スケート

【スピード】第87回日本学生氷上競技選手権大会3日目 首位キープし、優勝に王手をかける!!

第87回日本学生氷上競技選手権大会1日目
2015年1月6日(火)~9日(金)
釧路市柳町スピードスケート場

大会3日目は1500mと10000mが行われ、法大からは4名が出場。1500mでは三輪準也が連日の準優勝を果たす。また、3日目は出場選手全員が入賞を果たし51点を稼ぎ出す結果となり、2位専大との点差を17点とし首位をキープしている。

39
入賞でガッツポーズを見せた佐藤

試合結果

種目順位選手名タイム
   1500m 2位 三輪準也  1分55秒84
4位 中村隼人  1分56秒66
7位 矢島友喜  1分58秒65
10000m 6位 佐藤裕斗  14分51秒29
 
順位大学名500m1000m1500m5000m10000m合計得点
1位 法政大学   30 28  41  25  10  134 
2位  専修大学 4 27  36  23  27  117 
3位 信州大学  18  14  20  20  78 
4位 早稲田大学  0 20  16  17  14  67 
5位 東洋大学  12  17  16  16  64 
6位 日本大学  39  59 
7位  山梨学院大学 20  19  58 
8位 明治大学  15  10  16  48 

※各距離15位までの選手が得点。1位20点、2位18点、3位16点、4位14点、5位12点、6位10点、7位9点、8位8点…15位1点となる。ただしリレーおよびチームパシュート競技は、1位16点、2位14点、3位12点、4位10点、5位8点…8位2点となる。

戦評

  1500mには三輪、矢島友喜(営3)、中村隼人(営1)が出場した。最初に登場したのは、この種目を最も得意とする矢島。大会前は不調にあえいでいたが、何とか調子を取り戻し7位に入り、今大会初の入賞を果たした。続いての滑走は昨日準優勝を飾った三輪。昨年優勝を果たした近藤太郎(専大)と同走となり、競り勝ちたいところではあったが少し及ばず。5000mに続き準優勝となった。最終組に出場した中村は、全日本スピードスケート選手権で自己ベストと国内ベストを更新しており、初の表彰台を目指すも惜しくも4位。明日のリレーでは表彰台を狙う。
 10000mでは佐藤裕斗(営3)が出場。過去2年間のインカレでは悔しい思いをしていたが、今回は周りの大きな声援も後押しとなり6位入賞。満面の笑みで今大会個人種目を終えた。
 残すところあと1日。専大とは17点を離し首位を走り、優勝へ王手をかけた。明日の2000mリレーで専大に勝利することは絶対条件だ。チーム一丸となって王座返り咲きへ。明日、再びドラマが生まれる。(南高節)

選手コメント

三輪準也

ー今日のレースを振り返って
頑張りました。きつかったです。昨日の疲れが取れなくて、レース前から疲れていました。

ー結果は2位でしたが、やはり1位を狙っていましたか
いえ、同走選手に勝とうと思っていました。負けてしまいましたが。

ー今日のレースへの意気込みは
上位の方にいければいいなという気持ちでした。2位は上出来だと思います。

ー5000mと1500mだとどちらに自信を持って臨めましたか
1500mです。

ー緊張感はありましたか
プレッシャーがあったので、どっちもレース前は嫌でしたね。ポイントを取らなければいけないので。

ーラスト1周疲れた表情をされていましたが
いつもはラスト1周上がっていくんですけど今日は無理でした。

ー同走の近藤選手(専大)について
負けたので悔しかったです。次勝てるように頑張ります。

ーどのようなレース展開でいこうと思っていましたか
ラスト1周まで予定通りでした。あまり差を広げられないようにしました。結構差が開いていましたが、まだ射程範囲でした。でも向こうがラスト1周思ったよりも落ちなかったのと、こっちが落ちてしまったので負けてしまいました。

ー風の影響は
かなりありました。風を受けて一回中盤スピードを少し落としてしまって、最後落ちちゃったかなと思います。

ー2種目どちらも2位という結果について
はい、上出来です!

