スケート

【フィギュア】第43回関東学生フリースケーティング選手権大会  新入生・宮田が快挙!男子団体でも優勝を手にする

第43回関東学生フリースケーティング選手権大会
2015年5月23日(土)
東大和スケートセンター

今年度初めての大会となる関東フリースケーティング選手権大会(通称・春関)。法大からは、男女合わせて6人の選手が出場した。新入生2人にとっては大学デビュー戦となり、注目が集まった。

6
宮田が堂々の1位!

試合結果

最終結果

クラス選手名学年学部順位得点
7・8級男子   宮田 大地 1位 103.17点
 ”  渡部 幸裕 4位 92.15点
 ”  服部 瑛貴 5位 91.64点
 ”  渡邉 直弥 9位 78.90点
 5・6級女子  中畑 美咲 27位  34.73点
 7・8級女子  藤澤 亮子  9位 66.65点
 

戦評

 法大で最初に登場したのは5・6級女子の中畑。冒頭の2回転フリップでは転倒してしまうも、他の1回転のジャンプは見事に着氷した。シンクロナイズドスケーティングのクラブチームにも所属する彼女のスケーティングには、滑らかさと優雅さがあった。「練習不足だった」と振り返るも、「やれることはできたと思う」。どちらかといえばシンクロに重きを置いているが、その経験はシングルにも生かされているようだ。
 

 7・8級男子では、法大からは宮田が最初に演技を行った。昨年の全日本ジュニア選手権で5位、強化選手Bに指定されている。曲は「ブレイブハート」。冒頭のコンビネーションジャンプ3回転ルッツ+2回転トーループを成功させ、続くジャンプもクリーンな着氷。自身の強みだと言うスケーティングと、長い手足をいかした表現力で観客を魅了した。しかし後半になると、疲れのせいかジャンプの失敗が続き、スピードが落ちた。それでも点数は103.042位と8点以上の差をつけ優勝。鮮烈なデビューを飾った。

 主将・服部は9番滑走。6分間練習から3ルッツを繰り返し練習していたが、うまく合わせることができなかった。その影響もあり、ジャンプでのミスが少し目立った。だが、後半のフライングアップライトスピンではレベル4を獲得するなど、得意とする所ではしっかりと点数を重ねた。全体的にやや慎重さが伺える演技だったが、それでも持ち味の表現力はここでも健在。指先まで神経を巡らせ、繊細でなおかつ力強い「ライオンキング」を演じた。最終的なスコアはインカレから18.27点落とし、91.64点で5位となった。
 

 服部に続きリンクへと現れたのは渡部。今年度は副将として、主将である服部とともに法大スケート部フィギュア部門をけん引する。演技冒頭、3回転ルッツ転倒してしまったものの、その高さのあるジャンプには、拍手と驚きの声が上がった。続くコンビネーションジャンプも成功。ステップシークエンスでは体全体を使った演技を魅せる。前半スピードがあったためか、後半になると疲れが見えた。励ますように観客からは、手拍子が起こり最後のスピンをなんとか回りきる。点数は92.153位。体力不足とペース配分という課題が残った。

 

 続いてはもう一人の新入生、渡邉が登場。透け感のある生地で作られた、体のラインが出るようなエキゾチックかつセクシーな衣装を身に纏って現れ、会場をどよめかせた。今大会では新プログラム「シルクドゥソレイユ」を披露。最初の3回転ルッツでは回転不足と判定されるも、見事なジャンプを跳んだ。その後のジャンプでは転倒や、着氷が乱れたときもあったが、柔軟性を生かしたスピンやスケーティングを見せフィニッシュ。自身の演技に満足せず、最後には「申し訳ないという気持ち」で観客に対し深々と礼をした。

 

 女子78級、藤澤亮子(文2)は16番滑走で出場。曲はジゼル、冒頭の2回転ルッツから2アクセルと慎重に跳んでいき、続く3回転トーループでは転倒。悔しげな表情を見せた。定評のあるスピン、ステップシークエンスでは安定した美しさで観客を魅了。演技後半に入り、ジャンプを確実に決めていきたいところだが惜しくも最後の2回転ループで着氷が乱れる。しかし、その後のスピンでは最高評価のレベル4を獲得。点数は6665と伸び悩み、悔しい結果となった。

