スピード

2017-03-20-15-06-30
2017年03月21日 スピード

【特集】スケート部歓送迎会

スケート部の歓送迎会が品川プリンスホテルにて開催され、スケート部3種目の選手・スタッフ・OB・OG、そして今年法大へ入学する新入生が参加した。...
sssssssss
2017年01月10日 スピード

【スピード】第89回日本学生氷上競技選手権大会最終日 3連覇を逃すも堂々の表彰台!!

悲願の3連覇達成の望みが薄くなった法大。3日目終了時点で部門3位につけた。 1ポイント差で部門2位の日大を追う。運命の最終日は2000㍍リレー、チームパシュートのチーム種目が行われた。 リレーでは6位と出遅れるもチームパシュートで4位とし、なんとか部門3位を死守した。...
ojwgtpdw
2017年01月08日 スピード

【スピード】第89回日本学生氷上競技選手権大会3日目 中村が1500㍍で4位、大竹が1万㍍で5位入賞!2位と1点差の3位で最終日へ…

3日目は1500㍍、1万㍍が行われた。1500㍍では中村隼人(営3)が4位、安済修哉(営1)が8位で入賞を果たした。1万㍍では大竹拓三(文2)、田中笑太(営1)がそれぞれ5位、7位で入賞となった。1500㍍で22点、1万㍍で21点を獲得し、法大は3日目終了時点で総合3位となっている。2位日大とは1得点差で、明...
89-2
2017年01月07日 スピード

【スピード】第89回日本学生氷上競技選手権大会2日目 中村が1000㍍準優勝!総合順位も3位に上昇!!

大会2日目は5000㍍と1000㍍が行われた。5000㍍では大竹拓三(文2)と田中笑太(営1)が入賞。1000㍍ではエースの中村隼人(営3)が準優勝。阿部啓吾もポイント獲得と多くの部員が気を吐いた。 3種目合わせて法大の合計得点は59ポイントで順位は3位。1位の専大との得点差は42として2日間を締めくくった...
89-1
2017年01月06日 スピード

【スピード】第89回日本学生氷上競技選手権大会1日目 阿部が表彰台を逃すも14ポイント獲得!!

歓喜の日本学生氷上競技選手権大会(インカレ)連覇から早2年。迎えた大舞台の地は苫小牧。厳しい寒さの中で熱い戦いが繰り広げられる。 1日目は500㍍のみが行われた。得点を稼ぎ勢いに乗りたい法大からは阿部啓吾(営3)が唯一出場。見事4位に入り、12ポイントを獲得した。...
36-ar
2016年12月14日 スピード

【スピード】第36回全日本学生スピードスケート選手権大会 〈AR部門〉 大竹が総合3位で見事表彰台!安済は5000㍍で3位となる!

日本学生氷上選手権大会(インカレ)の前哨戦ともなる今大会。AR(総合部門)では、大竹拓三(文2)が本調子ではない中10000㍍で準優勝、総合でも3位で表彰台に上った。安済修哉(営1)も5000㍍で3位表彰台など、自己ベストを更新し好成績を収めた。田中笑太(営1)は500㍍で失格となり、総合順位は振るわなかった...
36-sp
2016年12月14日 スピード

【スピード】第36回全日本学生スピードスケート選手権大会 〈SP部門〉 エース中村が1000㍍で優勝!阿部も500㍍で準優勝を飾る!

日本学生氷上選手権大会(インカレ)の前哨戦ともなる今大会。SP(スプリント部門)では、阿部啓吾(営3)が500㍍の1本目で自己ベストを更新する好レースで準優勝、総合順位も4位と好成績を残した。またエース・中村隼人(営3)は体調不良の中で今大会に臨んだが、最後の1000㍍2本目で優勝。エースの意地を見せつけた。...
sbc-23-3
2016年10月25日 スピード

【スピード】SBC杯第23回全日本スピードスケート距離別選手権大会 3日目 中村は国内自己ベストを記録するも、高い壁に阻まれW杯代表を逃す…

SBC杯第23回全日本スピードスケート距離別選手権大会(距離別)も最終日となる3日目を迎えた。エース中村隼人(営3)は本命ともいえる種目1000㍍に挑み、自信の国内ベストを記録したが順位は11位。プロの高い壁に阻まれW杯の出場権を逃した。MSRには大竹拓三(文2)が出場。得点を獲得し9位となった...
sbc-23-2
2016年10月22日 スピード

