チームで勝負!暫定1位で折り返し 第85回全日本学生氷上競技選手権大会2日目/スピード

2013年1月6日(日)~9日(水)
第85回日本学生氷上競技選手権大会
会場:栃木県日光市霧降スケートセンター

大会二日目は5000mと1000mが行われた。調子が上がらない選手も多いが、それを全員でカバーする団結で、法大スピード部の総合力を見せつけた。

5000mで優勝した三輪

試合結果

種目成績選手名記録備考
男子1000m 2位 中村 駿佑 1分13秒06  
3位 藤野 裕人 1分13秒86  
13位 大槻 貴弘 1分15秒72  
男子5000m(QS) 1位 三輪 準也 6分56秒11  
13位 佐藤 裕斗 7分17秒61  
17位 小林 周平 7分20秒57  

5000mでは、世界を経験した三輪準也(営1)が、調子が悪いながらも貫禄の滑りを見せ1位に輝く。一方で、全日本学生選手権で準優勝した佐藤裕斗(営1)がまさかの乱調。リンクとの相性の悪さが影響し、思うようなスケーティングができないまま13位に沈んだ。「チームに貢献したい」と意気込んだ小林周平も、3000mを越えたあたりから徐々に疲れが見え始め後半に失速。ポイント獲得はならなかった。
 それでも1000mのメンバーが奮起する。前日と同様に調子が上がらない中村駿祐(営3)だったが「佐藤の不調をカバーしようと思った」と2位を死守。藤野裕人(文1)も3位で続き5000mでこぼしたポイントを取り返した。
 総合対校得点では現在2位の日大に21点の大差をつけ法大がトップ。「記録よりも(総合の)順位」と話す中村。個々の能力だけでなく、チーム力で挑む法大が、部門優勝を確実に引き寄せた。(上田康太郎)

http://sports-hosei.net/img/share/bg_h2.png); background-attachment: initial; background-origin: initial; background-clip: initial; background-color: initial; background-position: 0% 50%; background-repeat: no-repeat repeat; ">選手コメント

http://sports-hosei.net/img/share/bg_h3_result.png); background-attachment: initial; background-origin: initial; background-clip: initial; background-color: initial; color: rgb(102, 102, 102); background-position: 0% 0.25em; background-repeat: no-repeat no-repeat; ">三輪準也(経1)

―今日のレースを振り返って

ほっとしました。昨日500mで法政がぶっちぎってポイントを取ってくれたので、少し気持ちが楽でした。

―タイムについてはどうですか

良くやったと思います。自分を誉めてあげたいです。

―6分台のタイムというのは狙っていましたか
自分に回ってきたとき6分59秒が1位で、個人戦より団体の戦いなので、そこは絶対勝たなきゃなという気持ちがあって前半からとばしていきました。そのまま逃げ切ることができたので良かったです。

―調子はどうでしたか

最悪でした。ずっと最悪で来てて。ワールドカップ出場決まってから世界との差を見て自分が情けなくなって、そこから何か変えようと思ったんですけどうまくいかなくて、どんどん調子が落ちました。

―1500mに向けて

ベストを尽くせるように頑張ります。今までで一番小さい大会なんですけど、代表として恥ずかしくない滑りができたらいいなと思います。

―ジュニアワールドカップの感想をお願いします

ジュニアではだいぶ世界との差が縮まってきてる感じがしました。ただジュニアからシニアになった時一気に差があり、そこには何か世界との差があると思うのでそこを見つけていきたいと思います。

―全日本選手権の感想をお願いします

まさか優勝しちゃったよという感じで。狙ってたわけではないです。このインカレに向けて、短距離選手なんで自分、長距離練習しておこうかなって軽い気持ちで出たんですけど。時差ボケもあって、でも結構調子良くて優勝しちゃいました。

http://sports-hosei.net/img/share/bg_h3_result.png); background-attachment: initial; background-origin: initial; background-clip: initial; background-color: initial; color: rgb(102, 102, 102); background-position: 0% 0.25em; background-repeat: no-repeat no-repeat; ">佐藤裕斗(営1)

―レース振り返って

スケーティングが定まらなくてスピードに乗れませんでした。

―コース自体は伊香保と比べていかがでした

滑りづらいです!(笑)コースが斜めになってるんですよ。斜めっていうことを意識しすぎちゃって、ちょっとスケーティングの重心の位置がずれてたりして。

―どのようなレース展開を狙っていましたか

今日は(ラップを)キープできたらいいなとは思ってたんですけど、滑りに伸びがなくて、どんどんラップが落ちてきてしまって。

―最近の調子はいかがだったんですか

悪いです。(笑)