 

 

 今大会では男女別で団体戦も兼ねており、各々の活躍で団体男子としても法大が優勝した。今年度のインカレに向けてもかなりの期待が高まったことだろう。だが、同じ男子のクラスに選手が4人いる法大からは、このうち3人しかインカレに出場することができない。そんな状況も相まって、仲が良いだけでなく、互いを刺激し合える良い関係を築けているようだ。また、服部、渡部、中畑はもう最上級生。彼らがどのようにラストイヤーを飾るのか、今後も目が離せない。(宮下優希・梶山麗)

選手のコメント

服部瑛貴 主将

―今日の演技を振り返っていかがですか
疲れました…(笑)まとめようとし過ぎて狙い過ぎちゃいました。まとめたいなという意識が強過ぎて。逆にバラバラになっちゃったなって感じがします。
 
―氷のコンディションはいかがでしたか
(ここの会場は)毎年滑っていて、柔らかい氷のイメージはあって、今日滑ってみてそこまで柔らかくはなかったんですけど、ちょっと荒れてる感じはありました。
 
―足とられると疲れも増しますか
そうですね。そこを考慮して前半を整理していこうかなと思っていたんですけど、逆にそれが足元を掬われるような感じになってしまいました。
 
―6分間練習から同じジャンプの練習を繰り返しされていましたが
去年まで3ルッツを入れてなかったんですけど、この試合から降りられなくてもチャレンジしようと思っていて、6分間のうちの3分くらいはルッツを練習していました。でも全然嵌らなくて、慎重になっちゃった部分もありました。今日の演技は6分間の練習で3ルッツが嵌らなかったのが原因です。
 
―他にこの大会までに強化した点は
3ルッツと3フリップは今までの試合で入れてこなかったので、フリップも一緒に練習していたんですけど、まずはルッツをと思って。今シーズンの目標として、フリップを入れるという練習は取り組んでいます。
 
―練習ではうまくいっていますか
そうですね。単発だと結構降りられるんですけど、やっぱり流れの中でやるのとは感覚が違うので、そこを今回学べたかなと思います。うまくはいかなかったですけど。プラス思考でいこうかなと。
 
―インカレの演技と比べていかがでしたか
インカレのときのフリーはかなり良い演技ができたなと思ってて、それと比べると…。言い訳にしたくないですけど、就活があったりして練習もあまりできない環境ですし、きちんとコンディションを合わせられなかったです。そういう状態だからこそ、1回1回の練習に集中してやっていきたいなと思っています。
 
―入ってきた後輩の印象は
2人揃っていえるのは心強い後輩だなっていう感じです。着実に結果を残して法政に貢献してくれる2人だと思っているので心強い反面、インカレの枠が3人までなので1人出られないという状況になります。俺も頑張らなきゃいけないなというか、ライバル心というか、練習の刺激にもなっています。今は一番良い関係でやれていると思います。今まで2人でやってきて苦しいこともあったので、(2人が入ってきてくれて)嬉しいですけど、厳しい。そこで甘えたくないので、頑張りたいと思います。
 
―今後の課題は
先シーズンを戦い終えて、ショートが弱いという印象なので、ショートの3つのジャンプを確実に入れられるようにすることですね。きちんとショートとフリーをまとめるという上に、ルッツやフリップが乗っかってくると思うので土台をしっかりと作っていきたいです。ショート55点、フリー110点を毎回超えられるように練習していきたいです。やっぱりショートですね。ショートを強くするのが課題ですね。
 
―4年生最後のシーズンへの思いは
もうフリーの基礎とかはできてきていると思うので、楽しく演技して、楽しく終われたら良いと思っています。もちろん楽しむためには結果も大事だし、色んなものが必要です。すべてできて楽しまないと。
 
