来季へ向け課題克服へ 第10回エムウェーブスピードスケート競技会/スピード

2012年2月17日(金)~19日(日)
第10回エムウェーブスピードスケート競技会
会場:M-wave 長野市オリンピック記念アリーナ 

今年度のシーズンが終わりを迎えた。中学生から社会人まで幅広い年齢層の選手が揃った今大会。法大からも5名が出場し今季の集大成を見せた。

競技を引退する天野

試合結果

個人成績(1日目)

種目順位選手名タイム
男子1000m 6位 大槻 貴弘 1分14秒99
  7位  高村 潤 1分15秒08
  17位  奥原 綱希 1分15秒79
  35位 天野 拓也 1分18秒11
  59位 武藤 久和 1分21秒47

個人成績(2日目)

種目順位選手名タイム
 男子500m 8位  奥原 綱希 36秒92
  28位  天野 拓也 38秒42
  34位 武藤 久和 39秒30
 男子1500m 8位 大槻 貴弘 1分54秒88
  11位 高村 潤 1分55秒29

各々のシーズンラスト

 初日男子1000mでは大槻(法1)、高村(法3)がそれぞれ6位、7位と好成績。大槻はジャパンカップにも出場し、2日間で3レースをこなした。持ち味のスピードを十分に生かすため夏場の体力強化を課題に挙げた。高村は自己ベストを更新しながらも目標の14分台には届かず「実力不足」と話した。来シーズンはスピード部門のキャプテンを務める。「実力も様々なチームだと思うんで一人一人が自分の目標に向かってやって、その結果がチーム全体の成績につながっていけば」と抱負を述べた。
 及川(大和ハウス)、長島、加藤(共に日本電産サンキョー)ら有力選手が揃った男子500mで8位に入ったのは奥原(営1)。地元長野でのレース開催となった。「いいレースになりました」と本人も納得の自己ベストをマーク。来季の成長に期待したい。
 また500m、1000mに出場した武藤(文2)は満足のいくタイムではなかったようだが、調子のよくない中での結果には合格点を出した。「もうちょっと夏に練習して来年も頑張りたい」と来季に向け意気込んだ。

縁の下で支えた2年間

 全日本学生選手権、インカレなどの大会で式の進行、司会等をスーツ姿で仕切る選手がいた。このレースで競技人生を終えた4年生の天野(営4)だ。学連の理事長を務めていたために、選手としてレースに出場しながら大会運営のサポートも行っていた。二足の草鞋をはいた競技生活は大変に違いなかったが、「誰かがやらなきゃけない」と責務を全う。今大会では約1週間前にインフルエンザにかかり、練習も十分にできてない状態で臨んだが、このレースこそが自身の印象に残るレースとし、「楽しかった」と笑顔で語った。

選手コメント

高村潤

―今日のレース振り返って
もう練習不足のことはわかってたので、全然出ないなっていうのはわかってたんですけど、途中までは理想通りのラップだったんですけど、練習不足が響いて最後もたなくなってしまったんですけど。

―練習不足というのはテストなどでしょうか
そうですね、テストの時に一回空いちゃって、体力一気に落ちてしまったので、ちょっと戻すのが大変で。

―今日はどういう展開を狙って
力みすぎずゆっくりすぎず、落ち着きながらもいいラップで刃入れたらなと思って、まあその通りにはいったんですけど、いかんせん実力不足でしたね。

―昨日の1000mに関してはいかがですか
一応1分14秒台狙ってやったんですけど、15秒0ってことで、ベストはベストだったんですけど目標にはいかなかったということでちょっと悔いが残るレースでした。

―ベストというのは今シーズンでしょうか、自己ベストでしょうか
自己ベストですね。

―今シーズン全体を振り返ってみていかがですか
なかなかちょっと勉強とかでいつもの年よりは練習できないと思ったんですけど、逆にその分レースとかではあまり金長せず、だめもとじゃないですけど、逆にいい結果がでたシーズンだったかなと思います。

―今年見つかった課題などはありましたか
細かいところでスケーティングとか体力面とかいろいろあるんですけど、やっぱ一番思ったのはそのレースでの持っていき方とかメンタル面ですね。そこらへんが今まで弱かったのかなとうこともあって、もっとリラックスしながらもモチベーションをあげれるようなレースへの持っていき方をできればいいなと思ってます。

―来シーズンはキャプテンということですがどんなチームにしていきたいですか
実力も様々なチームだと思うんで一人一人が自分の目標に向かってやって、その結果がチーム全体の成績につながっていけばいいなと。あとはみんなで仲良くやっていきたいなと思います。

―前キャプテンの成光さんから何かアドバイスは
来年1年生の実力者が入ってくるということでまとめるのは大変だと思うけどって話はしたんですけど、そうですね。まあ大変だとは思うんですけど、困ったことがあったら成光さんにも相談しながら頑張っていきたいと思います。

