スケート

【スピード】第87回日本学生氷上競技選手権大会最終日 王座奪還で2年ぶりの優勝!!

第87回日本学生氷上競技選手権大会1日目
2015年1月6日(火)~9日(金)
釧路市柳町スピードスケート場

ついに歓喜の瞬間が訪れた。大会最終日、リレーで専大に勝てば優勝が決定という場面。リレーに出場した4選手は見事なまでの滑りを見せ、完勝。この瞬間に法大の総合優勝が決まった。続くチームパシュートでも1位を獲得し、文句なしの総合優勝で今大会を飾った。

413
優勝!!

試合結果

種目順位選手名タイム
 2000mリレー   1位 中村隼人 2分25秒82

三輪準也
③藤野裕人
阿部啓吾
チームパシュート 1位  佐藤裕斗 4分07秒35
 三輪準也
 矢島友喜
順位表
総合順位大学名500m1000m1500m5000m10000mTPR2000mR合計得点
1位 法政大学  30  28  41  25  10  16  16  166 
2位  専修大学 27  36  23  27  12  12  141 
3位 信州大学  18  14  20  20  92 
4位 東洋大学  12  17  16  16  10  10  84 
5位  早稲田大学 20  16  17  14  14  81 
6位  日本大学 39  14  77 
7位  山梨学院大学 20 19 0 58 
8位  明治大学 15  10  16  56 
※各距離15位までの選手が得点。1位20点、2位18点、3位16点、4位14点、5位12点、6位10点、7位9点、8位8点…15位1点となる。ただしリレーおよびチームパシュート競技は、1位16点、2位14点、3位12点、4位10点、5位8点…8位2点となる。

戦評

  総合得点134点、総合順位1位で迎えた最終日。最初に行われたのは2000mリレーだ。法大からは第1走者・中村隼人(営1)、第2走者・三輪準也(営3)、第3走者・藤野裕人(文3)、第4走者・阿部啓吾が出場した。同走の相手は総合順位2位の専大(117点)。500mの得意な選手が少ない専大に比べ、法大の藤野・阿部は今大会入賞を果たしており、さらに中村と三輪も36秒台と学生ハイレベルのタイムで滑ることができるため、実力的に見ても法大が上である。また、3日目終了時点での点差は17点であり、チーム種目の獲得最高得点は16点であるため、法大はリレーで専大よりも早くゴールすればその時点で優勝が決まる状況下でのレースとなった。第1走者の中村は良いスタートダッシュを切り、同走よりも速いタイムで次の三輪につなげる。三輪はホームストレートで一気に相手を引き離し、早くも1秒以上の差をつける。第3走者の藤野も安定した滑りでさらに差を広げ、気持ちに余裕を持たせた状態で阿部にバトンを渡す。無事にバトンを受け取った阿部は、落ち着いてラスト500mを滑り切りゴール。専大との直接対決を制しただけでなく、短距離に強いスケーターを多く擁する日大のタイムも上回り見事優勝。この瞬間、法大の総合優勝が決まった。

48
三輪から藤野へバトンが渡る

 インカレ最終種目となるチームパシュートには佐藤裕斗(営3)、矢島友喜(営2)、三輪がエントリー。昨年のインカレでは、終盤矢島が遅れをとってしまい悔しい結果となっただけに、わずかに不安のある中でのレースとなった。同走相手はリレーと同様の専大。リレーとは打って変わって、専大には長距離に強い選手が多くそろっている。レースが始まってしばらくは専大が法大よりも速いタイムでラップを刻んでいく。しかし、ここから法大が追い上げを図る。3人崩れることなく徐々に相手との差を縮め、ついに形成逆転。ラスト一周、専大には膝に手をつく選手も見られる一方、法大は全員が力を振り絞り2秒以上の差をつけてフィニッシュ。リレーに続きトップのタイムを叩き出し、本日2度目の優勝に輝いた。レース後、法大の選手たちは喜びの表情を見せ、互いに熱い抱擁を交わした。

