中村が大会初のスプリント部門3連覇達成! 第32回全日本学生選手権<スプリント部門>/スピード

2012年12月6日(木)~7日(金)
第32回全日本学生スピードスケート選手権大会
群馬県立総合スポーツセンター伊香保リンク

リンクコンディションにより変則的な日程となった今大会。
普段以上に体力面、精神面の負担が予想されたが、スプリント部門では中村駿佑(営3)が学生王者の貫録を見せつけた。

ガッツポーズを決める中村

試合結果

 単種目成績

<スプリント部門>

種目成績選手名記録備考
男子500m(1本目) 1位 中村 駿佑 38秒39  
3位 小林 諒 39秒11  
24位 上田 兼規 40秒07  
33位 奥原 綱希 40秒43  
男子1000m(1本目) 1位 中村 駿佑 1分12秒46  
18位 小林 諒 1分15秒85  
33位 上田 兼規 1分17秒74  
38位 奥原 綱希 1分19秒15  
男子500m(2本目) 2位 中村 駿佑 36秒72  
10位 小林 諒 37秒67  
21位 奥原 綱希 38秒19  
26位 上田 兼規 38秒51  
男子1000m(2本目) 1位 中村 駿佑 1分11秒39 大会新
19位 小林 諒 1分15秒89  

スプリント部門個人総合成績

種目順位点数選手名
SP男子 1位 147.035 中村 駿佑
  14位 152.650 小林 諒

SP…スプリント部門。500mと1000mを2日間にわけて2本ずつ走り、4本の合計で総合優勝を決める。
 

 1日目。早朝の伊香保は大会が始まる前まで雨が降っており、リンクの状態が悪くなっていたが、そのままレースは始まる。スプリント部門500m(1本目)は強風と状態の悪いリンクのせいか法大含めどの選手も記録が伸びない。自己ベスト35秒台をもつ法大のエース中村でさえ38秒台。数字は良くなかったが、順位は1位で3位の小林諒(営4)とともに表彰台にのぼった。その後スプリント部門では1000㍍も行われる予定だったがリンクのコンディションが再び悪化。他3種目は翌日に持ち越しとなる。

 2日目に行われた500㍍(2本目)は惜しくも下向(東洋大)に敗れ2位に終わるが、1000mは二本とも1位で揃えスプリント部門総合優勝に輝く。特に2本目の1000mはリンクレコードと大会記録を更新する快走。学生の中でも格の違いを示した。また今回の優勝でスプリント部門では大会初となる3連覇を飾った。

選手のコメント

中村駿佑

―二日間振り返ってみていかがですか

いやー、一本落としたのは痛いです。スラップ(スケートのかかと)がはまっちゃって抜けなくてノーマルスケートだったんで仕方ないです。アクシデントです。

—競技中断が何度かあって、やりづらさもあったと思いますが

そうですね。気持ちが昨日の(中断)で切れてたんで、立て直すのが大変でした。

—こういうことって結構あるものなんでしょうか

ないです。3歳からスケートやってますけど初めてです。
もともとこの大会には合わせてなかったんですけど、ナイターで条件も良さそうだったしスピード出てる感じするんでいけるかなと。

—ジャパンカップでも現在トップですし調子良さそうですね

みんなに調子いいねって言われるんですけど、練習した成果が出てるだけなんで普段通りです。

―今後修正していきたい点などは

いまのところとくにないです。練習通りの滑りができれば代表にもなれるかなって思うんで。世界で一番滑るリンクでやるらしいんで(年末の全日本スプリントは)狙って行きます。

—インカレはいかがですか

そこはあまり狙ってません。(笑)
普通に滑ります!

—今年はチームとして部門優勝も狙える位置にいると思いますが

はい、そうですね。そこは。今一番法政大学が乗ってると思うんで。
まあでもそんな狙わずに、みんな普段通り滑れれば勝てると思います。

小林諒

―今大会を振り返って
今大会は変則的な日程でなかなかハードなものとなりました。そのなかで自身なりにベストを尽くせたと思います。500mは運が良かったです。

―夏はどんなことを取り組みましたか
やる時とやらない時のメリハリをつけ、トレーニング一つ一つを集中した。

―課題は見つかりましたか
モチベーションを保つことです。

―インカレに向けてお願いします
部として総合優勝できるように、少しでも貢献できるように、考え行動したいです。

奥村綱希

―今日のレースを振り返って
1000mはボロボロでした。

―調子はどうでしたか
前回の大会から期間が空いたのでちょっと感覚もなくて、よくわからなかったんですけど、1000mで一応感覚つかんで500mでここ最近でいいタイム出せたんで良かったと思います。

―昨日と今日でリンクの走りやすさは変わりましたか
かなり変わりました。昨日と今日じゃ根本的に違いました。

―昨日の分が繰り越され体力的に問題はありましたか
1000mは昨日の疲れを感じたんですけど、500mではいい感じに足が動いてくれたので良かったです。

―課題は見つかりましたか
だいたいの感んじはつかんだので、あとは姿勢を低くするとか膝を曲げるとか基本的なことを改善すればもっといいタイムが出ると思います。

―今シーズンの目標を教えてください
学生とかでいい記録をだして選抜大会に出れるように頑張ろうと思ったんですけどダメでした。インカレも危ういので、リレーとかでチームに貢献できたらなと思います。

―夏に意識して取り組んだことは
姿勢の低さとか基本的なことと、体力重視の練習もけっこうがんばってきました。

―では姿勢のことは今大会には生かせなかったと
でも意識するより、大会を重ねるごとにうまくなっていけばいいと思っているので。この大会も踏み台ににして次につなげたいと思います。

上田兼規

―今日のレースを振り返って
1000mベストだったので良かったです。

―去年と比べてタイムが伸びましたよね
そうですね、よくなりました。

―500㍍は昨日と今日でタイムの差が大きかったですが
昨日は氷がダメだったり、風が強かったのでそこの関係ですかね。

―日が暮れて気温もだいぶ下がりましたが、レースに影響はありますか
いや普段から昼も夜も練習をしているので、夜だから滑りづらいとかはないですね。

―1日目はレースが中断になり4時間も間が空きましたが、どのように過ごされましたか
1000㍍の準備をしていたんですけど、延期が決まったので一回宿舎に戻って仮眠して、靴のメンテナンスをしてって感じですね。

―シーズンはもう開幕していますが、今シーズンの目標を教えてください
個人としてはベストを出すことが目標だったので、とりあえず今日出したんですけど。でもまだまだ上を目指してタイムを伸ばしていきたいです。団体としては、強い一年生が入ってきたんで(インカレ)総合優勝ですね。

―インカレに向けての目標を教えてください
自分は出れるかわからないんですけど、自分自身しっかり準備して,出れなくてもしっかりサポートしていきたいですね。

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み