【スピード】SBC杯第23回全日本スピードスケート距離別選手権大会 2日目 好記録を出すも順位は振るわず…

大会2日目は1500㍍、3000㍍が行われた。法大からは中村隼人(営3)、大竹拓三(文2)が出場した。中村は好記録を出すも、11位に終わった。一方の大竹も昨年の記録を超える滑りを見せたものの4位と表彰台を逃すこととなった。...
sbc-23-1
2016年10月21日 スピード

【スピード】SBC杯第23回全日本スピードスケート距離別選手権大会 1日目 開幕戦は厳しいスタートダッシュに…

シーズン開幕戦となる、SBC杯第23回全日本スピードスケート距離別選手権大会(距離別)が今年も幕を開けた。1日目に行われたのは500㍍、5000㍍。最初の種目である500㍍には阿部啓吾(営3)が初の出場。自己べストを更新するも、失格となり悔しい結果に終わった。5000㍍には前年度同大会3000㍍優勝者の大竹拓...
2016-10-12-19-10-23
2016年10月14日 スピード

【スピード】シーズン開幕直前特集!寮インタビュー!~下級生編~

今年も氷上での熱い戦いが幕を開ける―。日本学生氷上競技選手権大会(インカレ)連覇という華々しい結果から約9カ月。10月21日より行われる全日本スピードスケート距離別選手権大会(距離別)でシーズンが開幕となる。 今回は新たなシーズンに向けてまい進するスケート部スピードスケート部門のメンバーに、今シーズンの抱負...
2016-10-12-19-06-38
2016年10月14日 スピード

【スピード】シーズン開幕直前特集!寮インタビュー!~上級生編~

今年も氷上での熱い戦いが幕を開ける―。日本学生氷上競技選手権大会(インカレ)連覇という華々しい結果から約9カ月。10月21日より行われる全日本スピードスケート距離別選手権大会(距離別)でシーズンが開幕となる。 今回は新たなシーズンに向けてまい進するスケート部スピードスケート部門のメンバーに、今シーズンの抱負...
88-5
2016年01月10日 スピード

【スピード】第88回日本学生氷上競技選手権大会最終日 初日から大逆転の総合優勝!悲願の連覇達成!

悲願の連覇達成まであと一歩。3日目終了時点で総合1位につけた法大。 運命の最終日は2000㍍リレー、チームパシュートのチーム種目が行われる。5点差で2位の信大から逃げ切り王座を守り抜くため、選手たちは一丸となってレースに臨んだ。2000㍍リレーは息を合わせ、バトンミスなく滑りぬき3位。チームパシュートは意地...
88-3
2016年01月08日 スピード

【スピード】第88回日本学生氷上競技選手権大会3日目 藤野、三輪がワンツーフィニッシュ!法大現時点で総合1位に!

2日目終了時点4位。法大は最終日に向け、逆転を目指す。 3日目は1500㍍、1万㍍が行われた。 1500㍍では主将・藤野裕人(文4)、三輪準也(営4)がワンツーフィニッシュ。1万㍍でも大竹拓三(文1)、佐藤裕斗(営4)が7位、8位で入賞を果たした。 この好成績により、3日目終了時点で法大は総合1位に急上...
88-2
2016年01月07日 スピード

【スピード】第88回日本学生氷上競技選手権大会2日目 主将・藤野が1000㍍で優勝!法大総合4位に浮上!

大会2日目は5000㍍と1000㍍が行われた。5000㍍では三輪準也(営4)、佐藤裕斗(営4)、大竹拓三(文1)の活躍により30得点を稼ぐ。1000㍍では主将・藤野裕人(文4)が優勝。中村隼人(営2)の得点と合わせ28点を獲得した。2種目合わせ法大の現時点合計得点は58点、順位は4位。1位信州大との得点差35...
88-1
2016年01月06日 スピード

【スピード】第88回日本学生氷上競技選手権大会1日目 ポイント獲得ならず、厳しいスタートとなる

ついに勝負の時がやってきた。法大にとって2連覇がかかる日本学生氷上競技選手権大会(インカレ)。 1日目は500㍍のみが行われた。得点を稼ぎ、勢いをつけたい今種目には矢島友喜(営3)、阿部啓吾(営2)、杉本宇晃(営1)が出場。得点獲得となる15位以内を目指し滑るが、それぞれが思うような結果を残せず。厳しいスタ...
83-2
2015年12月23日 スピード

【スピード】第83 回全日本スピードスケート選手権大会 2日目 法大勢上位入賞ならずも、インカレへの課題や収穫を得る!