―そのためにも服部選手のインカレ出場は絶対ですね
そうですね(笑)チームメイトの中で選考があるというのは難しいですけど、そこで切磋琢磨できることがたぶん財産だと思うので、4人で、プラス女子も含めてみんなでレベルアップしていけたら。そういう1年にできたら良いなと思います。
 
 

渡部幸裕 副将

―今日の演技の感想をお願いします

最初のジャンプ転んじゃったんですけど、他は練習通りだったかなと。最初のスピンがちょっとどういう評価されてるのかまだ分からないんですけど良くなかったかなと思います。

 

―インカレの時とは違ってジャンプの構成は変えましたか

最近靴のトラブルが無かったので、結構気持ちよく練習できてたので。

 

―久しぶりの大会、緊張はしていましたか

少ししてました。けど最初の6分間練習でほぐれました。

 

―今日の大会までに強化した部分は

ジャンプの安定感と、最後まで一応回す。諦めないというか3回転のところはきっちり3回転ジャンプを。

 

―後半、疲れが見えましたが

毎回なんですけど、僕体力が無いので。特に僕最後のスピン見ると分かると思うんですけど、最後のスピンも、もうヘロヘロでやっと回れるみたいな感じだったので。なんというか、できるだけ省エネで済めるっていうのはおかしいんですけど、できるだけ最後まで体力を持たせるようにはしていきたいなと思います。

 

―体力づくりの対策は

練習でプログラムを何度もかけるってことはしてるんですけど、試合でやっぱり緊張したりすると、ペース配分とか分かんなくなってきてしまって。できるだけ最後のもって行き方を毎回毎回この大会で思わされますね。

 

1年生が2人入りましたが印象は

すっごく頼りになります!いつも俺と暎貴だけだったので、どっちかが上手くいって、どっちかが上手くいかなかったとか支え合ってきてたんですけど、新しい後輩の勢いも励みになるというか嬉しいですね。

 

―インカレでは3人しか出場できませんが

4人いるんですけど、まあその時調子のいい人を。そんなに気にしてないです。

 

―ライバル心は

やっぱり少し気にもしますし。気にはします(笑)。

 

―今後の課題は

ジャンプでは、フリーをあともう1種類増やします。増やさないと、点数がちょっときついので。やっぱり最後の目標が全日本出場なので、ジャンプを増やせると楽になるかなと。

 

―大学最後の年ですが、副将として意気込みを

瑛貴君にずっと迷惑かけているので、とりあえず最後まで支え合って頑張っていきたいなと思います。

 

 

宮田大地

―今日の演技の感想をお願いします。

前半は良かったんですけど、後半は体力無くて失速しちゃったので良い課題が見つかったと思います。

 

―後半のジャンプの転倒も、体力不足で

そうですね、練習とは違って試合になると疲れが速くきちゃって足が動かなくて。

 

―本番に強い方ではないですか

いや、分かんないです。普通です。

 

―大学に入って初めての大会、緊張はしていましたか

そうですね、東京出てきて2か月くらいで色々あって、ようやく迎えられた試合で初めての試合としては良かったと思います。

 

―演技前、コーチや先輩からアドバイスは

リラックスしてみたいな感じのことと、練習通りにと。

 

―自身の強みは何だと思いますか

スケーティングだと思います。

 

―強化選手に指定されて

前まではずっと追いかける立場だったんですけど、これからは上にいなくちゃいけないというプレッシャーがでてきました。

 

―憧れの選手はいますか

高橋大輔さんです。

 

―高橋選手の尊敬する点は

ジャンプだけじゃなくて表現力とかが素晴らしいので、そういうところを尊敬しています。

 

―どうして法政を選んだんですか

1番はやっぱり、インカレで総合優勝したことです。

 

―先輩の印象は

すごく優しくて、自分が持っていないものを持っているので、すごく勉強になります。

 

―大学生活はどうですか

楽しいです。

 

―今後の課題、目標は

今のジャンプの成功率と、質を上げていきたいです。4回転とか3アクセルも降りていかないといけないので。

 

 

