サッカー

【サッカー】第91回関東大学サッカーリーグ戦 第21節 法政大 2-0 東京国際大 総理大臣杯決勝以来の完封勝利!前半2発で4位浮上!

第91回関東大学サッカーリーグ戦 第21節 法政大ー東京国際大
2017年11月11日(土)
県立保土ヶ谷公園サッカー場

リーグ戦も残すところ2試合となった。今節の相手は4位・東国大。勝利すれば得失点差で追い抜くことができるため、非常に重要な一戦となった。試合は前半に2得点を挙げると、後半は相手が退場処分となったこともあり、そのまま時計の針を進めることに成功。総理大臣杯決勝以来の完封勝利で、順位も4位に浮上した。

IMG 4773 R
上田綺のゴールを祝う
 

試合結果

トータル試合結果


  法政大学  
2 前半 0 0
東京国際大学
0 後半 0

試合スタッツ

時間経過大学選手名得点経過
25分 得点 法政大学 高木友也 1-0
45+2分 得点 法政大学 上田綺世 2-0
51分 交代 法政大学 紺野→武藤  
56分 退場 東京国際大学 楠本卓海  
73分 交代 法政大学 ディサロ→中村  
83分 交代 法政大学 上田綺→玉田  

スターティングメンバー

背番号 ポジション  選手名 学部・出身校 成績(出場・得点)
1 GK 関口亮助 経済4・浦和レッズY 16・0
22 DF 黒崎隼人 経済3・栃木SCY 12・1
4 DF 森岡陸 現福1・ジュビロ磐田Y 15・1
3 DF 前谷崇博 スポ健3・ガンバ大阪Y 15・3
30 DF 高木友也 経済1・法政第二高 5・1
13 MF 末木裕也 スポ健2・ヴァンフォーレ甲府Y 12・0
24 MF 大西遼太郎 社会2・ジュビロ磐田Y 12・0
8 MF 紺野和也 現福2・武南高 19・0
9 MF ディサロ燦シルヴァーノ 経済3・三菱養和SCY 18・4
11 MF 青柳燎汰 現福3・前橋育英高 16・4
20 FW 上田綺世 スポ健1・鹿島学園高 19・11
サブメンバー
21 GK 山岸健太 社会2・前橋育英高 0・0
2 DF 武藤友樹 社会4・八千代高 15・1
32 DF 林遼太 スポ健4・法政第二高 1・0
31 MF 長倉颯 経済3・横浜FMY 3・0
29 MF 森俊貴 情科2・栃木SCY 8・0
36 MF 中村凌 スポ健4・横浜FMY 1・0
35 FW 玉田晃太郎 経済4・桐蔭学園高 1・0

※成績は試合終了時のもの

 試合後順位表

順位 大学名 勝点 試合数 勝-分-負 得点/失点 得失点
1位 筑波大 51 21 16-3-2 52/15 37
2位 順天堂大 47 21 14-5-2 40/26 14
3位 流通経済大 38 21 12-2-7 35/30 5
4位 法政大 30 21 9-3-9 34/33 1
5位 東京国際大 30 21 9-3-9 30/33 -3
6位 明治大 29 21 8-5-8 28/29 -1
7位 東洋大 25 21 7-4-10 29/28 1
8位 桐蔭横浜大 25 21 7-4-10 31/37 -6
9位 桐蔭横浜大 23 21 6-5-10 29/31 -2
10位 専修大 20 21 6-2-13 27/45 -18
11位 慶応大 20 21 5-5-11 16/34 -18
12位 日本体育大 18 21 5-3-13 25/35 -10

 

後期リーグ途中経過

日付 対戦校 結果 会場
12 9月16日 筑波大 ○2-1(詳細) 味の素フィールド西が丘
13 9月23日 慶應大 ●1-2(詳細) BMWスタジアム平塚
14 9月30日 流経大 ●0-1(詳細) 竜ケ崎市立たつのこフィールド
15 10月7日 専修大 ○4-2(詳細) 法大城山グラウンド
16 10月10日 駒澤大 △2-2(詳細) 法大城山グラウンド
17 10月14日 明治大 △1-1(詳細) 法大城山グラウンド
18 10月22日 桐蔭大  ●0-1(詳細) 東洋大グラウンド
19 10月28日 東洋大 ○2-1(詳細) 中銀スタジアム
20 11月4日 順大 ●2-3(詳細) BMWスタジアム平塚
21 11月11日 東国大  〇2-0 保土ヶ谷公園サッカー場
22 11月18日 日体大   相模原ギオンスタジアム

マッチレポート

法大は前節、優勝争いを繰り広げる順大に逆転負け。今節は昇格組ながらここまで4位と健闘する東国大と対戦した。

開始早々、法大にいきなりチャンス。高木友也(経1)が浅い位置からクロスを上げ、そのボールに上田綺世(スポ1)が合わせる。決定機だったが相手GKの好セーブに阻まれた。9分には最初のピンチ。低い位置でボールを奪われ、最終ラインの裏にパスを通されたが、高木が素早いカバーリングでシュートブロックし、これを逃れた。東国大は中盤での争いに勝つと、FWの町田ブライト目掛けた攻撃を展開。だがこの形に対しても、森岡陸(現1)、前谷崇博(スポ3)の両CBがしっかりと蓋をし、大きなピンチには繋げさせなかった。