ー明日はリレーとチームパシュートのどちらにも出場しますか
はい。忙しいんです(笑)

ーリレーは何走ですか
2走です。ちょっと疲れてるので楽な2走をやらせてもらいます。対戦相手は専大なので、勝てば総合優勝です。

ー戦略は
実力的には専大より速いので、バトンパスをミスらないようにして勝ちにいきます。

ー先ほどの練習での手応えは
僕は良いです!阿部くんが心配ですね(笑)

ーチームパシュートについて
みんなも僕も疲れているので、レースというレースにならないと思います。なので、リレーで決めたいです。パシュートのことは考えたくないです。

ー先ほど佐藤選手が三輪選手と一緒に矢島選手をフォローしていくとおっしゃっていましたが
僕がたくさん引いていくので、疲れていますけど(笑)リレーでなんとか勝ってパシュートはただ滑るだけでいいよというくらい気楽な気持ちでやりたいなと思います。

ー改めて明日のレースに向けて
勝ちにいきます!

 

33
連日の準優勝を成し遂げた三輪

佐藤裕斗

ー今日のレースを振り返って
良かったです。

ー納得のいく滑りはできましたか
そうですね。

ー同走の選手や後続の選手がかなりハイレベルなレースでしたが
そのメンバーに対してのプレッシャーとかはなかったんですけど、学校対抗のインカレで今まで結果を残せていなくて、ここで結果を残せなければ優勝にもつながらないと思いました。そっちの方がプレッシャーでした。

ー他の種目は法大から3人ずつ出場している中で、唯一この種目だけが佐藤選手のみの出場になったことはプレッシャーでしたか
そうですね。他の競技だったら3人いるので、1人がダメでも残りの2人がカバーできます。(今回の10000mは)自分1人だったので少しでも1点でも高いポイントをとるように言われました。入賞できて良かったです。

ー同走の小川選手(専大)に対して気をつけていたことは
(小川選手は)後半が結構強いタイプで、自分はどちらかというと前半型なので、前半にそこまでいかないで落ち着いて最後まで粘って滑りました。

ー5000m付近で1度小川選手に離された後追いついた場面が見られましたが
離された時は「あーやばい」と思っていました。調子が悪い時や迷っていた時だったらここで追いつけないなと思ってしまうんですけど、今日はそう思わず気持ちを切らさないで最後まで滑れたので勝ったのかなと思います。体も動いていたので、いけるなと思いながら滑っていました。

ー途中手袋を外されていましたが
暑かったです(笑)結構前から暑くて、いつ脱ごうかなと思っていました(笑)

ーそのようなことはよくありますか
室内の大会だと手袋はしないんですけど、外だとやはり寒いので最初は手袋をして滑っています。10000mは長くて暑くなっちゃいました(笑)

ー風が強かった中での10000mに向けて対策は
バックストレートで交差するときに同走の人の後ろに入って休むということを考えながら滑っていました。

ー佐藤選手、小川選手、一戸選手(信大)で激しく競る場面がありましたが
一戸は全然レベルが一つ上なのであまり気にしなかったんですけど、それに小川がついていくときに、ここで頑張らないと負けると思いました。

ー他の法大の選手が大きな声援を送っていましたが声は届きましたか
はい、全部聞こえました!

ーインカレでの個人種目を終えて
3年越しの結果かなと(笑)

ーやはりうれしいですか
そうですね。毎年インカレは走らないと言われていたので…。6位が良いのかと言われるとちょっとあれですけど、良かったのではないかなと思います。

ー明日のチームパシュートについて
3人まとまってゴールしなければいけないので、そこは臨機応変にみんなで助け合っていきたいと思います。

ーパシュートに出場される矢島選手は昨年終盤に離れてしまう苦い経験がありますが
矢島が今もちょっと嫌だなと言っているところはあるんですが、そこは三輪とカバーして滑れたらいいなと思います。

ー改めて明日のレースに向けて
総合優勝に近づいているので、総合優勝します!