渡邉直弥

―今日の演技を振り返っていかがですか
全部ダメで、納得した点が一つもなかったのが本当に申し訳ないです。今回は団体戦も兼ねていて、足引っ張らないように、と思っていたんですが、完全に引っ張ってしまいました。初めてのリンクで、滑りとかわからないまま6分間練習を迎えて、全く掴めずに全部終わってしまった感じで、ちょっと自分の中で悔いが残っています。スケーティングとかスピンとかそういう単純なことで失敗してしまったのは、本当にダメだなと思いました。
 
―今回は新プログラムですね。以前は「威風堂々」を使っていましたが
去年はスケートを辞めようと思ったんですね。4年生から始めて、初めてもらった曲が威風堂々で、この曲で辞めようというのは決めていたので、威風堂々でやっていたんですけど、続けられることになったので今年は変えようかなと。先生が選んでくれました。曲名は「シルクドソレイユ」です。
 
―衣装が印象的でしたが
衣装がエキゾチックですごくセクシーなんですけど、着てて少し恥ずかしいです(笑)でも先生がこれにしてくれと言った曲の題材の衣装で、親が作ってくれました。一昨日くらいにできたばかりで、まだラメとか、ラインストーンとか付くんですけど、あれが基本になります。
 
―新プログラムを滑っての感想は
この曲は先生が男子に使いたいと思ってたけど生徒が女子しかいなくて、それでずっとあたためてくれていた曲で、かっこいい曲なんですけど、まだ全然踊り切れませんでした。セクシーな部分もなよなよしたセクシーじゃなくて男らしいセクシーにしたい。曲調の中でストーリーがあって、全然違う音をもっと表現できればなと思うんですけどまだ差が出せていないところがたくさんあるので、ちゃんと学んでいきたいです。
 
―他に課題は見つかりましたか
ジャンプもですね。ジャンプはもう絶対的な課題なんですけど、全部トータルしてフィギュアスケートなので、自分が求めているものに近づくためにはそこも大事にしていきたいです。
 
―演技後には疲れた様子でしたが、お辞儀がとても深かった印象がありました
ジャンプが成功しなくて、正直疲れられなかったんです。最後まで100%の力を出せなかった。それでがっかりして最後すごい項垂れちゃったんですけど、でも応援してくれる人がいて、演技中にも「がんば!」とか言ってくださってる声が聞こえてて、自分は本当に支えられているなとすごく感じました。絶対自分の力だけではできないスポーツだと思っているので、毎回感想の気持ちと恩返しができるような演技がしたいという気持ちで滑っているのですが、今日はそれができなかったので、「すみません」の意味のお辞儀でした。本当に申し訳なくて。声援だったり手拍子とかがあって初めて自分のプログラムが成り立つと思っています。これからの大会もノーミスだけじゃなくて、気持ちを伝えられる演技がしたいと思っています。
 
―自身のアピールポイントは
どこだろ…ジャンプも苦手で、スピンも苦手でステップもスケーティングも下手で…ないですね(笑)逆に、何もないところ。その自分の向上心というか、何もできないから頑張ろうという気持ちにさせてくれているその自分の中のもの。それが強みだと思います。
 
―法政に来たきっかけは
(僕が今まで)団体のカテゴリーで出たのが国体くらいしかなくて、東北高校にいたときも男子1人で、団体で戦うのが良いなと思ってたので、法政が今年から人数が多くなるっていうのがわかったときに、ここに入って団体でも大会に出たいと思って入りました。
 
―インカレは法政が出場できる枠が3人までということですがその辺については
今はインカレに出たいとかじゃなくて、インカレを考えられる程うまくないと思っています。東インカレでどういう演技をしたいかというところを切り詰めていって、小さな目標から始めたいです。(インカレに)出たいと思えるラインにも立てていないと思うので、もっともっと切り詰めて練習内容濃くして、悪いところをどんどん削っていかないとダメだと思います。
 