前半も中盤に差し掛かり、迎えた26分。法大が先制に成功する。右サイドのスローインから左サイドに展開すると、青柳燎汰(現3)が外側にオーバーラップをかけた高木にパス。1年生サイドバックの左足から放たれたシュートはゴール上につき刺さった。高木は大学入学後初ゴールとなった。
強風の影響もあり、前半を通してボールが落ち着かない展開。法大はクリアボールが中途半端になる場面も多く、セカンドボールの回収に苦しむ。36分にはボランチ付近のスペースを使われ最後は町田にシュートを浴び、38分にもラインコントロールのズレから裏に通され、危ない場面を作られた。前半最大のピンチは42分、競り合いの最中に最終ラインのバランスが悪化し、町田に空いたスペースへ抜け出される。対峙した前谷のスライディングも交わされてシュートを許すが、ポストに当たり、何とか免れた。

1点差での折り返しが濃厚となっていた前半アディショナルタイム、法大が追加点を挙げる。青柳がダイアゴナルに走って右サイドでボールを収めると、そのパスを受けた紺野和也(現2)が右足でクロス。ファーサイドで待ち構えていた上田綺が叩き込んで2点差とした。

後半も一進一退の攻防が続くが、56分に東国大CB・楠本卓海が得点機会阻止で一発退場。「相手が1人少なくなった分、やることがはっきりしました」(関口亮助)。これによって数的優位を得た法大は、優勢に試合を運んでいく。60分にはボランチの大西遼太郎(社2)が攻撃参加し、最後は青柳がシュート。これは正面を突いたが、その数分後にも途中投入の武藤友樹(社4)が右サイドから切り込んでフィニッシュまで持ち込んだ。その後もカウンターから武藤がチャンスを迎えるなど、追加点を狙いながら時間を進めていく。

東国大は依然FWの町田にボールを集めるが、激しいマークを続けて粘り強く対応。終盤に入り、宇高魁人に裏へ抜け出される場面もあったが、オフサイドトラップで引っ掛けて無効化した。紺野の負傷により、2枚の交代枠を残していた長山一也監督は続けざまに今季リーグ戦初出場となる4年生を投入。70分には中村凌(スポ4)を、82分には玉田晃太郎(経4)がピッチへと送り出された。

結局試合はこのまま2-0で終了。この結果、4位に浮上した。残るリーグ戦も1試合、ここまで9勝3分9敗の法大にとって、最終節はシーズンの勝ち越しをかけた一戦となる。(下田朝陽)

選手コメント

関口亮助

ー今日の試合を振り返って
勝つことによって、順位が変わるので絶対勝ちたかった試合に2-0で勝利できて良かったです。

ー久しぶりの完封勝利でしたが
完封勝利に関しては、あまり意識していませんでした。勝つことが全てでした。

ー風の影響はありましたか
キーパーなので、蹴るシーンが多くなったり、裏の対応が難しかったです。

ー相手が1人退場して有利な状況でしたが
相手が1人少なくなった分、やることがはっきりしました。引いて、カウンター狙いだったと思いますが、それが逆にピンチになるシーンが多かったので、一人で少ないからといってやることを変えずにできたことは良かったです。

ーリードしている状態でも、後ろから多く声を掛けていましたが
2-0という1番危ないスコアだったので、試合が終わるまでDFには集中を切らさないようにという意味で声を掛けていました。

ー最終節に向けて
日体大は1部残留がギリギリのチームなので、体を張って一生懸命やってくると思いますが、順位など関係なしに勝つことだけを意識して、インカレに向けて良い状態でやっていきたいと思います。

高木友也

ー試合を振り返って
最初の入りが悪く、悪い時間が続いてたんですけど、立て直して2得点できたことが良かったと思います。

ー得点場面を振り返って
中で青柳選手が時間を作り、相手を釣ってくれて、自分がフリーで打てる形になったので、とりあえず枠に思い切り振り切ろうと思って蹴りました。

ー風が強い中での試合でしたが
少しロングボールの処理は難しかっですが、その後のカバーはしっかりとできていたので失点を防ぐことができたと思います。

ー後半のプランについては何か指示はありましたか
2点で終わるのではなくて、3点、4点ととって突き放そうという意識を全員で統一してやりました。

ー0点に抑えての勝利でした
最後はしっかり体を張ってディフェンスができていたので、無失点という結果で終わることができたと思います。

ー今後の課題について
今日は良い感じでプレーができていたので、この感覚を続けられるようにして、良い形で次を迎えることだと思います。

ー最終節に向けて一言お願いします
相手は残留争いで、体を張ってくると思うので、勝てるようにしっかり準備していきたいと思います。

フォトギャラリー

  • IMG 4555 R上田綺は今季11得点目を挙げた
  • IMG 4605 Rディサロ(写真)と上田綺の2トップは相手DFにとって非常に脅威
  • IMG 4689 R2点目をアシストした紺野は後半序盤に負傷交代となった
  • IMG 4751 Rここまで後期リーグ全試合出場の大西
  • IMG 4857 R青柳は2点目の起点に
  • IMG 4921 R中村は今季公式戦初出場
  • IMG 4953 R玉田も久々の出場
  • IMG 5003 R後期初の完封勝利を挙げた

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み