サッカー

【サッカー】第92回関東大学サッカーリーグ戦 第12節 法政大1-1駒澤大 終盤に先制もATに落とし穴 つかみかけた白星を逃す

第92回関東大学サッカーリーグ戦 第12節 法政大ー駒澤大
2018年9月16日(日)
日立市民運動公園

約3カ月ぶりとなるリーグ戦の相手は、前期リーグ戦で快勝した駒大。押し込まれる展開の中でも79分に相手のOGで先制。このまま逃げ切りたい法大だったが、90+1分に失点し、白星を逃すこととなった。

 

IMG 2093 hnr
先制点を誘発した紺野を祝福
 

試合結果

トータル試合結果

1
法政大学
0 前半 0 1
駒沢大学
1 後半 1

試合スタッツ

時間経過大学選手名得点経過
61分 交代 法政大学 ディサロ→紺野  
78分 交代 法政大学 鈴木→森岡  
79分 得点 法政大学 オウンゴール 1-0 
89分 交代 法政大学 鳥居→関口  
90+1分 得点 駒澤大学 高橋潤哉 1-1 

スターティングメンバー

背番号 ポジション  選手名 学部・出身校 成績(出場・得点)
GK 吉田舜 社会4・前橋育英高 7・0
31 DF  鈴木遥太郎  社会3・国学院久我山高 1・0
3 DF 前谷崇博  スポ4・ガンバ大阪Y  6・0
19 DF 鳥居俊 理工2・東京ヴェルディY 4・0
17 DF 高木友也 経済2・法政第二高 7・0
7 MF 下澤悠太 社会3・柏レイソルY 6・1
5 MF 大西遼太郎 社会3・ジュビロ磐田Y 10・0
9 MF ディサロ燦シルヴァーノ 経済4・三菱養和SCY 12・1
10 MF 青柳燎汰 現福4・前橋育英高 6・3
11 MF 森俊貴 情科3・栃木SCY 11・1
20 FW 上田綺世 スポ2・鹿島学園高 10・8
サブメンバー
12 GK 山岸健太 経済3・前橋育英高 3・0
2 DF 森岡陸 現福2・ジュビロ磐田Y 4・0
23 DF 関口正大 現福2・新潟明訓高 6・0
8 MF 紺野和也 現福3・武南高 12・2
13 MF 末木裕也 スポ3・ヴァンフォーレ甲府Y 11・1
16 MF 長谷川元希 現福2・大宮アルディージャY 3・0
18 FW 松澤彰 現福3・浦和レッズY 1・0

※成績は試合終了時のもの

 試合後順位表

順位 大学名 勝点 試合数 勝-分-負 得点/失点 得失点
1位 早稲田大 28 12 9-1-2 27/19
2位 明治大 21 12 6-3-3 26/13 13
3位 法政大 21 12 6-3-3 19/16
4位 順天堂大 19 12 6-1-5 21/15
5位 専修大 19 12 6-1-5 13/19 -6
6位 筑波大 18 12 5-3-4 20/16
7位 駒澤大 17 12 5-2-5 24/21
8位 流通経済大 17 12 5-2-5 18/22 -4
9位 桐蔭横浜大 14 12 4-2-6 16/18 -2
10位 東京国際大 13 12 3-4-5 14/21 -7
11位 東洋大 12 12 3-3-6 13/20 -7
12位 国士館大 12 1-1-10 12/26 -14

 

後期リーグ途中経過

日付 対戦校 結果 会場
12 9月16日 駒澤大 △1-1 日立市民運動公園
13 9月23日 順大   味の素フィールド西が丘
14 9月30日 桐蔭大   BMWスタジアム平塚
15 10月7日 筑波大   笠松運動公園陸上競技場
16 10月13日 専大   味の素スタジアム西競技場
17 10月20日 流経大   笠松運動公園陸上競技場
18 10月27日 東国大   山梨中銀スタジアム
19 11月4日 明大   BMWスタジアム平塚
20 11月10日 国士大   相模原ギオンスタジアム
21 11月17日 東洋大   相模原ギオンスタジアム
22 未定 早大   未定

