スケート
 

【スピード】第34回全日本学生スピードスケート選手権大会 1日目

第34回全日本学生スピードスケート選手権大会
2014年12月11日(木)~12日(金) 
群馬県立総合スポーツセンター伊香保リンク

SP(スプリント)部門とAR(総合)部門に分かれて全国の大学生がタイムを争う今大会。法大からはSP部門に大槻・阿部・中村隼、AR部門には佐藤・三輪・矢島が出場した。

1000mを1位で飾った中村

試合結果

SP(スプリント)部門

種目順位選手名タイム
500m① 5位 中村隼人 36秒63
6位 阿部啓吾 36秒66
36位 大槻貴弘 38秒59
1000m① 1位 中村隼人 1分13秒73
27位 大槻貴弘 1分19秒16
28位 阿部啓吾 1分19秒31

※SP部門…500mと1000mを2本ずつ滑り、その合計タイムで争われる。

AR(総合)部門

種目順位選手名タイム
500m 1位 三輪準也 36秒98
13位 矢島友喜 38秒78
23位 佐藤裕斗 39秒27
5000m 2位 三輪準也  6分57秒21
9位 佐藤裕斗  7分12秒62
10位 矢島友喜  7分15秒03

※AR部門…500m、1500m、5000m、10000mの計4本の合計タイムで争われる。

戦評

 競技1日目。午前中に行われたスプリント部門では500mと1000mがそれぞれ一本ずつ行われ、法大からは大槻貴弘(法4)、中村隼人(営1)、阿部啓吾(営1)が出場。大槻は普段は専門としていない短距離での出場であったが「思っていたよりは体が動いた」とまずまずの結果を残した。「今年は500m一つに懸けている」という阿部は自己ベストに近いタイムで6位に入り、選抜権を獲得。それにより軽井沢にて開催予定のジャパンカップ第4戦からの参戦資格を得た。先日行われたジュニアワールドカップ、ジャパンカップ第3戦共に好成績を収めた中村は500mで5位、1000mで1位となり1日目終了時点で2位。スプリント部門優勝に向け、上々の滑り出しとなった。
 雨の影響により開始が遅れた総合部門では、500mと5000mが行われた。法大からは三輪準也(営3)、佐藤裕斗(営3)、矢島友喜(営2)が出場。今シーズンも成長を見せる矢島は500mを13位、5000mを10位と短距離・長距離共に安定した滑りで明日につなげた。長距離をメインとしている佐藤は5000mで9位に入り、明日の10000mでさらなる活躍に期待したい。三輪は500mを1位、5000mを2位とそれぞれで表彰台入りを果たし、改めてスペックの高さを証明した。1日目終了時点をトップで折り返し、総合部門優勝へ大きく前進した。

 大会1日目は雨天によりリンクへの影響が心配された上、スケジュールに大幅な乱れが生じた。その中でもスプリント部門では中村が、総合部門では三輪が優勝の可能性を残して1日目を終えた。明日には両部門での表彰台に期待だ。(南高節)

スプリント部門選手コメント

大槻貴弘

―今日のレースを振り返って
雨だったので1000mはあまり気持ちが入らなかった部分があります。

―今大会への意気込みは
いつもは総合の方に出ているんですけど、今年は初めてSPに出ようと思って出たんですけど、あまり練習できていない割には身体は動いたと思います。

―SP部門に出場しようと思った理由は
特に理由はないんですけど、やはり体力がなくて5000mが滑れないのでSPに出ました。

―距離別選手権から一ヶ月半ほど期間がありましたが練習はできていましたか
授業の関係であまりできなかったです。

―少ない練習時間でどのような練習をしましたか
動きとかイメージトレーニングをしました。

―今大会の目標
滑り切ることです(笑)

―目標タイムはありましたか
低く目標タイムを設定していて、それよりかは速いタイムでいけました。

―500mと1000mではどちらが調子が良かったですか
1000mの方が動いたと思います。でも500mも100mの入りは速く入れたと思います。どちらも身体は動いたと思います。

―明日のレースに向けて
明日は今日よりも上のタイムを狙っていきたいと思います。

中村隼人

―今日のレースを振り返って
天候が悪くてどうなるかわからなかったんですけど、とりあえず先週のジャパンカップで優勝してその気持ちのまま臨めたので良いレースだったと思います。

―500mと1000mではどちらの方が調子は良かったですか
基本的には1000mの方が得意ですけど、今回は500mも結構良くて1000mも気持ち良く滑れたので、どちらも良かったと思います。

―雨の影響は
タイム的にはそこまで悪くないので、多分特に変わらないと思います。

―今大会への意気込み
大学生だけで行われる大会は初めての参加でした。とりあえず一本狙っていこうという気持ちと、インカレはほとんどこのメンバーで挑むのでインカレに向けてしっかり上に立って気持ち的に相手より優位に立てたらなと思って臨みました。

―ジャパンカップにはいつもどのような気持ちで臨んでいますか
シニアの方も一緒なので、優勝というよりかはシニアの人に一人でも勝ちたいという気持ちで、表彰台に登れれば最高だなと思っています。そこまで緊張しないで臨んでいます。これからのレースに向けて好記録を出せば自信にもつながるので、そういった意味ではしっかり気持ちを入れて取り組んでいます。