42
手前から佐藤、三輪、矢島

 法大の圧勝だった。出場した7選手中6人が得点を獲得、その6人はいずれかの種目で入賞を果たしている。1年生の阿部はこの1年で急成長を見せ、今大会の500mでは本人も驚く4位に入賞し、初日からチームに良い流れをもたらした。スーパールーキーの中村は出場した種種目すべてで入賞し、抜群の安定感で確実に得点した。過去2年間のインカレで不調が続き悔しい思いをしていた佐藤は、今大会でやっと実力を発揮。3年目のインカレを笑顔で終えた。藤野・三輪・矢島は着実に得点を積み重ね、チームの優勝に大きく貢献。三輪に関しては、チーム種目も含めチーム最多の4種目に出場し、一人で最終得点である166点のうち68点を獲得した。 
 昨年のインカレでは、一昨年のインカレでの優勝の立役者である中村駿佑(営3)と三輪を欠き、まさかの2部転落となった。しかし今年から1部2部制度が廃止されたことにより、1年越しの総合優勝を目指してこの1年間を過ごした。大会終了後には、今回大会に出場した選手だけでなく、その選手たちをサポートした4年生も喜びの涙を流した。来年度は藤野がキャプテンを務め、チームをけん引する。選手たちは「来年も優勝する」と口をそろえて意気込んでおり、既に次の目標を掲げている。今回チームの優勝に貢献した6人は来年も残るため、強い法政は続くだろう。法大絶対王政の時代が、今始まった。(山崎美香)

411
ウィニングランを行う選手たち

選手コメント

奥原綱希

―総合優勝おめでとうございます。今のお気持ちは
なんて言えばいいんですかね…。うれしいを通り越しています。

―昨年の悔しさを乗り越えての総合優勝でしたが
昨年新体制で始まった頃は、ボロボロな状態で何から始めれば良いのかわからなかったです。最終的にうまく優勝というかたちにまとめられて、自分も今までやってきて良かったなと思います。

―サポート役として心がけていたことはありますか
あまり大会について回れてはいなかったのですが、学生の大会ではどこのコーチよりも声を出して、声援でも勝たせてあげたいという気持ちで選手を後押しできるように心がけていました。

―この4日間のチームの雰囲気は
いつもの法政らしさがありました。オフの時はずっとふざけていたりしていましたが、彼らもプロ集団なので、レースになると目の色変えて滑ってくれたなと思います。

―後輩にかけていた言葉はありますか
実力は全然上なので、大きい大会とかは関係なく、いつも通り緊張せずにやれば大丈夫だよと声をかけました。

―1年間を振り返って
山あり谷ありの年でしたけど、最終的に大学一という目標に達成できて良かったです。

―法政大学での4年間を振り返って
4年間は、競技者としては先ほども言ったように山あり谷ありでした。でも法政大学でやってきて、苦労もしたけど今となっては良い思い出です。非常に楽しい4年間でした。

―後輩たちに向けて
今までの法政らしさを大切にして、もっともっと2位と点差をつけられるよほどの実力をつけてほしいです。そして、個人成績もみんな上がるように頑張ってほしいです。

大槻貴弘

―総合優勝して今どのような気持ちですか
みんな頑張ってくれて本当にうれしいです。

―1年越しの総合優勝でしたが
昨年も本当なら優勝できたと思うのですが、色々とトラブルがあって本当に悔しい結果でした。今年その無念を晴らすことができてうれしいです。

