【水泳】内田、圧巻の泳ぎ!! 第85回日本学生選手権水泳競技大会

第85回日本学生選手権水泳競技大会
2009年9月4日~6日
会場:アクアドームくまもと

大会新での2冠を達成した内田

学生日本一をかけたインカレがアクアドームくまもとで開催された。各大学とも母校の威信をかけ、非常に激しい戦いが繰り広げられた今大会。法大男子は個人・団体合わせて13個のメダルを獲得し、30年ぶり3度目の総合優勝を成し遂げた。女子は総合11位となり、惜しくもシード権を逃してしまった。

法大を勢いづけたのはやはり内田翔だった。8月にローマで行われた世界水泳200m自由形で4位に入るなど、世界レベルの実力を持つ内田。今大会でも圧巻の泳ぎを見せてくれた。世界水泳の疲労の影響があったものの200m、400mともに大会新をマークする泳ぎを披露。納得のいくタイムではなかったものの、200m・400mで2年連続の優勝を果たした。

「調整が間に合うかどうかが心配でした。インカレはタイムより勝負が大事だと思っています。この流れは自分たちがつくったもの。流れが消えることは無いと思います。また万全じゃない状態のなか2冠達成できました。優勝して当たり前といわれるとは思いますけどそれができたのは収穫です。」

試合結果

男子200m自由形決勝記録

順位名前所属名タイム
1 内田 翔 法政大学 1分46秒93
2 葛原 俊輔 日本大学 1分48秒28
3 及川 翔太 中央大学 1分48秒82

男子400m自由形決勝記録

順位名前所属名タイム
1 内田 翔 法政大学 3分50秒56
2 宮本 陽輔 鹿屋体育大学 3分50秒96
3 町田 悠 法政大学 3分51秒38

フォトギャラリー

6

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み