【スピード】SBC杯第21回全日本スピードスケート距離別選手権大会 2日目

SBC杯第21回全日本スピードスケート距離別選手権大会
2014年10月24日(金)~26日(日)
長野県エムウェーブ

距離別選手権2日目は500mと3000mが行われた。法大からはそれぞれ2名ずつ出場した。日本トップレベルのスケーターが集まる中、どこまでくらいついていけるのかー。

2本とも35秒台と安定した滑りを披露した中村駿

試合結果

個人成績

種目順位選手名タイム

500m

 8位   中村駿佑    71秒937(①35秒964 ②35秒973) 
 20位  中村隼人   73秒419(①36秒655 ②36秒764)
3000m 16位  矢島友喜  4分05秒97 
25位   大槻貴弘  4分30秒83

戦評

 大会2日目は500m、3000mが行われた。法大からは中村駿佑(営3)、中村隼人(営1)が500m、大槻貴弘(法4)、矢島友喜(営2)が3000mにそれぞれ出場した。
    法大のエースとして、期待のかかった中村駿だったが思うような結果が出ず、昨年の8位から順位を上げることができなかった。しかし、2本とも35秒台と安定感のある滑りを見せてくれた。明日の1000mでは表彰台入りに期待したい。ジュニアワールドカップ出場を目指した中村隼は本職ではない500mに出場し、結果は18位。タイムを見ると、専門種目でないにも関わらず2本とも36秒台を記録しており、能力の高さを見せてくれた。3000mには、法大勢で今大会唯一の4年生である大槻と昨年大きく成長を遂げた矢島が出場。それぞれ、16位、25位という納得のいかない結果に終わったが、今日のレースを生かして最終日に臨んで欲しい。
    明日(最終日)は、1000m、5000m、そして今年からの新種目・マススタートが行われる。今大会にエントリーしている法大の選手全員はいずれかの競技に出場予定であるため、どの種目からも目が離せない。「自分の中では納得のいかないレースだった」と矢島が話すように、2日目を終えた段階でほとんどの選手は本来の力を出し切れていないだろう。明日、各々が真の実力を発揮した滑りを見せてくれることに期待したい。(八木下伸一)

選手コメント

大槻貴弘

ー今日のレースを振り返って
あの(レースの)通りだと思います。

ー調整がうまくいかなかったのでしょうか
そうですね。就活をしてて夏ずっと練習をしていなかったので、ここ一カ月追い込んで臨んだレースでこのようなかたちになりました。

ー就活は終わりましたか
はい。地元の会社に就職します。

ー今日の3000mにはどのような意気込みで臨みましたか
4年生で最後の年なので、最後にふさわしいというか、きれいに終われるようにできる限り頑張ろうという気持ちでした。

ー久しぶりのレースで緊張はされましたか
あまりしなかったです。

ー今日のレースで見つかった課題は
課題はたくさんあるんですけど、練習不足っていうのがすごくあります。

ー一カ月の練習期間はは足りなかったですか
そうですね…足りなかったです。

ー明日はマススタートに出られますが
見せ場を作れるように頑張りたいと思います。

矢島友喜

ー今日のレースを振り返って
もう笑うしかないですね。とても悪いです。昨日よりも体は動いてないし、思ったより足がスムーズに動かせなかったので、相手にも置いてかれて、バタバタしてしまいました。自分の中では納得のいかないレースだったかなと思います。

ー昨日に比べて緊張は
アップの時点ではなかったんですけど、やっぱり氷に乗ったら雰囲気に飲まれて緊張しちゃいましたね。

ー今日のレースには、どのような意気込みで臨まれましたか
ベストが4分1秒なので、それが出れば良かったんですけど…。まだ届かず、改善点がいっぱいあるなと思います。

ー具体的にどのような改善点が見つかりましたか
もうちょっとハイラップで止めなきゃいけなかったかなと。コーナーの入口で休んじゃう癖が抜けていないので…。そのサボり癖というか、突っ込んでいかなければいけないところで溜めてしまっても、どうしても最後足が動かなくなるので、そこで使うというような感じですかね。

ー昨日も今日も後半での追い上げが見られましたが、そこは意識されていましたか
本当はもうちょっと最初から行ければ良いんですけど…。足をフル回転させて皆さんを楽しませられたならそれでいいかなと。笑うしかないですね。

ー5000mではなく、3000mに出場された理由は
この競技会は権利制なので、権利を取れていないと出れないです。自分は5000mはあんまり得意じゃなくて、権利がなくて出れてないです。

ー明日のレースに向けて
マススタートといって、19人が一斉にスタートする16周レースに出るんですけど、初めて出る種目なので、トップの選手たちに少しでも長い間ついていられるように頑張ります。最後に足が残っていれば、今日みたいに最後追い上げられるようなレースにできたらなと思います。

 
 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み