水泳

【水泳】FINAスイミングワールドカップ2015東京大会 2日目  竹田が2年連続となる銀メダル獲得!

FINAスイミングワールドカップ2015東京大会
2015年10月28日~29日
東京辰巳国際水泳場

大会最終日、ついに法大からメダリストが誕生。竹田渉瑚(スポ3)が、インカレでの雪辱を果たし2年連続で準優勝に輝いた。世界のレベルを体感した法大スイマーが、これからどのような成長を遂げるのか。今後の活躍に目が離せない。

takeda3
2年連続で銀メダルを獲得した竹田

試合結果

予選結果(女子)

種目順位選手名タイム備考
 100m自由形 7位 青木智美  56秒11 決勝進出 
 50m平泳ぎ 15位 神宮司瀬里奈  32秒72  
100m背泳ぎ 23位 小林江舞 1分03秒80  
200mバタフライ 17位 平野香緒里 2分14秒68  

予選結果(男子)

種目順位選手名タイム備考
 200m自由形 34位 齊藤凌  1分54秒43  
 100m平泳ぎ 12位 渡邊一輝  1分02秒50  
200m個人メドレー 16位 齊藤凌 2分05秒95  

タイム決勝結果

種目順位選手名タイム備考
 女子400m個人メドレー 16位 田中瑞穂  4分51秒99  
男子1500m自由形 2位 竹田渉瑚 15分16秒76 銀メダル獲得

決勝結果

種目順位選手名タイム備考
 女子100m自由形 7位 青木智美  55秒48  
 

戦評

予選

  予選には7人の選手が出場。世界へ挑む法大スイマー達の熱い戦いが見られた。
 
最初の種目は100m自由形。前日の200mで6位入賞を果たした青木智美(社3)が登場。「アップ不足だった」と語るも、落ち着いたレースを展開し、7位で予選を突破する。続く男子200m自由形では、齊藤凌(経2)が34位となる。50m背泳ぎに出場した神宮司瀬里奈(現2)は昨日のレース後、課題として語った「テンポを上げること」ができたと述べ、納得の15位。
 
男子100m平泳ぎに登場した渡邊一輝(社3)は12位。選手として、主将として、今後のさらなる飛躍を誓った。昨日の50m背泳ぎで8位入賞を果たした小林江舞(現3)は、100mでは結果が奮わず23位。200mバタフライに出場の平野香緒里(人1)は17位。「課題が見つかった」と手応えを感じていた。
 
続く200m個人メドレーでは、齊藤が本日二種目目となる登場。前半から積極的なレースを見せるも、16位に終わった。今大会四種目ものレースに出場し疲労も見えたが、「質の高い練習のため」と4月の日本選手権に向け気合いは十分だ。午前最後の種目、女子400m個人メドレーには田中瑞穂(経3)が出場。序盤は7位と遅れをとるも、中盤から見事な追い上げを見せ、レース4位まで浮上。全体8位でフィニッシュとなった。(阿部暁野)

決勝

    まずは法大勢で唯一、予選を突破した青木が女子100m自由形に登場。スタートから隣のレーンで泳ぐ内田美希(東洋大)らのスピードについていくことができず、7位でフィニッシュ。目標とするオリンピックに向け、「スピードの強化と持久力」と課題を明確にし大会を後にした。
 
    一発勝負のタイムレース決勝となる男子1500m自由形の最終組に竹田が出場。この種目はエントリータイムの速い8人が最終組に配されるため、この組で上位に入ることが入賞するための近道となる。
    迎えたレースで竹田は先行逃げきりのスタイルで250m地点で1秒50の差をつける。その後は平井彬嗣(明大)の追い上げに屈し、逆転を許す。その後、最大1秒75まで差を広げられるも残り100mのところで「自信を持って行った」とラストスパートを仕掛け一気に0秒09差まで追い上げる。最後は平井とのスパート勝負に敗れ2位に終わるも「悔しいけど、レース展開の面では練習の成果を生かせて嬉しい」と結果を前向きに捉えた。
 
メダルは去年と同じく一つに終わった法大陣。しかし、入賞者は2人増え5人となり、各個人の努力の成果の見えた大会となった。冬の期間が終わると、次に迎えるはオリンピックの選考会となる4月の日本選手権。「オリンピックしか目指していない」と語る青木をはじめとするHUSTの面々が一人でも多く代表に選ばれることを願いたい。(飯田翼)

 

選手コメント

竹田渉瑚

―レースを終えて
1位は狙えたので、めちゃめちゃ悔しいです。
 
―今大会は優勝を狙っていましたか
そうですね。やっぱり皆まだ本調子ではないなか、しっかり1番を取って来年の選手権の弾みにしようと思っていたので僅差は僅差でしたけど、やっぱり悔しいです。
 