大会2日目は1500㍍、10000㍍が行われた。 1500㍍までの3距離終了時点で上位8名に入らなければ、10000㍍の出場権は得られない。 法大から1日目と同じく三輪準也(営4)、佐藤裕斗(営4)、大竹拓三(文1)の3名が出場。 それぞれが目標を持ち1500㍍を滑るも、好成績は得られず。 3人とも1...
83-1-9
2015年12月22日 スピード

【スピード】第83回全日本スピードスケート選手権大会 1日目 ハイレベルな戦いの中でそれぞれが健闘!三輪は9位で明日へつなぐ!

10月のSBC杯第22回全日本スピードスケート距離別選手権大会(距離別)以来の全日本規模となる今大会。 世界大会への切符を賭けた、ハイレベルな戦いが幕を開けた。 今大会は500㍍、1500㍍、5000㍍、10000㍍の4距離での総合得点で争われる。 法大からは三輪準也(営4)、佐藤裕斗(営4)、大竹拓三...
35-2
2015年12月12日 スピード

【スピード】第35回全日本学生スピードスケート選手権大会 2日目 SP部門で藤野が優勝を飾る!

大会2日目。スプリント(SP)部門では500㍍と1000㍍が、AR部門では1500㍍と10000㍍が行われた。SP部門では藤野裕人(文4)が優勝、中村隼人(営2)が3位入賞。AR部門では三輪準也(営4)が3位、佐藤裕斗(営4)が4位とそれぞれ入賞を果たした。...
35-1
2015年12月10日 スピード

【スピード】第35回全日本学生スピードスケート選手権大会 1日目 好調な滑り出し!SP部門1000㍍で藤野が優勝、中村が準優勝。AR部門500㍍で三輪が優勝を飾る!!

スプリント(SP)部門とオールラウンド(AR)部門に分かれ競われる今大会。大会1日目はSP部門1000㍍で藤野裕人(文4)が優勝、中村隼人(営2)が準優勝を飾ると、AR部門の500㍍では三輪準也(営4)が優勝を果たし、両部門ともに好調な出だしとなった。...
sbc-22
2015年10月25日 スピード

【スピード】SBC杯第22回全日本スピードスケート距離別選手権大会 最終日 藤野は本来の滑りできず、W杯代表逃す…

迎えた大会最終日。1000㍍とマススタートが行われ、法大からは合計6名が出場した。1000㍍では昨年3位に入り、今年も表彰台の期待が懸った藤野裕人(文4)であったが、結果は振るわず12位。マススタートでは、昨年準優勝の三輪準也(営4)が出場するも、まさかの転倒。最終日は厳しい結果となった。...
sbc-22-2
2015年10月24日 スピード

【スピード】SBC杯第22回全日本スピードスケート距離別選手権大会 2日目 大竹が3000㍍で見事優勝を果たす!

大会2日目は、1500㍍と3000㍍が行われた。法大からは1500㍍に5名、3000㍍に2名が出場した。3000㍍ではルーキーの大竹拓三(文1)が自己ベストを更新し、見事優勝。1500㍍では、藤野裕人(文4)が健闘を見せ6位に入った。...
sbc-22-1
2015年10月23日 スピード

【スピード】SBC杯第22回全日本スピードスケート距離別選手権大会 1日目 結果振るわず…明日へ期待!

