水泳
 

【水泳】新体制始動!表彰台逃すも決勝レースで奮闘 FINA競泳ワールドカップ東京2011 1日目

FINA競泳ワールドカップ東京2011
2011年11月12日~13日
会場:東京辰巳国際水泳場

9月にインカレを終え、新体制をスタートさせた法大水泳部の新たなシーズンが始まった。五輪前最後の世界大会となるW杯東京には、かつて世界を大いに沸かせたあのイアン・ソープが参戦!他、国内外の有名選手が集う今大会だが、昨年表彰台入りを果たしている選手もいるだけに上位入賞への期待がかかる。

新主将を務める内田

試合結果

予選結果(女子)

種目順位選手名タイム     備考
 50㍍自 20位 村上 栞 26秒18  
 200㍍個メ 8位  高畑 えみ 2分12秒61 決勝 

予選結果(男子)

種目順位選手名タイム備考
100㍍自 36位 池端 宏文 50秒50  
  39位 生井 義人 50秒60  
400㍍自 6位 東 隼平 3分47秒53 決勝 
  21位 池田 翔 3分52秒44  
  24位 春日 祐太 3分53秒85  
  31位 露崎 真基 3分58秒73  
100㍍背 11位 深山 元聡 53秒59  
  16位 松原 颯 54秒11  
50㍍平 31位  西 信幸  28秒78  
200㍍平 22位 山口 大貴 2分12秒58  
50㍍バ 20位 池端 宏文 24秒27  
  23位 宇津木 翔平 24秒36  
  23位 村松 弘基 24秒36  
200㍍バ 24位 斎藤 拓之 2分00秒54  
  29位 森 洋介 2分03秒84  
100㍍個メ 5位 小坂 悠真 55秒06  決勝
  9位 森 洋介 55秒42  
  12位 内田 裕大 55秒83  

タイム決勝結果

種目順位選手名タイム     備考
400㍍個メ 5位 森 洋介 4分11秒48  
  6位 内田 裕大 4分13秒92  
  20位 斎藤 拓之 4分19秒48  

決勝結果

種目順位選手名タイム     備考
 女200㍍個メ 6位 高畑 えみ  2分11秒10  
 男400㍍自 6位  東 隼平 3分40秒83  
 男100㍍個メ 4位 小坂 悠真  54秒01  

 世界各国で行われた競泳ワールドカップもついに最終戦を迎えた。決戦の舞台は東京辰巳国際水泳場。9月にインカレを終え、内田裕大(経3)新主将の下、新体制がスタートした法大からは19人がエントリー。シーズン開始直後ということに加え短水路の大会ということで、今大会に合わせて調整を行うことはなかったようだが、その中でも決勝レースに出場し健闘する選手も見られた。

 ワールドカップ全7戦に出場し、ドバイとストックホルム大会では表彰台にも上っている小坂悠真(キャ4)は連戦続きの中でこの東京大会を迎えることとなった。100㍍個人メドレーでは、得意の平泳ぎを活かした後半の追い上げもむなしく4位という結果に。しかし昨年よりも順位、タイムを共に上げる躍進に今年度の充実さがうかがえる。また、同種目に出場した森洋介(経2)、内田裕大は決勝進出は叶わずも予選9位、12位と奮闘。森はこの日3種目へ出場し400㍍個人メドレーでは5位と上々のすべり出しを見せた。

 昨年200m個人メドレーで表彰台入りを果たしている高畑えみ(国1)は決勝で予選のタイムを約1秒縮める2分11秒10で6位という結果に。同じく1年生の東隼平(経1)も表彰台こそ逃したものの、「タイムを維持して泳ぐことができたのはよかった」と体力づくりがメインの時期ながら次に繋がる泳ぎができたようだ。

選手コメント

東隼平(四百㍍自由形:6位)

―今回のレースを振り返って
(練習でも)泳ぎ込んでいるので、スタミナが出るか不安があったんですが、その中でタイムを維持して泳ぐことができたのはよかったです。

―今日の調子は
まだ今の段階では(体力作りを目的とした)長距離を泳ぐといった基礎的な練習しかやっていないので、調子などはなんともいえませんね。

―今後について
1500mはいけそうな気がしますが、200mは少し不安があります。

高畑えみ(二百㍍個人メドレー:3位)

―無事レースを終わりましたけど、いかがでしたか
コナミ所属だったんですけど、コナミの方で月曜日まで合宿で富山県まで行っていたので、この大会に向けて調整とかはしていない状態で挑んだんですけど、とりあえず決勝に残るっていうのが最低の目標だったので、その最低限の目標はクリアできてよかったです。
 
―タイムとかはどうですか
タイムは、私自身も調整はしていなくて、かなり合宿で泳ぎこんできて、まあ調子は良くはなかったので、タイムはあまり考えてなかったんですけど、やっぱりちょっと悔しいところはあります。
 
―選手の皆さんにとってこの大会はシーズン初めなんですか、終わりなんですか
これはシーズン初めです。一応インカレでいったんシーズンは終わるので、新しいシーズンが始まって、皆さんこの大会が最初の大会だと思うので、今からこのシーズンの集大成となるのが4月のオリンピック選考会になるので、オリンピック選考会へ向けて自分の泳ぎをそうやって、どんどんチャレンジしていく大会だと私は思うので、とりあえず泳ぎの面でいろいろチャレンジしていきたいっていうのはあって、それをためすっていうものだと思います。
 
―今シーズンの目標を聞かせてください
この開幕シーズンの最後の試合であるオリンピック選考会に向けて、どんどん自分の泳ぎを変えていかなきゃ戦えないと思うので、自分が戦えるような泳ぎをつくっていかなきゃいけないと思うし、それに見合った体力もつけないといけないと思うので、また一から自分の泳ぎをしっかり完成させていくことが目標です。
 
―明日の試合に向けて意気込みを
100M はやっぱり個人メドレーじゃない海外の選手とか、バタフライの選手も出てくると思うので、少し200よりは厳しくなると思うんですが、やっぱり決勝には残りたいので、まずは決勝に残れるように、しっかり頑張りたいと思います。

 

フォトギャラリー

  • 1新主将を務める内田
  • 2W杯全戦に出場している小
  • 3決勝進出の高畑
  • 4400m自由形に挑む東
  • 5この日3種目で健闘した森

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み