汰 現福3・前橋育英高 13・3
17 MF 平山駿 経済1・三菱養和SCY 5・0
20 FW 上田綺世 スポ健1・鹿島学園高 16・9
サブメンバー
12 GK 吉田舜 社会3・前橋育英高 5・0
5 DF 加藤威吹樹 経済2・サンフレッチェ広島Y 12・1
23 DF 関口正大 現福1・新潟明訓高 7・0
10 MF 上田慧亮 経済4・前橋育英高 2・0
8 MF 紺野和也 現福2・武南高 16・0
13 MF 末木裕也 スポ健2・ヴァンフォーレ甲府Y 9・0
18 FW 松澤彰 現福2・浦和レッズY 12・4

※成績は試合終了時のもの

 試合後順位表

順位 大学名 勝点 試合数 勝-分-負 得点/失点 得失点
1位 筑波大 42 18 13-3-2 41/13 28
2位 順天堂大 40 18 12-4-2 33/21 12
3位 流通経済大 34 18 11-1-6 32/25 7
4位 東京国際大 30 18 9-3-6 29/24 5
5位 明治大 25 18 7-4-7 25/26 -1
6位 東洋大 24 18 7-3-8 26/22 4
7位 法政大 24 18 7-3-8 28/29 -1
8位 駒澤大 20 18 5-5-8 23/28 -5
9位 専修大 18 18 5-3-10 22/28 -6
10位 慶應大 17 18 4-5-9 14/27 -13
11位 桐蔭横浜大 16 18 4-4-10 22/34 -12
12位 日本体育大 14 18 4-2-12 22/40 -18

 

後期リーグ途中経過

日付 対戦校 結果 会場
12 9月16日 筑波大 ○2-1(詳細) 味の素フィールド西が丘
13 9月23日 慶應大 ●1-2(詳細) BMWスタジアム平塚
14 9月30日 流経大 ●0-1(詳細) 竜ケ崎市立たつのこフィールド
15 10月7日 専修大 ○4-2(詳細) 法大城山グラウンド
16 10月10日 駒澤大 △2-2(詳細) 法大城山グラウンド
17 10月14日 明治大 △1-1(詳細) 法大城山グラウンド
18 10月22日 桐蔭大  ●0-1 東洋大グラウンド
19 10月28日 東洋大   中銀スタジアム
20 11月4日 順大   BMWスタジアム平塚
21 11月11日 東国大   保土ヶ谷公園サッカー場
22 11月18or19日 日体大   未定

マッチレポート

前節でホーム3連戦を終え、今節は前期のリーグ戦で大敗を喫した桐蔭大と対戦。前期のリベンジ、上位進出のためにも勝利が欲しい試合となった。試合は激しい雨の中、ピッチにボールが転がらず、両チームとも通常とは異なる対応が求められた。

序盤は法大が積極的な攻撃をみせる。5分、大西遼太郎(社2)が自らドリブルで運びロングシュート。さらにその1分後、右サイドから上がってきたディサロ燦シルヴァーノ(経3)が鋭いシュート。しかし、どちらもキーパーの正面に。試合は一貫して、お互い前にロングボールを蹴り合い、セカンドボールを奪い合う展開で進む。21分、平山駿(経1)の左からの絶妙なクロスにディサロがボレーで反応。決定的な場面だったが、惜しくもゴールの上へそれる。その後は、3分間で立て続けに3度も自陣でセットプレーのピンチを与えてしまうなど、相手に攻撃のリズムをつかまれてしまう。しかし、前節で初スタメンの高木友也(経1)や森岡陸(現1)の献身的な守備もあり、簡単にはチャンスを与えない。難しいピッチコンディションの中、両チームとも攻め手を欠きスコアレスで前半を折り返す。

後半に入ると、このコンディションへの適応を見せ始める場面もあり、次第に得点の匂いが。65分、相手の飛び出しを、関口亮助(経4)が身体を張ってセーブ。守護神の活躍でここまで得点は許さない。試合が動いたのは80分。コーナーキックからの混戦を押し込まれた。プレーは続行されたが、レフェリーはゴールインの判定。嫌な時間に先制点を許す。
法大は交代で入った松澤彰(現2)や上田綺世(スポ1)をターゲットに前線にロングボールを配給するも、残留に向けて負けられない桐蔭大も、センターバックを中心に1点を死守する。結局、法大は得点を奪えず試合終了。

試合終盤のセットプレーからの失点でリベンジはならず、上位進出は遠ざかった。現在リーグ7位の法大。上位進出を目指すには、ここから負けるわけにはいかない。(濱口隆太)

 

フォトギャラリー

  • IMG 4754 Rゴール前には大きな水たまりが
  • IMG 4570 RFK時に関口亮がコーチング
  • IMG 4626 R相手FWに対応する前谷
  • IMG 4660 R上田綺へのロングボールが増えた
  • IMG 4680 R平山は裏への飛び出しでチャンスメイク
  • IMG 4739 Rロングスローでも打開を試みた高木
  • IMG 4743 R長いボールの的となった松澤
  • IMG 4763 R終盤の失点が痛かった

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み