スケート

【スピード】「シーズン開幕直前特集」寮インタビュー ~長距離編~

2015年6月20日(土)
千葉県流山市
スケート部スピード部門流山寮

ついにシーズンが開幕する。昨シーズンは日本学生氷上競技選手権大会(インカレ)を見事優勝で飾った、法大スケート部スピード部門。今シーズンは初のインカレ連覇に向け歩み始めている。今回は新体制となったメンバーに今シーズンの抱負、そして日々の練習や寮生活について語ってもらった。

8
左から河野、佐藤、大竹

長距離選手対談

―自己紹介をお願いします
佐藤:経営学部4年の佐藤裕斗です。北海道の釧路明輝高校出身です。
大竹:文学部地理学科1年の大竹拓三です。出身は北海道の駒大苫小牧高校です。
河野:文学部史学科1年の河野綜太です。出身は北海道の帯広農業高校です。

―専門種目は
佐藤:1500mと5000m、10000mを専門としてやっています。
大竹:5000m、10000mにでています。
河野:自分も5000m、10000mです。

―1年生に聞きたいのですが、高校時の主な成績は
大竹:全国高校選抜、3000m、5000m優勝です。
河野:特にないです。

―法政大学を選んだ理由は
大竹:先輩方に実力ある方がたくさんいますし、高校の時に法政大学と一緒に合宿やらせていただくことがあって、その時の雰囲気や先輩方の姿勢に惹かれるものがあって。後はインカレ優勝していたりして、そういうところに魅力を感じて選ばせていただきました。
河野:高校の時、遅くて速くなりたいと思って、速くなるためには法政大学しかないと思ったからです。あと、先輩方が凄く速いというのが1番の理由です。
佐藤:違うでしょ、ただ来ないかい?って言われたから来ただけでしょ(笑)。
大竹:嘘つくなよ(怒)。
河野:いや、違います(笑)。
佐藤:言われなかったら、来なかったでしょ。
大竹:誘われたからなんとなく来たって書いといてください(笑)。
河野:いや、先輩方が速い人ばっかりなので来ました。

―佐藤選手にお伺いします。昨年、インカレ優勝されましたが、昨シーズン振り返って
チームとしては、良い雰囲気だったから優勝できたかなと思います。主要メンバーは変わってないので、今年も優勝目指して良いチームを作っていったらいいなと思います。

―個人としては
最低限の仕事はできたかなと思います。

―スケートを始めたきっかけは
佐藤:小1の時の担任の先生がスピードスケートをやっていて、かっこいいなと思ったから始めました。
大竹:自分は叔父さんがスケート選手で小さい頃からそれを見ていて、あまり覚えてないのですけど、気づいたらやっていました。
河野:叔父さんがスケートやっていて、お父さんもやっていて。
大竹:まじ?
河野:叔父さん、オリンピックいってるんですよ。
大竹:まじ?
佐藤:河野の叔父さんオリンピア―らしいよ。
一同:え?
大竹:なになになに。嘘つき?
河野:父さんの父さんです。
矢島:それおじいちゃんじゃない?
河野:スケート場に名前載っていたりするんですよ。
藤野:なんて名前?
河野:よしひろだったと思います。
藤野:そんな人、俺見たことないよ。
河野:いや、載っていますよ。家族がやっていたので始めたという感じです。

―長距離をやることになったきっかけは
佐藤:小学校の時は500mと1000mとたまに1500mという3種目しかなくてどっかといったら1000mが長距離で、1000mが得意だったので自然な流れでしたね。
大竹:自分は短距離が遅いのでこっちに逃げてるじゃないですけど、そういう感じはあるのですけど、長距離には自分的にはやりがいがあるなというか、練習でもゆっくりじわじわしたのが好きなので。
河野:短距離では勝負できないなと思ったので、長距離に移行してずっと長距離です。

―長距離の魅力は
佐藤:周回を重ねていくなかで、ラップが一定で滑れると、スケートやっている人からしたらつらさがわかるので、長距離がキープしていると周りが盛り上がります。短距離はみんな見てわかるし、瞬発的なものがあるので、盛り上がると思うのですけど、スケートやっている人は長距離の方が見応えがあると思います。
大竹:そうですね、その通りです。