ついに幕が開けたSBC杯第22回全日本スピードスケート距離別選手権大会(距離別)。今年最初となるこの大会は、ワールドカップおよびジュニアワールドカップの選考も兼ねており、日本トップレベルの争いが繰り広げられる。 大会1日目は、500㍍と5000㍍が行われ、法大からは5000㍍に三輪準也、佐藤裕斗、大竹拓三の...
2015-06-28-12-13-24
2015年10月16日 スピード

【スピード】「シーズン開幕直前特集」寮インタビュー ~長距離編~

ついにシーズンが開幕する。昨シーズンは日本学生氷上競技選手権大会(インカレ)を見事優勝で飾った、法大スケート部スピード部門。今シーズンは初のインカレ連覇に向け歩み始めている。今回は新体制となったメンバーに今シーズンの抱負、そして日々の練習や寮生活について語ってもらった。...
2015-06-28-12-05-22
2015年10月16日 スピード

【スピード】「シーズン開幕直前特集」寮インタビュー ~中距離&マネ―ジャー編~

ついにシーズンが開幕する。昨シーズンは日本学生氷上競技選手権大会(インカレ)を見事優勝で飾った、法大スケート部スピード部門。今シーズンは初のインカレ連覇に向け歩み始めている。今回は新体制となったメンバーに今シーズンの抱負、そして日々の練習や寮生活について語ってもらった。...
2015-06-28-11-37-52
2015年10月16日 スピード

【スピード】「シーズン開幕直前特集」寮インタビュー ~短距離編~

ついにシーズンが開幕する。昨シーズンは日本学生氷上競技選手権大会(インカレ)を見事優勝で飾った、法大スケート部スピード部門。今シーズンは初のインカレ連覇に向け歩み始めている。今回は新体制となったメンバーに今シーズンの抱負、そして日々の練習や寮生活について語ってもらった。...
87-4
2015年01月11日 スピード

【スピード】第87回日本学生氷上競技選手権大会最終日 王座奪還で2年ぶりの優勝!!

ついに歓喜の瞬間が訪れた。大会最終日、リレーで専大に勝てば優勝が決定という場面。リレーに出場した4選手は見事なまでの滑りを見せ、完勝。この瞬間に法大の総合優勝が決まった。続くチームパシュートでも1位を獲得し、文句なしの総合優勝で今大会を飾った。...
87-3
2015年01月08日 スピード

【スピード】第87回日本学生氷上競技選手権大会3日目 首位キープし、優勝に王手をかける!!

大会3日目は1500mと10000mが行われ、法大からは4名が出場。1500mでは三輪準也が連日の準優勝を果たす。また、3日目は出場選手全員が入賞を果たし51点を稼ぎ出す結果となり、2位専大との点差を17点とし首位をキープしている。...
87-2
2015年01月07日 スピード

【スピード】第87回日本学生氷上競技選手権大会2日目 三輪5000m準優勝。法大首位浮上!!

大会2日目は1000mと5000mが行われ、法大からは6名が出場。5000mでは三輪準也(営3)が準優勝、1000mでは藤野裕人(文3)が3位と連日の表彰台を飾った。出場選手6名中5名が得点を稼ぎ出し、2位と29点差をつけ首位へと躍り出た。...
87-1
2015年01月06日 スピード

【スピード】第87回日本学生氷上競技選手権大会1日目 藤野・阿部が躍動!総合2位で初日スタートを切る!

ついに幕を開けた、第87回日本学生氷上競技選手権。初日は500mのみが行われ法大からは大槻貴弘(法4)、藤野裕人(文3)、阿部啓吾(営1)の3名が出場した。藤野が表彰台に上り3位、阿部が4位入賞を果たし上々の滑り出しとなった。...
34-2
2014年12月13日 スピード

【スピード】第34回全日本学生スピードスケート選手権大会 2日目

第34回全日本学生スピードスケート選手権大会2日目。1日目終了時点で表彰台圏内にいる三輪と中村は2日も勢い衰えず、三輪はAR(総合)部門優勝、中村はSP(スプリント)部門で準優勝を飾った。...
34-1
2014年12月12日 スピード

【スピード】第34回全日本学生スピードスケート選手権大会 1日目

SP(スプリント)部門とAR(総合)部門に分かれて全国の大学生がタイムを争う今大会。法大からはSP部門に大槻・阿部・中村隼、AR部門には佐藤・三輪・矢島が出場した。...
2014-09-19-00-57-03
2014年07月08日 スピード

【スピード】寮取材 短距離&距離兼任編

昨年の日本学生氷上競技選手権大会(以下インカレ)で創部以来初の優勝を収めた法大スケート部スピードスケート部門。しかし、今年のインカレでは一転、2部転落が決まり悔しい思いをした。逆襲に燃える彼らは、普段どのような生活を送っているのだろうか。部員の住む流山寮を訪問し、練習風景を見せていただいた。さらに練習後は距離...

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み