大槻貴弘

ー今日のレースを振り返って
ラップは始め頑張っていいラップが出たんですけど、後半に大幅に落ちてしまったのでそこが課題だと思ったレースでした。

―積極的なレース展開でしたが狙っていったんですか
はい。始めに突っ込むのが自分の滑りなんで。

―調子は
調子は結構良い方だと思います。

―昨日の3000mはどうでしたか
昨日は午前中にもレースがあって、一日2レースは辛くてやっぱり落ちてしまいました。

―インカレのパシュート3位はどうでしたか
思った以上に滑れてよかったです。

―今季を振り返って
前半より後半のほうがだんだん調子が上がってきて、やっぱり体力がないってところが見つかりました。

―来季の目標
体力をつけて、前半は速いのでそのスピードが持つようにする練習をしていきたいと思います。

奥原綱希

―今日のレースを振り返って
今日のレースは今までで一番速いタイムだったんで、ちょっと嬉しいです。

―狙っていたレース展開は
100mでリードするはずだったんですけどそれが叶わなかったので、インコーナーを頑張ってアウトコーナーで抜かされないようにちゃんと抑えていけたらなと思って、それが成功したのでいいレースになりました。

―見えた課題は
スタートでもうちょっと噛ませて走れたらこれよりももっといいタイムでいけるんじゃないかと思いました。

―地元でしたが気持ちなどに変化はありましたか
特にないです。でも、大会とかずっとやってなくて感覚がわからなかったんですけど、逆にそれが良くなって緊張もあんまりしなくてできたのでよかったのかなと思います。

―エムウェーブではよく練習していましたか
高校が長野市だったのでずっと練習していて、感覚があるのでいけました。

―今季を振り返って
前半調子良くてだんだん悪くなって・・・。インカレの時にピークを持っていけなかったので、そこは来年の課題として。でも、この調子をまた来年につなげていきたいです。

武藤久和

―今日のレースを振り返って
インカレの後テスト期間に入ってて練習があまり出来ない中だったんですけど、それにしてはよかったかな。

―どんなレース展開を狙っていきましたか
もうちょっと100mを頑張りたかったんですけど・・・。100mはもともと得意ではないんでそこが課題だったんですけど、後半の400mの方はまあまあ良かったんじゃないかと思います。

―調子はどうでしたか
今はあまり良くないですね。

―今季を振り返って
今シーズンは夏の段階で練習が変更して後半までやってこられたんで、来年はもうちょっと夏に練習して来年も頑張りたいです。

天野拓也

―今日のレースを振り返って
楽しく滑れました。一週間前インフルかかっちゃってて。

―では調子はよくなかったんですね
調子もなにもないですね。(笑)練習してないんで。楽しかったです。はい。

―今シーズン全体振り返って
今年は就活が重なってて全然練習してなかたんですけど、最後の年なんでチームがよくなるようにサポートしつつやってたんでよかったです。

―大学最後のレースでしたが、法政の4年間いかがでしたか
楽しかったですね。みんなでわいわい…そんなに厳しい大学じゃないんで、上下関係とかも。だからわいわいできて楽しかったです。楽しく練習して自由に伸びるっていう。本当に楽しかったです。

―印象に残っているレースは
今日ですね。引退レース。最後まで全然でしたけど。最後まで思い切って楽しく滑れたんでよかったです。

―学生選手権やインカレでは役員側にいらっしゃいましたが
あれは学連っていう団体です。やらされてた感はあるんですけど一応理事長で、大会運営しなきゃいけない立場で。大会も出なきゃいけない立場だったんで大変だったんですけど。

―いつ頃からやっていたんでしょうか
2年生から持ち回りで最初やっていたんですけど、やっているうちに役職に就かされました。(笑)

―選手と学連理事長ということで苦労したことは
大会で監督会議とかも出なきゃいけないんでそれが大変でした。ずっとリンクにいる上でレースもしてたんで。タイムは出ないですけど、誰かがやらなきゃいけないんでやってましたね。

―今後は競技は続けられますか
いや、全然。仕事します。社会人になります。

―では卒業後の抱負を
OBになるので、大会とかあったら応援とかしにきたいですね。あと今まで遊んでたのでしっかり働いて親孝行したいです。迷惑かけてるんで、両親には。

―同期の4年生に対して思うことは
いやー、あいつら大好きっすよー。ほんと良かったです。法政で良かったです。それはもうずっと思います。

―後輩のみなさんはいかがでしたか
後輩たちも面白かったですよ。いじめてたんですけど。いじめに耐え抜いてくれて。(笑)楽しかったです。不貞腐れずに、面白かったですよー。(笑)また来年インカレ…今年ちょっとだめだったんですけどね。来年いい1年生入るんで上になってくれればOBとして嬉しいんで、がんばってほしいですね。 

 
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み