 
38
白熱したレースを展開した佐藤
矢島友喜
 ―今日のレースを振り返って
昨日同様に風が強かったですね。前から長く2分台が続いていたので、今回のレースはどうなるかなと思っていたのですが、1分台が出てよかったかなと。本当は同走に勝ちたかったんですけど、最後のつめが甘かったです。

―風が強い中どのようにレースをしようと
あんまり片足に乗りすぎずに切り返し切り返し、レースが進めば良いかなと。

―1500mインカレに向けて意識してきたことは
今専大が下の2番手につけているので、詰め寄られることのないようにはしたいなと思っていました。専大には負けないという気持ちですね。

―昨年とのレースを比べて
昨年は2部落ちがかかっているようなレースだったので、今年は優勝争いができていて良い感じの雰囲気で進んでいます。

―今日で個人競技が終了しましたが
悪くもないですけど、もうちょっと体が動いたりもするかなと。でも、今の記録を真摯に受け止めて練習頑張っていきたいと思います。

―明日のチームパシュートでは、昨年悔しい思いを経験していますが
必死について先輩方に迷惑をかけずにレースが終われば良いかなと。頑張ります(笑)。

31
得意の1500mで入賞した矢島
中村隼人

―今日のレースを振り返って
順位的には誰に負けて誰に勝つ、ということを自分の中で思っている通りにはなったかなと。上の3人はまだ自分のレベルではたどり着けないのかなと思います。その中でしっかり自分のポジションをキープできたので、順位的には良かったと思います。

―やはり同走の小田卓郎(早大)は意識しましたか
そうですね。最初はずっと並んでいたので、自分の中では良いペースなのかなと思っていたのですが最初のラップが思っていた以上に遅くて、そこから「ヤバイな、大丈夫かな」と思いながら滑っていました。ゴールして4位か5位か微妙だったんですけど4位と言われてひと安心という感じでした。

―レース後半には足に手を当てて滑っていましたが
1500mまでに疲れてしまって残り1周も我慢できない状態で、どうにかして頑張ろうと思い手をついてしまいました。

―昨日同様の強風でしたが影響は
最初のコーナーで風を感じたんですけど、そこからはあんまり気にならなかったですね。

―1500は全日本スピードスケート選手権で自己ベストと国内ベストを更新していますが、そこら辺は自信になりましたか
今年は1500mが安定してきて1500mの滑り方も分かってきました。滑らないリンクというのは今年初めてだったので不安だったんですけど、そんなにタイムも悪くないので良かったと思います。

―本日で個人競技は終了しましたが
インカレに初めて出場して、今まで学校対抗で上にいるということが中学高校となくて、その中で先輩方に頑張ってもらって背中で引っ張ってもらえているので、自分たちもそれに着いていって頑張れてるかなと。やっぱインカレって良いなと思いました。

―明日はリレーが控えていますが
とりあえずは2位の専大には何が何でも先にゴールするということをチーム全体の1番の目標にしているので、あとは転ばなかったり失格しないように気を付けながら少しでも上の順位にいけたら良いです。練習では最後転んでしまったんですけど、バトンパスとかは完璧に近かったと思うので、明日も大丈夫だと思います。

―第一滑走者ということで、緊張などはありますか
そうですね。スタートがあるので。何とも言えないですけど、明日全力で滑りたいと思います。

 37
入賞まであと一歩の中村

フォトギャラリー

  • 34明日のリレーにも出場する三輪
  • 35リレーでは第1滑走者を任された中村
  • 32チームパシュートで昨年の雪辱を果たしたい矢島
  • 311左から中村(4位)、三輪(準優勝)、矢島(7位)
  • 312念願の入賞に喜ぶ佐藤
  • 36声援を送る法大陣
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み