―1日目の500mを終えてからサポート役に回ってどのようなことを心がけましたか
一生懸命応援して、選手たちがそれに応えるように活躍してくれてうれしかったです。

―この4日間のチームの雰囲気は
優勝しか見えてなかったです。

―後輩たちに贈った言葉はありますか
「来年も頼んだぞ」と言いました。

―1年間を振り返って
全員で優勝を目指してやってきた年でした。最終的にこのような結果になって良かったです。

―法政大学スケート部として過ごした4年間を振り返って
あっという間でした。他のどの大学よりも雰囲気など法政が一番良いなと思いました。

―最後に改めて後輩に向けて
法政らしさをこれからもずっと続けていってほしいと思います。

小林周平

 ―改めて総合優勝を振り返って
みんなが力を合わせてくれて、啓吾くんと矢島くんが得点を取ってくれたことが優勝に大きかったのかなと思います。


―優勝の要因は
ワールドカップ組が3人いたというのがけっこう大きかったと思います。ワールドカップ組が上位をとれたので、優勝に近づけたのかなと。

―他の選手からは結束力という声もありましたが
そうですね。他の大学とは比べて仲が良い感じなので、どこの大学よりもあると思います。

―最上級生としての1年を振り返って
就活や授業とかでスケートはできなかったんですけど、後輩が頑張ってくれてインカレ優勝でスケート人生終われたので良かったと思います。

―同期に向けて一言
社会に出ても辛いこともあるのと思うのですが、スケートをやってきて鍛えてきた精神力とか忍耐とかで乗り越えてほしいと思います(笑)。

―後輩に向けて
来年も優勝を狙えると思うので、みんなで力を合わせてほしいです。

―最後に4年間を振り返って
昨年は得点を取れる人が2人出場できなくて2部落ちになってしまい、辛かったのですが最後に優勝というかたちで4年間終われたので良かったと思います。

三輪準也
 ―総合優勝を振り返って
インカレって良いですね。

―リレーとパシュートの2つを滑りましたが、緊張などは
緊張は特にしなかったのですが、疲れていて嫌でした。でも、頑張りました。

リレーでは優勝がかかっていましたが
専修に勝てれば良いと思っていたのですが、まさか日本記録を持っている日大に勝つとは思っていなかったので、ビックリしています。本番で全員が実力を出し切ることができましたね。

―パシュートの方はいかがでしたか
勝てないと思っていたんで、まさか勝っちゃうとは(笑)。

―勝てた要因は
結束力って言っておきます(笑)。

―大会前はインカレだけ滑れれば良いとおっしゃっていました
インカレだけ本当に滑れたので安心しました。インカレに標準を合わせて調整してきたのですが、2週間前まで氷上に乗っていなくてこっちに来て2日だけ乗ってレースだったので、かなり自信がなかったのですが何とか乗りきれて良かったです。自信がないまま滑っていたのですが、いざ滑ってみるとできたという感じですね。

―2部落ちからの優勝となりましたが
みんなでリベンジできたので、最高のかたちだと思います。

―インカレを振り返って
4年生いなくなっちゃうんで寂しいです(笑)。
藤野裕人
 ―総合優勝が決まりましたが
リレーで同走の専修に勝てれば優勝だったので、そこを意識して滑ってたのですが、日大にも勝って1位になれたので嬉しいですね。

―リレーの前に緊張などは
総合優勝が懸かっていたので個人種目よりも緊張はしましたね。

―第三走者でしたが意識したことなどは
コーナーの出口で渡さなくてはいけなくて、一番スピードが乗っている場所でバトンミスが一番怖いので、安全にいこうと思い少し手前からスピードを落としてミスなく渡せるようにはしていましたね。

―前のチームのミスも気にはなりましたか
そうですね。でもタイムロスは良いのでしっかりバトンをつなごうという意識の元でやっていたので、しっかり渡せるかなと思っていました。

―個人的には満足のいく大会となりましたか
1000mがもう少しいきたかったですけど、みんなの頑張りとかも見られたし全員が頑張ったから総合優勝できて良かったかなと思います。

―昨年の2部落ちから1年どのような気持ちでしたか
新しい1年生も戦力になる子が入ってきて、(優勝を)狙える面子だったので自分たちでしっかりポイントを取って。監督が代わってからまだ2部落ちしかさせていなかったので、良かったかなと。