―陸上も長距離、短距離ありますが見るのはどっちが好きですか
佐藤:見るなら100m、200mですね(笑)。
大竹:そうですね(笑)。長距離も深みがわかっていると楽しくなると思います。

―やるならどっちですか
大竹:短距離には縁がないので、結局長距離になると思います(笑)。

5
W杯代表を狙う佐藤

―普段の学校生活についてお伺いします。学校までの通学時間は
佐藤:1時間半くらいですかね。

―駅まではどうしているのですか
大竹:普段は自転車で、雨の日は歩いて15分くらいです。

―バラバラに行かれるのですか
大竹:そうですね、各自ですね。

―大学生になって少し生活してみてどうですか
大竹:思っていたより授業は大変じゃないなというのが、第一印象にあります。自分で計画立てたりできるので、楽しいです。
河野:えー。
佐藤:さぼれるので、良いですって言えよ(笑)。
河野:1限、起きるのが大変で、なかなか起きられなかったり、勉強もつらかったりするのですけど、部活動優先できるように頑張りたいです。

―高校と大学の違いは
大竹:授業時間が長いです(笑)。
河野:人数が凄く多いので、遅れると席座れないので、少しためらいます(笑)。

―1年生3人は高校時代面識はありましたか
大竹:はい、自分と杉本は同じ高校でしたし。
河野:めっちゃ速いなと思っていました(笑)。

―その選手と同期になりましたが
河野:けっこういろいろ、教えてもらっているので、ライバルとなれるように頑張ります。
大竹:引き離せるように頑張ります。

―学部・学科はどうやって決めましたか
大竹:学部は元々決まっていて、その中で3人で話し合ったりして、決めました。

―学科はそれぞれの好きな所ですか
大竹:はい、そうですね。
河野:僕は、先輩が史学科にいるということもあって、決めました。

―高校時代の勉強は
大竹:うーん、頑張っていました。できる限りは。
河野:あんまり、やってなくて、けっこうさぼっていました。高校は。
大竹:今もしてねーだろ。

―佐藤選手は勉強面はどうですか
佐藤:卒業はできる感じなので、後は卒業のための単位を取ります。

―4年生3人の関係は
佐藤:中学生から知っているので、1名を除いては良いチームメイトです(笑)。

―その方(三輪選手)の普段の様子は
佐藤:あんな感じです(笑)。ぶんなぐってやりたくなります(笑)。

―お昼はどうしていますか
大竹:学校行っている時は学食です。

―スケート部で食べていますか
大竹:そうですね、最初に行った人が先を取って。
佐藤:みんなが段々集まってくるという感じです。

―スケート部以外の友達は
佐藤:全然いないですね(笑)。
大竹:本当にいないですね(笑)。授業のプリントもらうために、何人かで、必要最低限といったら、あれですけど、ほんとそんな感じです。

―他の部活との交流は
佐藤:重量挙げ部とボート部とほんの少しあるくらいですね。

2
大学での活躍にも期待の懸る大竹

―普段の練習の様子を教えてください
佐藤:日曜日だけ休みで、週6です。学校終わって、遅くとも4限くらいまでなので、5時から始めて7時くらいまでやっています。
大竹:1年生は火曜の5限が入っていて、練習参加できないので、帰ってきてからやって補っているのですけど、もっとやっていかなきゃいけないなと思っています。
河野:そんな感じです。

―夕食はどうしていますか
佐藤:自炊です。

―1年生はどうですか
大竹:自分は料理嫌いじゃないので、ネットで調べたりして、色々作ったりしているので、楽しいです。
河野:豚丼とレトルトしか作れないので、食べさせてもらっています。

―オフの日の過ごし方は
佐藤:それぞれですね。出かける人もいるし、引きこもっている人もいるし。

―3人はどうしていますか
佐藤:激しいです(笑)。引きこもるときは引きこもるし、出ていくときは東京の方まで出ていきます。
大竹:出身が田舎なので、出かけたりはしますけど、基本引きこもっているのが多いです。