―大学4年間としての目標は
1年1年考えることにしているのでまだ見えていないです。でもこの歳になってフィギュアを続けるというのは、当然お金も時間もかかるし、勇気がいることです。やりたいだけでできるような年齢じゃないので、ちゃんと1年でしっかりとした成績を出して次の年にいきたいと思います。そのしっかりとした成績っていうのはまだ決まってないんですけど、とりあえずできる技を増やしたいです。宮田くんも4回転とか練習しているし。1日1日、ジャンプ1回1回が1年に繋がると思って練習していきたいと思います。今年の目標はちゃんと3アクセルをおりることと、ジャンプとスピンの正確性を極めること。スケーティングも服部先輩のような綺麗な力強くて美しいスケーティングができるようになりたいです。そしてジャンプは渡部先輩のような高さがある力強いジャンプができるように。それが今年の目標ですね。
 
―法政の雰囲気はいかがですか
法政の今の状況はすごく質が良いと思います。ただいっぱい人数がいるだけじゃなくて、ただ仲良いだけじゃなくて、仲良い中でも注意し合えたり、学べるところや尊敬できるところがたくさんあります。4人ていうのも良くて、1人インカレに出られないという状態の中で、ピリってした緊張感があってすごく良いです。
 
 

中畑美咲

―演技を振り返っていかがですか
本当に練習不足なんですけど、スケーティングやスピンで自分ができることは全部できたかなと思います。今シンクロの練習を週3回やってるだけで、シングルの練習を全然やっていなくて。
 
―シングルの練習はほとんどされていないのですか
シングルの練習はほぼないです。でも、さすがに危機感を感じて、先日他の大学の貸し切りに入れてもらって、朝練を2回くらいやりました。
 
―今後のスタンスについては
就活次第ですね。シングルの試合は部活入ってると絶対出るものなので出るんですけど、シンクロは就活が決まってその会社で続けられそうだったら続けたいと思っています。
 
―シンクロの大会について教えてください
全日本が2月にあって、世界選手権が4月にあります。毎年行っています。6月にもショーがあってそれに毎年呼んでもらっていますね。実質シーズンが終わるのが6月で、インカレの後から試合が続く感じです。コンスタントにショーに呼ばれたりすると、その度に練習しなきゃいけないので、休みがないです(笑)もっと広まって欲しいですね。
 
―シングルに活きている部分はありますか
スケーティングなどはシンクロではすごくうるさいから、かなり気を付けるようにはなったと思うし、少しは上手くなったかなとは思います。
 
―後輩の印象は
大地くんはテレビでも見てたんですけど、本当に上手くて、その子が入ってくるのは驚きました。よく入ってくれたなあという感じです。渡邉くんは、東北出身なんですけど、私は小さい頃北海道にいて、東北とブロックが一緒だったから名前は知ってて、嬉しいなという感じです。あと男の子が入ってくれることで、インカレも強くなるから嬉しいですね。
 
―今の法政の雰囲気はいかがですか
法政は昔からなんですけど、皆仲が良くて、学校で会うと一緒にご飯食べたりします。渡部と直弥くんは通信なのであんまり会えないんですけど。この前、今年初の試みで部練をやりました。すごく楽しかったです。前から仲良かったけど、さらに仲良くなったし、部自体が活性化したというか、賑やかになって嬉しいです。
 
―今後の課題や目標
もう大学生最後なので最後くらいちゃんと練習して臨みたいです。これからはもうスケートをこんなにやることはないと思うから、一生懸命、できることは全部やりたいなと思います。シングルでもシンクロでも。もうやり残すことはないってくらい全力でやりたいです。
 
 

藤澤亮子

―今日の演技の感想をお願いします

練習不足なのもあったし、体力不足なのもあって途中最後まできつくてきつくて記憶にない感じです。ボロボロだったのは覚えてます。

 

―インカレの時とは構成は変えてないですか

変えてないですけど、インカレの方が良かったです。

 

―中盤ジャンプで転倒してしまったときは

もうきつかったので、最後まで早く終わってと思ってました。

 

―久しぶりの大会で緊張はしてましたか

はい、緊張してたし自身が無いのもあって。夜遅いし緊張してました。

 

―衣装はお母様の手作りですか

そうです!いつもです。

 