―やはり1年生は期待できますか
今年は自分たちと一緒に練習して成長してくれましたね。(中村)隼人は元々速い子だったので、入ってすぐ戦力になりました。

―各距離満遍なくポイントを獲得していましたが
個人種目も大事なんですけど、いかに多くポイントを取れるかがインカレは大きいと思うので。全員で頑張れたという感じですね。

―今大会で4年生は引退となりますが
大槻さんは500mに出場したんですけど、他の人はサポートをしてくれて送り迎えとかもしてくれて、選手にサポートをしっかりやってくれたのですごく助かりましたね。今年はあんまり就活とかがあって一緒に練習できなかったのですが、寮とかは一緒で仲良くやっていけていたと思うので、寂しくなりますけど来年も頑張るので良かったら見に来てください、という感じですね。メンタル面で環境づくりをやってくれました。

―このあとの出場予定の大会は
大きな大会としては、ジャパンカップの第4戦と国体ですかね。

―残り修正していきたい点などは
細かいところは夏に直していかないといけないので、残っている大会は全力で頑張るという意識で臨みたいです。

―最後にインカレを振り返って
最初はどうなるか分からなかったですけど、みんな確実に点数を取っていくなかで優勝というのが見せてきてそこを全員で一つの目標に向けて頑張れたので、すごく良いチームにもなったし良いインカレになったかなと思います。
佐藤裕斗

―今日のレースを振り返って
楽しかったです。

―総合優勝が決まった中でのレースでしたがプレッシャーはなくなりましたか
プレッシャーはなかったです。表彰台を目指して頑張りました。

―気をつけていたことは
矢島が離れないかが心配でした。矢島が先頭にいく数を予定よりも減らしたことで対応できたかなと思います。

―記録については
何秒出るのかも全然わからなかったです。前の組で早稲田が09秒で走って、でも自分たちがゴールしたら07秒だったので「勝ったー!」と思いました。

―総合優勝して今のお気持ちは
うれしいです。優勝するということは、昨年のインカレが終わってから入っていたことだったので、実際に優勝できて良かったです。

―今回のインカレを振り返って
やっと法政の一員になれたかなと思います。ポイントも取れたので。

―この1年間を振り返って
同じ学年の藤野がワールドカップに選ばれて、自分もあとちょっとだったということがありました。選ばれなかった分こっちで練習して、インカレで結果出せるように頑張りました。

―今後の目標は
2連覇を目指します。

矢島友喜
 ―総合優勝を振り返って
総合優勝ができて去年の悔しい思いが晴れて良かったです。

―パシュートの前に緊張などは
リレーの段階で総合優勝が決まっていて、とても気持ち楽に滑れることができたので良かったです。

―滑り終わってみていかがでしたか
最高です。それしかないです。

―涙する場面もありましたが
メチャメチャ辛かったので、嬉しかったですね。

―昨年の2部落ちから1年を振り返って
苦しいこともあったのですが、こういうかたちで結果となって実を結んだので良かったなと思います。

―優勝の要因は
もう結束力としか言えないですね。

―かなりの声援もありましたが
パシュートの時はここで離れたら負けだなと思って、頑張りました。

―引退する4年生に一言
2年間ありがとうございました、お世話になりましたと言いたいですね。

―最後にインカレを振り返って
専修に追い付かれそうになったこともあったのですが、みんな全力で滑りきることができて勝てて良かったなと思います。
中村隼人

―今日のリレーを振り返って
トップではいましたけど、ずっと個人種目では優勝がなくて一番高い所には立てていなかったので、最後にみんなの力で優勝できて良かったです。

―専大との直接対決でしたがプレッシャーは
1
人でアップしていたらすごく緊張してきて「やばいな」と思っていましたけど、いざスタートしてみたら体は動いたので、良い感じの緊張感だったと思います。

―第1走者ということへの緊張はありましたか
スタートはやはりどの種目でも大事だと思うので、とりあえず同走の人よりかは速くバトンを渡そうと思って臨みました。

―気をつけていたことはありますか
とりあえずはバトンゾーンだったり、転倒だったりとか、そのようなミスをしないように気をつけました。とりあえず専大に勝てばということだったので、落ち着いて滑りました。