―追われるレース展開でした。プレッシャーは
やっぱり宮本陽輔(自衛隊)さんも見えていて、後半から(平井)彬嗣(明大)さんに抜かれていくという状況になってしまって、プレッシャーはありましたけど、楽しく泳げて良かったです。
 
―15分16秒76というタイムについては
10秒割るか割らないかくらいで泳げたらベストだなと思っていたのでプラス6秒というのはあまり納得が行かないです。でもそんなに悪いタイムではないので、来年を見据えてしっかり頑張りたいと思います。
 
―インカレと比べて
彬嗣さんに終始置いていかれて終わってしまったので、こういう競り合いができたというのは、レースのイメージプランとしてはとてもプラスになるものだったと思います。
 
 ―インカレでは仲家選手(明大)に抜かれるという展開でした。意識していた部分はありましたか
やっぱり彼は後半型なので意識はしていたんですけど、まずは前にいる平井選手を倒そうという気持ちでいっぱいだったので、仲家選手が来たらきたでしっかり立ち向かえるように粘り強さを持っていきたいと思います。
 
―850mからの平井選手の追い上げに対する焦りは
あんまり離されすぎると後半抜けなくて、足りない部分が出てきてしまうので、離されないようにという緊張感はしっかり持っていたんですけど、やっぱりちょっと及ばない結果だったので、もう1回練習をしっかりやり直さないといけないなと思いました。
 
―400mでのスピードの強化が、今日の残り100mの追い上げに繋がったのでは
そうですね。400も調整せずにそこそこのタイムがでてたので、普段のスピード練習がちょっとずつ活きてきたかなと思っていました。なので今日も自信を持って取り組むことができました。
 
―大学ラストシーズンが始まります。どのようなシーズンにしたいですか
法政大学男子が今年シードを落としてしまって、窮地に追いやられているので、しっかり4年生の僕たちが点数を取って後輩にしっかり繋げられるように、強い背中を見せられるような泳ぎをしたいと思います。
 
―4月の選考会の目標は
オリンピック以外のことは考えていないので、オリンピックに出て、勝つ、ということしか考えていないです。
 
―今後に向けて
400のスピード強化もまだ途中ですし、1500の粘り強さもまだ強化の途中なので全てにおいて一回り二回り大きくなって来年の4月のスタート台に立ちたいと思います。
 

青木智美

(予選後)
―レースを終えて
予選から55秒台が出ればいいなと思っていたのと、隣が50mの早い池江選手だったので、前半から着いていこうと思っていたんですけど、離されてしまって、悔しい気持ちがあります。
 
―離された要因は
朝一番のレースが私は苦手で、アップをちゃんとやったつもりだったんですけど、まだちょっと足りないのかなと思います。
 
―昨日のレースと比べると
昨日の結果が納得のいくものではなかったので、今日こそ納得のいくものをと思っていました。感覚は悪くないんですけど、ちょっとアップ不足かなあというのがあります。
 
―今後に向けて
次の試合が多分年明けになってくるので、年末年始の強化をしっかりとして、年明け一発目で自己ベストを出して、4月の選考会に繋げられたらなと思います。
 
(決勝後)
―今日のレースを振り返って
ベストタイムを目標にしていたので、55秒4は納得いかないタイムなんですけど、前半はいつもより大きく泳げたと思うので、そこはよかった点かなって思います。
 
―予選より速いタイムですが納得はいかないと
55秒0がベストタイムで54秒台を目指していたのでちょっと納得いかないですね。
 
―今の決勝レースで意識した選手やマークした選手などはいますか
そういった選手は特にいないんですけど、どの選手もベストタイムが速くて、特に内田選手は50、100と連続で前半、内田選手についていければいいなって思って泳ぎました。
 
―昨日の200mで決勝では一番端でもっと内側で泳ぎたいと言う話でしたが、今日も一番端のレーンでのレースとなってしまいました
今日の100mに関しては決勝に残れるかきわどいラインだったので、とりあえず決勝の舞台に進めたことはよかったと思います。
 
―昨日のレース後、外国人の泳ぎが力強いと言う話でしたが、泳ぎに影響が出たりするのでしょうか
外国の選手は体も大きくて、泳ぎも大きくて結構先に行かれてしまうので、そういった部分で波を喰らってしまうので、そういう部分では泳ぎに影響はありますね。
 
―今後に向け、やはり目指すところはオリンピックなのでしょうか
そうですね、オリンピックしか目指してないです。
 
―では、その選考会である来年4月の日本選手権に向けて、どういったことをやっていこうと考えてますか
今の段階だと非常にきわどいラインにいるので、まずはしっかりと1本目からタイムが出るように練習をしていきたいと思いますし、前半のスピードが足りなくてそこで出遅れてしまう部分もあるのでスピードの強化と、あとは持久力を鍛えて4月の選考会で派遣記録を切れるようにしていきたいと思います。
 