―後輩の印象は

学校では本当に後輩って感じなんですけど、リンクではどちらも本当に上手なので。大地君は福岡の子だし、直弥君は今年初めて知ったんですけどいい子たちです。全然頼りないので先輩なんて思ってもらわなくて大丈夫です。

 

―今回の演技の反省点を踏まえて、これからどんな練習をしますか

とりあえず、体力とやっぱりジャンプです。今結構跳べなくなってるのが多くて、前跳べてたのが、跳ばないと恐怖心が強くてあんまり思い切って跳べてないところがあるんで、とりあえず本数跳んでいくしかないかなと思ってます。

 

―これからの目標は

やっぱり今まで中高やってこなかったので、勉強とちゃんと両立したいです。

 

選手紹介

今年度、新入生が2人入ったことにより、全員で6人となった法大フィギュア部門。
仲が良いだけでなく、切磋琢磨し合う良き関係だ。今回はそんな選手たちのプロフィールを簡単に紹介!

16

 先日のスケート部祝賀会の写真です。

①名前(写真左上から順に)
②学部学科
③身長
④誕生日
⑤自分の中での最高成績
⑥趣味
⑦好きなフィギュアスケーター
⑧好きなタイプ、または好きな芸能人
⑨今年の目標
⑩一言

  • ①服部瑛貴(主将)(左上)
    ②文学部 日本文学科4年
    ③176cm
    ④1月23日
    ⑤東日本2位
    ⑥ボルダリング
    ⑦アレクセイ・ヤグディン
    ⑧YUI
    ⑨インカレ優勝
    ⑩ぜひ一度会場にお越しください。温かい応援をよろしくお願いします!
  • ①渡邉直弥(左上2番目)
    ②経済学部 経済学科1年(通信制)
    ③178cm
    ④8月4日
    ⑤国体6位
    ⑥コンサート参戦(主にハロプロ)
    ⑦小塚崇彦
    ⑧白いワンピースが似合う人
    ⑨一戦一戦課題を克服する
    ⑩まだまだ下手くそですが、応援してくれたら嬉しいです。お願いします。
  • ①渡部幸裕(副将)(右上2番目)

    ②経済学部 商業学科4年(通信制)
    ③174cm
    ④6月26日
    ⑤インカレ8位
    ⑥釣り
    ⑦ステファン・ランビエール
    ⑧ガッキー、清楚な女の子
    ⑨車の免許を取る
    ⑩仲間と一緒に頑張ります。

     

  •  

  •  

  • ①宮田大地(右上)
    ②文学部 日本文学科1年
    ③170cm
    ④7月14日
    ⑤全日本11位、インハイ3位
    ⑥サッカー
    ⑦ジョシュア・ファリス
    ⑧ガッキー、有村架純
    ⑨単位をできるだけ取る
    4 回 転

  • ①中畑美咲(左下)

    ②法学部 政治学科4年

    159cm

    2月23日

    ⑤全日本シンクロナイズドスケーティング大会 優勝

    ⑥写真を撮ること

    ⑦サーシャ・コーエン

    ⑧一緒にいて楽しい人

    ⑨ちゃんと練習をしっかりして、試合に臨むこと

    ⑩インカレ優勝します!

     

  • ①藤澤亮子(右下)

    ②文学部 心理学科2年

    154cm

    4月14日

    ⑤中学1年生 ジュニアグランプリファイナル2

    ⑥料理

    ⑦グレイシー・ゴールド

    ⑧人が良くて、話してて面白い人

    ⑨トリプル3種類(トーループ、ループ、ルッツ)を跳ぶ

    ⑩学校と両立頑張ります。

フォトギャラリー

  • 6宮田が堂々の1位!

     

  • 2
    高さのあるジャンプで会場を魅了した渡部

     

  • 4

    服部は主将として法大フィギュア部門をまとめあげる

  • 3

    これからの成長が楽しみな渡邉

  • 7
    今年からは”先輩”となる藤澤
  • 1

    なめらかなスケーティングが魅力の中畑

  • 8どの選手が滑るときも全員でリンクへ送り出す
  • 5表彰式の様子

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み