―明日は10000mが控えていますが

10000mの方が得意種目としてやってきてるので、明日はしっかり滑りたいと思います!

http://sports-hosei.net/img/share/bg_h3_result.png); background-attachment: initial; background-origin: initial; background-clip: initial; background-color: initial; color: rgb(102, 102, 102); background-position: 0% 0.25em; background-repeat: no-repeat no-repeat; ">小林周平(文2)

―今日のレースを振り返って

6周まではよかったんですけど。そこを過ぎてから足にきて、我慢できずラップをキープできなかった点が、良くなかったかなと思います。

―全日本選手権と比べてタイムが17秒縮まりましが、その要因は

伊香保の時はリンクが溶けていて走りづらかったからです。

―今日のリンクはどうでしたか

風は強かったですけど、滑らないリンクではないと思います。

―インカレ優勝に向けて選手同士でどんな雰囲気ですか

みんな自分が滑らない時は全力で応援したり、サポートがしっかり出来ています。

―残る10000mに向けてお願いします

足にきて辛いのは5000通過だと思うんですけど、どれだけラップを落とさず滑り切るかが課題だと思います。

http://sports-hosei.net/img/share/bg_h3_result.png); background-attachment: initial; background-origin: initial; background-clip: initial; background-color: initial; color: rgb(102, 102, 102); background-position: 0% 0.25em; background-repeat: no-repeat no-repeat; ">中村駿佑(経3)

―今日のレースを振り返って

調子悪いなりに頑張ったと思います。自分なりに。

―昨日の悪かった状態から修正はしましたか

してないです。でも(1位の大和田真・北翔とはタイムが)いつも同じくらいで、アウトスタートだったんで最後カモられるなって思ってたんで、(2位の結果は)予想通りではあるんですけど。でも予想より離れずにゴール出来たので良かったです。それなりのタイムなので、悪いなりにまとめられたと思います。まあW杯までまだ2週間近くあるんで、そこまでに修正してなんとかって感じですね。
総合優勝できるようにチームでカバーして、っていうモチベーションでみんな来てるので。今日は佐藤が残念だったんで、藤野と二人で「カバーしよう」って話して1000に臨みました。二人で表彰台乗れたんでカバー出来たかなと思います。個人の成績としては悔しいですけど、昨日同様にやりきってこの結果なんで。次につながるように頑張りたいです。リレーもあるんで、チームのために、いい流れで滑りたいです。

―リレーで学生新記録は狙えそうですか

あー。リンクの状況によるんじゃないんですかね。昨日の二本目くらいの硬さなら出ると思うんですけど。まあ(個人の)記録よりも順位を重視して初優勝できるように頑張りたいです。

http://sports-hosei.net/img/share/bg_h3_result.png); background-attachment: initial; background-origin: initial; background-clip: initial; background-color: initial; color: rgb(102, 102, 102); background-position: 0% 0.25em; background-repeat: no-repeat no-repeat; ">藤野裕人(文1)

―レースを振り返って

速い人たちが後の組にいたので、ちょっとでもプレッシャーになるようなタイム出せればなと思っていました。でも3位まで残れて、昨日(昨日の取材時)2人で表彰台乗るって言っちゃったんで実行できて良かったです。(笑)


―タイム的にはどうでしたか

タイムは遅かったんですけど、でも全部出しきったので、まあこんなものかなって感じで。

―昨日と比べて調子はどうでしたか

昨日よりかはまだ体動いていたので良かったです。

―リレーに向けてお願いします

今、なんだかんだ法政短距離調子良くて、今日優勝した三輪もいるので、明日練習していいところ見せれるように頑張りたいです。

http://sports-hosei.net/img/share/bg_h3_result.png); background-attachment: initial; background-origin: initial; background-clip: initial; background-color: initial; color: rgb(102, 102, 102); background-position: 0% 0.25em; background-repeat: no-repeat no-repeat; ">大槻貴弘(法2)

―今日のレースを振り返って

緊張してしまいました。緊張して、力んでしまって…。
自分なりに速いタイムで入れて、でもその代わり後半がバテてしまって。
1500mを頑張ろうと思ってるので、明日、頑張ります!

 
 
 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み