スケート

【スピード】第89回日本学生氷上競技選手権大会1日目 阿部が表彰台を逃すも14ポイント獲得!!

第89回日本学生氷上競技選手権大会1日目
2017年1月6日(金)
苫小牧市ハイランドスポーツセンター

歓喜の日本学生氷上競技選手権大会(インカレ)連覇から早2年。迎えた大舞台の地は苫小牧。厳しい寒さの中で熱い戦いが繰り広げられる。
1日目は500㍍のみが行われた。得点を稼ぎ勢いに乗りたい法大からは阿部啓吾(営3)が唯一出場。見事4位に入り、14ポイントを獲得した。

abeinkare1
惜しくも表彰台を逃した

試合結果

試合結果

種目成績選手名記録
 500m(1回目) 2位 阿部啓吾(営3) 36秒75
 500m(2回目) 5位  阿部啓吾(営3)  37秒09
 500m(総合) 4位 阿部啓吾(営3) 73秒84

順位表

順位 大学名 500m 合計得点
1位 日本大学  37 37
2位  高崎健康福祉大学  32 32
3位  東洋大学  19 19
専修大学  19 19
5位  法政大学  14 14
6位  明治大学  7 7

※上位6校のみ掲載 

 

戦評

 2017年に入り、いよいよ迎えたインカレ。3連覇という大きな夢に向かってまず500㍍が行われた。出場したのは阿部啓吾(営3)。昨年は16位でポイント獲得なしと悔しい結果に終わった。3連覇に向けスタートダッシュを決めたいところである。  
 晴天の中、1回目の滑走。勢いよくスタートを切るとそのままスピードに乗る。ゴール後に小さくガッツポーズ。36秒75の好記録で2位となった。表彰台を入り目指して2本目のレースに臨んだ。しかし、タイムは思うように伸びない。総合順位は4位で表彰台を逃すこととなった。それでも14ポイントが法大にもたらされた。3連覇に向け上々の滑り出しを見せた法大。明日の5000㍍、1000㍍でのさらなる大量得点が期待される。(石川大悟)

選手コメント

阿部啓吾

ー今日のレースを振り返って
2本とも完璧とは言えないんですけど、1本目は納得のいくレースができて2位といういい位置につけれたんですけど、2本目は力んでしまって足が動かなくなってしまいました。

ー1本目について
36秒75で2位でしたスタートラインに立った時に結構落ち着いていました。第一コーナーでバランスを崩してしまって少し焦ってしまったんですけど、バックストレートで大きくしっかりと氷を捉えて滑れたので良いタイムが出たのかなと思います。

ー2本目の目標タイムは
1本目で36秒75だったので、それより良いタイムでいきたいなと思っていて、36秒50台を目指していました。でも、2本目余裕がなくてスタートライン立った時にいろんなことを考えすぎてあのタイムになってしまったのでよくなかったですね。

ー総合で4位でしたが
1本目2位だったので、1位2位を狙っていたんですが4位なので悔しいです。1年生の時に4位という成績を残したんですけど、3年生の今回も同じ順位だし、表彰台に登ったのが自分より下の学年の選手だけなので、そこには負けたくなかったです。

ー成績に納得はしていませんか
そうですね。表彰台に乗ることを目標にしていたので全然納得できないです。

ー長野でおこなわれた全日本スプリントでの調子は
500㍍と1000㍍で自己ベストを更新しました。なので調子はいいのかなと思います。今回の大会はスプリントから1週間しかなかったので、3日間休養してそこから氷上の練習という今までやったことのない難しい調整方法だったんですけど、悪い調整ではなかったです。

ー明日の1000㍍に向けて
自分は1000㍍は得意ではないんですけど、学生の中では入賞出来ると思うので、8位以内入賞を目指して自分の力を精一杯出せるように頑張ります。

フォトギャラリー

  • abeinkare1惜しくも表彰台を逃した
  • abeinkare21回目の滑走では2位と快走
  • abeinakre32回目の滑走は不本意なものに…
  • abeinkare44位で12ポイントを獲得した
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み