―ジュニアワールドカップの結果は
500mが3位、1000mが2位、1500mが4位で、チームスプリントは3人で行うんですけどそれは日本が優勝しました。色々なメダルを持って来れたので良かったです。

―今シーズンは調子が良いですか
そうですね、1000mに関しては昨年は波があったんですけど、今シーズンはずっと安定しています。しっかり安定してタイムが出るようになったので、その点は成長したかなと思います。

―1000mは最終組の滑走でしたがプレッシャーなどはありましたか
今年と昨年のベストタイムで組まれていて、カルガリーの高速リンクに行っていたのでタイムが速く最終組になりました。同走の方も高校生の頃からずっと滑っていたりしていたのでそこまで気負わないで滑れました。

―今大会の目標は
自分は500mが遅いので、総合優勝までは届かないかもしれないですけど、総合で3位以内に入れれば良いかなと思います。

―明日のレースに向けて
今日大分良かったのでこの調子で今日よりコンマ1でも速く滑れるように頑張ります。

阿部啓吾

―今日のレースを振り返って
500mをメインでやっていて選抜権を取っていなかったんですけど、6位以内に入賞すると選抜権をもらえるので、今回は6位で選抜権を取れて嬉しかったです。1000mはあまり自分的には考えてないんですけど、明日500mがもう一本残っていて自分はアウトインの方が得意で明日はアウトインなので、明日は表彰台に乗りたいなと思います。

―選抜権を取ると今後はどのような大会に出られるのですか
ジャパンカップという大会があるんですけど、自分は持っていなくてずっと一人の行動になっていて辛い部分もあったんですけど、ここで取ったので軽井沢で行われる第4戦から出ることができます。

―この大会に出るまではどのような調整を
一人で苫小牧のリンクで中村コーチのもとで練習していて、色々思うこともあったんですけど…一人だったので。選抜権がないということで色々言われていたので、一生懸命頑張っていました。一人だけ取り残されたという思いもあったんですけど、少しは近づけたかなと。でも、まだまだかなとも思います。技術的なことはシーズン中ということで氷の上の練習が主になってしまい陸トレが疎かになってしまうんですけど、苫小牧にいる間は午前中は陸トレをやって午後は氷上というかたちにしました。特に陸トレはスライドボードとパワーマックスの2つをやっていました。

―一人で練習する中で大変なこともあったと思いますが
先輩にずっとついていっていたので。苫小牧の高校でやっていたんですけど自分が最年長ということもあり先頭を引いたりして、変わった条件で練習していたので意識は変わりました。

―その中で収穫等は
結構シーズン始めから調子が良くて期待されていて、シーズン始めはあまり大きな大会がなくて今回が一番大きな大会なので、今日ようやくという感じなので明日一番頑張りたいです。

―途中から雨でしたが影響の方は
1000mは特にすごく影響したんですけど、500mの時は降っていなかったので自己ベストに近いタイムでいけました。ベストタイムは36秒59で今日は36秒66だったんですけど、失敗してしまった部分もあったので明日は前半自己ベスト狙いたいですね。僕は1000mが全然滑れないので、今年は500m一本にかけろとコーチにも言われているので、それでインカレで良い順位を取ってチームに貢献できればなと思います。

―先程監督にお話を伺った際に一番伸びているとおっしゃられていましたが
そうですね。去年からは一番伸びていると思います。

―最後に明日に向けて
明日は落ち着いて。表彰台には上りたいんですけどあまり考え過ぎずに自分が練習してきたことを全部出し切りたいなと思います。

総合部門選手コメント

三輪準也

―今日のレースを振り返って
調子も良くなくて、夏にサボっていた分がここに来て発揮されましたね。ひどいです。その中で気合いだけで粘った感じです。

―今大会に向け調整などは
してないです。インカレだけ何とか走れれば良いかなと。今年はもう諦めているので、インカレだけだと思っています。

―ここまでのジャパンカップを振り返って
マススタートが本種目になってくるのかなと思います。マススタートはインカレではないので、1500m、5000mは最低でも表彰台には上れるようにしたいです。

―前回の取材では5000mで体力がないとおっしゃっていましたが
今回も辛かったです。夏場にサボったことで取り返しのつかないことになってしまいました。

―前回の取材させていただいた大会からの調子は
頑張ったんですけど無理でした。でも少しずつは良くはなってきているんですけど、やっぱり追い付かないですね。気持ちが少しは強くなったぐらいでスケートも体力も向上はないですね。

―明日に向けて
10000mはすごく滑りたくないんですけど、頑張りたいなと思います。

 

フォトギャラリー

  • 111000mを1位で飾った中村
  • 124年生の中で唯一出場の大槻
  • 13スプリント部門優勝へ 中村
  • 14今年急成長している阿部
  • 152距離を終えて現在9位の矢島
  • 16佐藤は9位の成績で5000mを終えた
  • 17出場選手をサポートする奥原
  • 18総合部門500mで優勝した三輪

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み