【スピード】第86回日本学生氷上競技選手権大会3日目

第86回日本学生氷上競技選手権大会
2014年1月6日(月)~9日(木)
明治北海道十勝オーバル

インカレも3日目を迎え後半戦に突入。男子1部の1500mは矢島友喜(営1)、大槻貴弘(法3)、武藤久和(文4)、10000mには佐藤裕斗(営2)、小林周平(文3)が出場した。

矢島は1500mで7位に入賞

試合結果

種目成績選手名記録
 1500m 7位  矢島友喜  1分54秒69
8位 大槻貴弘  1分56秒03
19位 武藤久和  2分04秒46 
10000m 8位  佐藤裕斗  14分31秒90 
19位 小林周平  15分31秒12 

1部順位表

順位大学500m1000m1500m5000m10000m合計得点
1位 専修 0 10 16 14 19 69
2位 日本 19 8 4 0 0 31
3位 明治 5 0 0 5 8 18
4位 早稲田 0 7 7 2 0 16
4位 山梨学院 1 0 0 7 8 16
6位 日本体育 0 0 6 8 0 14
7位 法政 4 5 3 0 1 13
7位 北翔 7 6 0 0 0 13

※1位…8点、2位…7点、3位…6点、4位…5点、5位…4点、6位…3点、7位…2点、8位…1点

戦評

 1500mが「1番好き」と話す矢島が自己ベストを記録して7位に入賞。大槻も、昨年と比べ順位とタイム共に下回ったが、8位に食い込み、2人で対抗得点3点を稼いだ。10000mに出場した佐藤は4000m地点まで好タイムを維持していたが、それ以降は徐々にラップタイムを落としてしまう。それでも、昨年より1分弱タイムを縮め、8位でインカレ初入賞を果たした。一方で小林は、比較的タイムが出にくい昨年の屋外リンクの結果よりも低調に終わり、悔しい最下位に沈んだ。
 大会最終日となる9日は2000mリレーとチームパシュートが行われる。3日目終了時点で北翔大学と最下位で並んでいる法大は、どちらかの種目で入賞することが、1部残留を決めるための絶対条件だ。(山崎美香)

選手コメント

矢島友喜

ー今日のレースを振り返って
タイム的にはベストで良かったんですけど、屋内だったので53秒くらい出したかったです。そこが残念です。

ー53秒台を出すためにどういったことを改善していきたいですか
1周目のラップを0.5秒くらい上げて、上がりのラップを30秒くらいに抑えたいなと思います。

ー今日はどのようなレース展開を目指しましたか
全力でやろうと思いました。

ー自己ベストを出せた要因は
体もわりかし動いて、700mで相手の人を追えたのでそれも一つです。足も動いて最後まで止まらなかったので、それが良かったです。

ーリンクの感触は昨日と変わりましたか
特別は変わってないです。

ー明日のリレーとパシュートに向けて
あと1点ちょっとあると1部に残れるので、全力で向かっていきたいと思います。

 
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み