【水泳】2年ぶりの金メダリスト誕生!!第87回日本学生選手権水泳競技大会

第87回日本学生選手権水泳競技大会
2011年9月2日~4日
会場:横浜国際プール

 第87回日本学生選手権水泳競技大会2日目。初日で首位・中央大とついた75点差を取り戻すべく、2日目がスタート。男子は二百㍍個人メドレーで出場した3選手全員が決勝進出を決め、百㍍バタフライでは二年ぶりの金メダリストが誕生するなど、法大の巻き返しが始まった!

2年ぶりのインカレ金メダリスト・池端(写真中)!

試合結果

予選結果(女子)

種目順位選手名タイム     備考
200㍍自 12位 国原 典子 2分03秒91 B決勝
  61位 中山 友里恵 2分14秒35  
100㍍バ  22位 岡田 愛 1分02秒35  
200㍍個 8位 高畑 えみ 2分17秒00 決勝
 800㍍自 28位 広瀬 愛美 9分13秒53  
400㍍
メドレーリレー
12位 狩野・高畑
岡田・村上
4分13秒68 B決勝

予選結果(男子)

種目順位選手名タイム     備考
200㍍自 13位 露崎 真基 1分52秒05 B決勝
  16位 須田 智博 1分52秒29 B決勝
  19位 小林 頌之 1分52秒61  
100㍍バ 1位 池端 宏文 53秒08 決勝
  9位 村松 弘基 53秒87 B決勝
  10位 宇津木 翔平 53秒90 B決勝 
200㍍個 5位 小坂 悠真 2分02秒47 決勝
  6位 内田 裕大 2分02秒66  決勝
  8位 森 洋介 2分02秒91  決勝
1500㍍自 7位 東 隼平 15分25秒57 決勝
  12位 春日 祐太 15分37秒62  
  22位 池田 翔 15分56秒22  
400㍍
メドレーリレー
4位 松原・西
宇津木・生井
3分42秒65 決勝

B決勝結果

種目順位選手名タイム     備考
女200㍍自 5位 国原 典子 2分03秒50  
女400㍍
メドレーリレー
4位 狩野・高畑
岡田・神谷
4分13秒88  
男200㍍自 7位 須田 智博 1分52秒27  
  8位 露崎 真基 1分52秒49  
男100㍍バ 5位 村松 弘基 54秒33  
  6位 宇津木 翔平 54秒35  

決勝結果

種目順位選手名タイム     備考
女200㍍個 6位 高畑 えみ 2分15秒77  
男100㍍バ 1位 池端 宏文 52秒87  
男200㍍個 2位 小坂 悠真 2分00秒23  
  5位 内田 裕大 2分01秒79  
  8位 森 洋介 2分03秒30  
男400㍍
メドレーリレー
4位 松原・小坂
池端・内田
3分39秒69  

勝負はここから!圧巻の巻き返し

 1年生とは思えない、その落ち着き・言動。ユニバーシアード代表・池端宏文が百㍍バタフライで見事優勝を果たした!予選を1位で通過すると、決勝も勢いそのままに前半から飛ばす展開。大学入学当時であれば、後半はばてていたのかもしれないが、多くの経験を通し池端は着実に成長していた。最後までペースを落とさず泳ぎ切り、ファイナリストの中で唯一53秒を切っての優勝となった。しかし、「52秒台は出ても当然」と、本人はいたって冷静。その周りに流されない芯の強さが、これからも彼を成長させていくことは間違いない。来年へ、ひとつ大きな楽しみができた。

 今日、もう一つの見どころとなったのは二百㍍個人メドレー!出場した三選手(小坂悠真・内田祐大・森洋介)が全員A決勝への進出を決めた。ユニバーシアード代表でもある、小坂は終盤一気に抜け出し2位!表彰台独占とはならなかったが、内田・森もそれぞれしっかりと見どころを作りレースを盛り上げた!二百㍍だけでなく、四百㍍も層の厚い個人メドレー。この種目、明日も大量得点を狙えるはずだ。
ギリギリのラインで決勝には進めなかったものの、百㍍バタフライでは村松弘基と宇津木翔平がB決勝に残りチームに貢献。二百㍍自由形でも、1年生露崎真基と須田智博がB決勝に進出。1点でも多く、チームの勝利に貢献したい、という気持ちがひしひしと伝わってきた。
 2日目最終種目、メドレーリレーは松原颯・小坂・池端・内田の4選手が決勝レースを泳ぎ切った。4人のうち3人が個人種目でメダルを獲得し、期待の布陣であったが最後は伸び悩み4位という結果に。しかし、池端、小坂、内田は個人種目の決勝を終えてすぐのレースだったことを考慮すれば、上出来と言ってもいいのかもしれない。

http://sports-hosei.net/img/share/bg_h3_result.png); background-position: 0% 0.25em;">シード権死守へ!女子も奮闘!

女子では高畑えみが二百㍍個人メドレーで唯一決勝に進出!直後のメドレーリレーに出場する影響もあってか、予選ではタイムが伸びなかったが、決勝ではしっかりと1.23秒縮め5位入賞。しかし本来の実力は、まだまだ出し切れていない様子。来年以降の泳ぎに期待したい。また、今大会が最後のインカレとなる国原典子も二百㍍自由形でB決勝に残った。タイムにも泳ぎにも満足しきれていなかったが、それでもB決勝で5位に入り、4年生の役目を果たした。シード権死守に向けて落とせないレースとなったリレーでは、B決勝で4位。満足のいく結果ではなかったにしろ「やれることはやった」と女子主将・神谷は笑顔でレースを振り返った。


 今日だけで102ポイントを稼ぎ、巻き返しをはかったものの、首位・中央大との点差は86点にまで開いてしまった。“優勝”という二文字がかすんでも、ここで諦めたまま終わるわけにはいかない。四百㍍自由形2位入賞の東隼平が千五百㍍自由形の決勝に登場するほか、四百㍍個人メドレーでは何人が決勝に駒を進められるのかも見どころだ。そして、今大会では、まだリレー種目でのメダルを獲得できていない。明日の八百㍍リレーにすべてを懸ける。泣いても笑っても明日が最終日。結果がどうあれ、それぞれが力を出し切り、それぞれにとって意味のある大会となることを願う。

 

フォトギャラリー

  • 212年ぶりのインカレ金メダリ
    スト・池端
  • 22自己新ならずも、2位入賞
    の小坂(写真左)
  • 23高畑は1年生ながらファイ
    ナリストに!
  • 24悔しさを隠しきれない女子
    リレーチーム
  • 25ギリギリの中で戦いぬいた
    男子リレーチーム
  • 26応援にも熱が入る!
 

 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み