水泳
 

【水泳】大会2日目レポート JAPAN SWIM 2012(ロンドン五輪代表選考会)

第88回日本選手権水泳競技大会 競泳競技 兼 第30回オリンピック競技大会代表選手選考会
2012年4月2日~8日
会場:東京辰巳国際水泳場

 オリンピック選考を兼ねた今大会二日目。午前中に行われた予選は予想外の展開を見せた。また、上級生に専門の選手不在である法大の女子平泳ぎ種目に期待の新星が2人も登場。予選、準決勝とその実力を見せつけた。

女子平泳ぎ期待のルーキー浜野

試合結果

予選結果(女子)

種目順位選手名タイム     備考
100㍍平  6位 茂木 美桜 1分08秒95 準決勝
  8位 浜野 麻綾 1分09秒03 準決勝

予選結果(男子)

種目順位選手名タイム備考
 200㍍自 22位 東 隼平 1分51秒19  
  28位 内田 裕大 1分51秒56  
 100㍍背 15位 松原 颯 55秒67 準決勝 
  30位 山岸 祐介 57秒45  

準決勝結果

種目順位選手名タイム     備考
女100平 5位 浜野 麻綾 1分08秒21 決勝
  10位 茂木 美桜 1分08秒64  
男100背 15位 松原 颯 55秒76  

 予選

男子200m自由型では、内田裕大(経4)、東隼平(経2)の上位が期待される二人が出場。しかし、ともに序盤から調子が上がらず東22位、内田28位でまさかの予選敗退。明日以降もレースを残す両者には今後の巻き返しを期待したいところだ。
 一方、女子100m平泳ぎでは二人の新星が台頭した。今年度から法政水泳部に加入した茂木美桜(人1)と浜野麻綾(スポ1)である。茂木は「出来が悪く不安だった」と語りながらも6位、浜野も序盤から危なげない泳ぎを見せ8位となり、ともに準決勝進出を果たした。
 男子100m背泳ぎには松原颯(経3)、山岸祐介(経2)の2名が出場。「いい流れが持ってこれるレースを」と語る松原は後半にペースが落ちたものの、序盤からのリードを維持し15位で準決勝へと進出。。序盤から上位にリードを許した山岸はその後もリズムをつかめず、30位で予選敗退。法政として初めての大会となった新人山岸のデビュー戦はほろ苦い結果となった。次のレースである6日の200mでの巻き返しに注目だ。

準決勝

 19時より行われた準決勝には3名の法大選手が駒を進めた。まず女子100m平泳ぎに茂木と浜野の新1年生コンビが出場。予選を6位のタイムで通過した茂木は、予選記録を上回るも、1分8秒64で全体10位に沈む。しかし、一方の浜野は予選よりもタイムを大幅に伸ばし、全体5位の1分8秒21のタイムで明日の決勝行きを決めた。
 次の男子100m背泳ぎ準決勝には、3年の松原が出場。予選よりも悪い55秒76のタイムで決勝行きを決める事はできなかったが、メインの200m背泳ぎに向け気持ち切り替えた。
 明日は女子100m平泳ぎ決勝に浜野が出場。新1年生の勢いはどこまで続くのか。明日の決勝も要注目だ。

選手コメント

浜野麻綾(女100平:決勝進出)

―準決を振り返って
隣の松島選手にひっぱられて、うまくいけました。100はあまり得意ではなかったんですけど、練習の成果が徐々に出てきました。

―法政大学に入学したと言う事で大学での目標はありますか
そうですね、やっぱり今回もそうなんですけどオリンピックに出たいので出場できる様に頑張りたいです。
―法政大学水泳部で意識する選手はいますか
まだ入ってすぐなので、わからないですけど、すごい先輩が多いので色と吸収していきたいです。あと、同じ1年の茂木選手とは同じ種目でもあるので、互いに切磋琢磨していきたいと思っています。

茂木美桜(女100平:準決10位)※予選後の取材

―大学に入って初めてのレースでしたが、振り返って
(試合前の)出来が悪くて不安でしたが、練習してきて調子は良かったです。思ったよりいいタイムも出せました。

―自身の持ち味について
スタートの浮き上がりと前半も後半も特に得意なところはないですけど、安定して泳げるところだと思います。

―同期とは何か話などされましたか
まだあまり会ってないので、話はあまりしてないです。

―準決勝へ向けて一言
次(のレース)がメインの200なので、勢いを付けられるように頑張ります。

 松原颯(男100背:準決15位)

―準決を振り返って
もう少しタイムは伸びると思ってました。予選よりも良くなると思ったんですけど

―予選の疲れがあったのでしょうか
いや、単純に自分の調整不足です。

―予選も含めて何か練習の成果は出ましたか
どうでしょうね。まだこれと言った結果が出でないので、まだてますね。

―次はメインの200㍍です
はい。100以上に頑張って結果を残したいです。オリンピックを目指しているので、何としてでも結果を残したいです。

―200への意気込み
おそらく派遣標準をきってくる人はたくさんいると思うので、何とか2番以内に入ってオリンピックに出場できる様頑張りたいです。

東隼平(男200自:予選22位)

―今日のレースを振り返って
前半から思い通りの泳ぎができなくて、後半も修正に手間取ってしまいました。

―今日の調子自体は
そこまで悪くなかったんですけど、思った結果は出せませんでした。

―昨日に続いて二日目のレースとなりましたが
昨日は力みがあったので、リラックスして泳げるように心掛けました。

―次のレースへの意気込み
1500mが残っているので、それをしっかりと泳げるようにしたい。

内田裕大(男200自:予選28位)

―今日のレース振り返って
順位としても、タイムとしてもあまり納得の行く結果ではなかったので、悔しい気持ちが強いです。

―昨日に続いて二日目のレースとなりましたが
昨日の今日だったので、結果が出れば良かったんですけど、思った結果が出なかったでなかったんで次(200m個人メドレー)までになんとか修正をしていきたいです。

―メドレーに向けての意気込み
とにかく、この二日間を反省して、ベストを尽くせるように頑張っていきたいです。

 

 
 

フォトギャラリー

  • 21女子平泳ぎ期待のルーキー
    浜野
  • 22同じく1年の茂木は200m平
    にかける
  • 23準決入場(茂木)
  • 24新入生の山岸
  • 25先日のJOCでは同種目で6位
    に(山岸)
  • 26声援に応える松原
  • 27応援に駆け付けた選手たち
  • 28松原(予選)
 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み