【水泳】金田、見事2冠! 第85回日本学生選手権水泳競技大会

第85回日本学生選手権水泳競技大会
2009年9月4日~6日
会場:アクアドームくまもと

100m、200mバタフライで2冠の金田

学生日本一をかけたインカレがアクアドームくまもとで開催された。各大学とも母校の威信をかけ、非常に激しい戦いが繰り広げられた今大会。法大男子は個人・団体合わせて13個のメダルを獲得し、30年ぶり3度目の総合優勝を成し遂げた。女子は総合11位となり、惜しくもシード権を逃してしまった。

内田翔と同じく2冠を達成した金田。目標だった世界水泳代表の座を逃し、失意のなかインカレを迎えた。得意の200mでは予選、決勝と自己ベストを出し、堂々の2年連続の優勝。100mでも最後までデッドヒートを繰り広げ、ほんのわずかの差で優勝。総合優勝への気持ちで優勝を掴み取った。けがのため1,2年次は思うような泳ぎができなかった金田。それでも最終年で2冠を達成する活躍を見せた。金田の泳ぎは総合優勝への大きな力となった。

「4年として最低限の仕事ができたと思っています。世界と戦うためには、もっとタイムを早くしたいですが優勝はうれしいです。1,2年次は貢献できなかったんですが、挽回できたと思っています。」

試合結果

男子100mバタフライ決勝記録

順位名前所属名タイム
1 金田 和也 法政大学 52秒77
2 森 龍之介 早稲田大学 52秒92
3 井上 新 国士舘大学 53秒13

男子200mバタフライ決勝記録

順位名前所属名タイム
1 金田 和也 法政大学 1分56秒22
2 宇津木 尚史 明治大学 1分56秒63
3 瀬田 寛人 中京大学 1分56秒74

フォトギャラリー

5

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み