【水泳】主将・松枝、有終の美 第85回日本学生選手権水泳競技大会

第85回日本学生選手権水泳競技大会
2009年9月4日~6日
会場:アクアドームくまもと

主将としてチームを牽引した松枝

学生日本一をかけたインカレがアクアドームくまもとで開催された。各大学とも母校の威信をかけ、非常に激しい戦いが繰り広げられた今大会。法大男子は個人・団体合わせて13個のメダルを獲得し、30年ぶり3度目の総合優勝を成し遂げた。女子は総合11位となり、惜しくもシード権を逃してしまった。

悲願の天皇杯獲得を実現した法大。そのチームを引っ張ってきたのは主将の松枝だ。100・200m平泳ぎ、メドレーリレーに出場して総合優勝に貢献した。なかでも100mでは自己ベストを更新しての2位。「チームの雰囲気も良く、負ける気がしなかった」と語り、全員でつかんだ優勝と振り返った。常にチームを支え、引っ張ってきた松枝主将。彼の力なくして優勝は無かったといっても過言ではないだろう。
松枝 孝男  100m平泳ぎ  2位  1分00秒07
「満足のいくレースができました。チームの雰囲気もよく、負ける気はしませんでした。人生を素晴らしいチームで過ごすことができました。このチームにいることができて本当に幸せでした。」

試合結果

男子100m平泳ぎ決勝記録

順位名前所属名タイム
1 立石 諒 慶應大学    59秒88
2 松枝 孝男 法政大学 1分00秒07
3 斎藤 勇人 東海大学 1分00秒51

フォトギャラリー

3

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み