―前のレースで2チームが失格になっていたことは気になりましたか
特になかったです。自分たちはレース直前にスケート靴を履いてそこまで見ていなかったので、それが良かったのかなと思います(笑)。

―まだパシュートが残っていますが総合優勝したことについて
最後パシュートは、総合優勝チームとしてしっかり滑ってもらいたいです。(総合優勝したことについては)最高のチームだなと思います。

―チーム戦の方が楽しいですか
そうですね。先輩方が頑張ってくれたので、最後みんなの力でリレーも優勝できて本当に良かったです。

―初めてのインカレを終えて
初めての学校対抗での優勝だったり、初めてのインカレの雰囲気だったり、自分にとって色々新しい刺激がありました。これからにつなげていきたいと思います。あと、優勝を続けられるように、もっと夏から頑張ろうという気持ちになりました。

―中村選手はチームの優勝にかなり貢献したと思いますが
みんなが自分のできる仕事をしっかりやったので、それが勝因だったと思います。自分も最低限ですけどチームに貢献できたのかなと思います。

―最終的に自分の結果を見直してみて満足のいく結果になりましたか
やはりまだ上との差を感じた大会でした。これからまだ大会もありますし、来年頑張ります。夏からしっかり練習していきたいと思います。

―1年間を振り返って
僕自身タイムだったり成績だったりが安定してきて、その点は成長したと思います。これから毎年毎年成長できるように頑張ります。

―今後の目標は
とりあえず来週この釧路で全日本ジュニアがあって、世界ジュニアの選考会があるので、そこでしっかり世界ジュニアへの切符をとってもっと波に乗れたらなと思います。

阿部啓吾

―今日の2000mリレーを振り返って
レースはほぼ完璧に近かったんじゃないかなと思います。練習の時は、自分のところでミスしてしまったりしていたので、少し心配していました。本番にうまくいって良かったです。

―専大に勝てば総合優勝が決まるという大一番のレースでしたが
普通に滑れば勝てると思っていたので、そこまで緊張はしませんでした。

―第3走者の藤野選手が差をつけてバトンを渡してくれたことはプレッシャーの軽減になりましたか
結構大きかったです。助かりました。

―第4走者だったことについて
初めてで、自分は多分バトンを受ける方と渡す方両方任されるのはキツいと言われたので、最後の受け取る方だけを任されて4走目になりました。

―結果的に4走目で良かったと思いますか
結果的に良かったと思います。

―リレーは初めてですか
いえ、高校3年生のときに帯広農業高校で、インターハイのリレーで一応優勝しました。それくらいです。

―レース中気をつけたことはありますか
確実にバトンをとって落とさないようにすることだけは気をつけていました。

―パシュートが残っていますが
パシュートで1位をとってくれれば終わりが良いですけど、普通に完走してくれれば嬉しいです。

―インカレを終えて
1年目にして最高のインカレになったので、来年も再来年もずっと優勝を目指して頑張っていきたいと思います。

―阿部選手が500mで4位をとったことはチームにとって大きかったと思いますが
多分みんなが4位、14点とれると思っていなくて、自分でも12点か10点くらいだと思っていました。まぐれというか奇跡も起きて4位をとれて、一番最初に500mで(チームを)勢いづけられて良かったです。

―自分の今大会での役割には納得していますか
役割は果たせたと思います。満足です。

―この1年間を振り返って
色々辛いこともありましたけど、こうやって結果がついてきてくれてとても良い1年でした。

―今後の目標は
まだ全然トップの人と比べたら実力の差があるので、そこを埋められるように夏場のトレーニングから頑張っていきたいと思います

フォトギャラリー

  • 47有終の美を飾った4年生
  • 412主将の奥原
  • 43大槻
  • 46小林
  • 49喜びを爆発させた選手たち
  • 45圧巻の最終日
  • 44次期主将の藤野
  • 412連覇への道は始まっている
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み