―3人とも北海道出身だと思うのですが、東京との違いは
大竹:暑いです。
佐藤:4年もいるからな(笑)。

―どちらが好きですか
佐藤:住むなら北海道で、東京は遊びに来る程度でいいかなと思います。

―東京で好きな場所は
佐藤:好きな場所はないですね(笑)。行くところ人が多いので、邪魔だよってなります(笑)。

―趣味は
佐藤:引きこもっている時は、大抵映画見ています。
大竹:決まった趣味はないです。その時、思い立ったことをやっていますね。
河野:麻雀ですかね。後はボーリングも好きですね。
大竹:ボーリング、みんなで行ったりするので。

―映画は、好きな女優、俳優はいますか
佐藤:特にいないです。内容が面白ければいいです(笑)。

―テレビは見ますか
大竹:見ますね。最近は広瀬すずちゃんにはまっています。
河野:朝のニュースくらいしか見ないですね。

―平日夕食後の過ごし方は
一同:何しているんだろう(笑)。
大竹:ストレッチとか、課題あったらやっていますね。

―寮生活のメリットは
大竹:メリットは学校から帰ってきてから、遅くても、自分が練習やろうと思えばできる環境が整っていることですね。そういう面では恵まれているなと思います。
河野:いつでも練習できることと、ここで練習していると、先輩方がいろいろ言ってくれる所ですね。

―逆にデメリットは
大竹・河野:学校まで遠いくらいですね。

6
今後に期待の河野

―佐藤さんからみて、1年生の印象は
佐藤:気持ちが弱い。気持ちが弱いから、気持ちが崩れたら全部崩れていく感じです。

―先輩の印象は
大竹:自分は一緒に合宿させていただいていたこともあったのだ、変わらずという感じです。
河野:日本の中でトッププレイヤーといっても過言ではない選手ばかりなので、色々言われたりするんですけど、それをしっかり自分のことだと受け止めてやっています。
佐藤:やってないね。
河野:いい先輩方ばかりなので、しっかり見習っていきたいです。

―藤野主将の印象は
河野:かっこいいです。
佐藤:藤野、河野がディスり始めたぞ。
藤野:は?ディスってんじゃねーよ。
河野:ディスってないです。
藤野:失望したよ。もっといいこと言って。
中村:河野、キャプテンだからって調子乗ってんじゃねーよって言ってましたよ(笑)。
河野:言ってないです。
大竹:言葉よりも行動で引っ張ってくれるので、それに必死でくらいついていければなと思います。

―昨年、インカレ優勝して今年は2連覇を
佐藤:もちろん。

―個人的な目標などは
佐藤:5000mと10000mで表彰台にあがれるように頑張ります。
大竹:去年、優勝したと聞いて、かなりしびれるものがあったので、今年は自分もポイントを稼いでやってやろうという気持ちが強いです。自分の中で目標タイムとかをたてていて、それをクリアできればけっこう良い位置に付けると思うので、とりあえずタイムを切ることを目標に練習しています。
河野:少しでも先輩方に追いつけるように頑張ります。

―佐藤選手と大竹選手は同じ種目ですが
大竹:まだ、専門的な練習はしていないのですけど、高校時代は同じ種目の人がいなかったので、今からワクワクしています。

―インカレ以外の大会の目標は
佐藤:10月末の距離別があって、そこで3位以内に入ればワールドカップに出られるので、目指してはいます。
大竹:ジュニアワールドカップとか世界ジュニアとかで海外に行きたいです。世界の大会を体験するのが目標です。
河野:一緒です。
大竹:一緒ってことはワールドカップに行くってこと?
河野:そうですね。狙える位置になったら狙いたいです。まずは、タイムとかを残して、次のオリンピックを狙える人材になりたいです。

9
全体写真
 
(取材:八木下伸一)
選手紹介
佐藤裕斗(営4)
大竹拓三(文1)
河野綜太(文1)
 

フォトギャラリー

  • 3学生最後の年となる佐藤
  • 4高校総体王者の大竹
  • 7休憩中に一発芸披露の河野
  • 8左から河野、佐藤、大竹
 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み