マッチレポート

 よもやの総理大臣杯敗退から2週間。後期リーグ戦が幕を開けた。
敗退のショックを払拭したい法大は、鈴木遥太郎が今季初先発を飾ったほか、下澤悠太が久々の先発入りを、上田綺世がアミノバイタルカップ決勝以来の先発入りを果たした。

 前半は駒大に対し球際でやや後手に回る時間が続くと、28分には決定機を与えてしまう。中原輝のキレのあるドリブルでPA内に侵入を許し、シュートを放たれるも、これはバーに嫌われことなきを得た。
対する法大も38分にチャンスを迎える。カウンターの流れから森俊貴がボールを受けると、ディサロ燦シルヴァーノにラストパス。最後はディサロが狙いすましたシュートを放つも得点ならず。

 スコアレスで迎えた後半も押し込まれる時間こそ続くも、チームが標榜する‘‘全員守備’’でピンチの芽を摘む法大。すると61分にディサロに代えて‘‘ジョーカー’’紺野和也を投入。上田の前線での粘りや紺野の積極的なプレーで得点機をうかがうと、79分にはその紺野が大仕事をやってのけた。紺野が右サイドを突破しマイナスのクロスを供給。これが相手DFに当たり、OGとなった。
「試合巧者でいこう」。ディサロに代わってキャプテンマークを巻いた前谷崇博の声に呼応するように試合終盤はボールをうまく使い時間を消費していく法大だったが、ATに落とし穴。90+1分に相手エース・高橋潤哉の一撃で試合は振り出しに戻った。結局、試合はこのまま終了。掴みかけた白星を取りこぼす結果となった。

 次節は、前期リーグ戦で約3年ぶりに勝利した順大との対戦。混戦模様のリーグ戦を一歩抜け出すきっかけをつかみたい。(赤染徳光)

選手コメント

 下澤悠太

ー試合を振り返って
前半は自分たちが守る展開が続いたのですが、後半は(紺野)和也が入ってくれて、1点取って流れが来た時にそのままいければ良かったのですが、最終的に失点してしまったということはチームとして少し隙ができてしまったのかなと思います。

ー試合後のミーティングでは何を話しましたか
交代選手も含めて隙を作らずにしっかりやっていこうというようなことを再確認して、次の順天戦に臨もうという感じでした。

ー久々のスタメンとなりましたが
自分が求められている役割は基本的に下でつなぐことですので、そこは良かったと思います。ここ最近は背後へのボールが調子良かったのですが、今日はグラウンドの調子もあってうまく行かないことがあったので、どんなグラウンドであってもしっかりと結果を残さないといけないなと思います。

ー球際は相手も自信がある部分だと思いますがその点を振り返って
どちらかというとセカンドボールを意識していて、そこから下に落としたりつなげていた感じはあったので、それは今後の試合でも続けていきたいです。

ー次節に向けて
明治が早稲田に勝ってより均衡してきた中で、次の順天戦で勝たないとどんどん追い抜かれてしまうので、しっかりと次勝てるように良い準備をします。

フォトギャラリー

  • IMG 2067 hnrフリーキックの場面
  • IMG 2069 hnr相手選手と競り合う前谷
  • IMG 2077 hnrディサロは積極的な攻撃参加
  • IMG 2073 hnr攻守両面において存在感を見せた高木
  • IMG 2084 hnr森はカウンターの場面で存在感
  • IMG 2093 hnr
    先制点を誘発した紺野を祝福
  • IMG 2101 hnr上田は前線で起点となる場面も
  • IMG 2105 hnr試合後に健闘を称えあう

 

 
 
 
 
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

 1men

定期購読の申込み