 

渡邊一輝

―今のレースを振り返って
かなり空回りしてる状態で、速いスピードに体が追い付いて内です。タイムも遅くなってしまいました。
 
―今はまだオフ明けということですが、今後取り組みたいことは
スピード面の強化と、ストロークの改善して、4月につなげられたらと思います。
 
―新たに主将として臨んだ大会でしたが、心境の変化などはありましたか
やはり結果で引っ張れる存在になりたいと常に思っているので、ベストのコンディションではない中でも結果を出していきたいです。
 
―個人としても結果が求められるということで、今後の目標は
六大では確実にベストを出して、来年の4月の選考会では代表を狙っていきたいと思います。
 
―前主将の伊佐治選手から伝えられたことことは
熱い気持ちで引っ張っていけと言われたので、受け継いでいきたいと思います。
 
―チームとしての目標は
男子はインカレでシード落ちをしてしまったので、何が何でもシードを奪還するというのをチームの目標にしています。
 
―次の大会に向けて
僕自身の次のターゲットは4月なので、次の試合は冬六を通過点として、最低でもベストを出して4月の選考会につなげていけたらなと思います。
 
 

神宮司瀬里奈

―レースを終えて
スピード練習を最近はあまりしてこなかったんですが、2秒台で泳げたのでまあまあかなと思います。
 
―昨日のレース後、明日は今日よりテンポを上げたいと言っていましたが
アップからテンポを上げることを意識してきたので、レースでも昨日より全然テンポを上げることはできたと思っています。
 
―今後の課題となる部分は
平泳ぎの泳ぎが全体的にしっくりきていないので、まずは泳ぎをつくっていきたいです。
 
―今後に向けて
選手権ではベストを出したいですし、もっとスピードを上げていけるように頑張ります。
 
 

齊藤凌

―今のレースを振り返って
昨日の疲れもあって、今日もこれで2本目のレースだったので、タイムに関しては何とも言えないです。
 
―200m自由形を振り返って
アップはしっかりやったつもりだったのですが、昨日の疲れが今日の朝の動きに出ていたのをしっかり自分の中でわかっていなかったことが、このタイムにつがったのかなと思います。
 
―200m、400mで今大会4種目に出場しましたが、狙いはありますか
タイムは今あまり気にしていなくて。練習の一環として、質の高いメイン練習をしようといことで、自分が出れる種目は全てエントリーするようにしました。
 
―次の大会への意気込み
これから4月まで時間がないので、徐々に上げていって、4月にはしっかり戦えるように上げていきたいです。
 
 

平野香緒里

―レースを終えて
シーズン始めで、何秒が出るか分からなかったんですけど、タイムというより泳ぎのこれからの課題を見つけるためでしたし、見つかったのでいいかなと思います。
 
―国際大会の雰囲気は
まず体の大きさに圧倒されますね(笑)ただ泳ぎで負けるとかそういう気持ちは一切なくて、小さくても勝とうという気持ちを持っています。
 
―大学に入って2シーズン目となります。課題は
筋持久力が足りないのと、大きな舞台では少し気持ちが弱くなってしまう部分があるので、そういうところかなと思います。
 
―今後に向けて
来年は選考会もあるので、それに向けてしっかり練習を積んで、徐々に上げていければいいかなと思います。
 
 

小林江舞

―今のレースを振り返って
昨日の50mの感じを見たら、もう少しいけると思いました。しかしこの試合では絶対に3秒台を出そうと思っていたので、それに関してはよかったなと思います。
 
―調整が不十分な中でもよい泳ぎができています。今後さらに向上させるためにどのような練習をしたいですか
昨日よかった前半が生かせなかったので、そこをもう少し楽に速く泳げるようにしたいです。それと、持久力に関するベースはできてきていると思うので、そこをさらにレベルアップさせていきたいと思います。
 
―今後は最上級生となります
私はクラブ練なので、学校練の子と関わりが少ないのは残念なのですが、ミーティングを重ねてみんなを引っ張っていきたいと思います。
 
―女子背泳ぎを引っ張っていく存在にもなられると思われますが
偉大な先輩だった桃子さんが今年引退されてしまって、その桃子さんのベストタイムにはまだまだ追い付いていないので、まず桃子さんのタイムに追い付いて、女子背泳ぎをまた強くしていきたいと思います。
 
―次の大会への意気込み
次はおそらく12月のウィンターカップになると思うのですが、まだ日本選手権の標準を切っていないので、そのタイムをまずは確実に突破して、選手権に向けて調整をできるようにしたいと思います。
 

 

 

フォトギャラリー

  • takeda32年連続で銀メダルを獲得した竹田
  • aoki3昨日に続き決勝に駒を進めた青木
  • tanaka400m個人メドレーに出場した田中
  • zinnguuzi手応えをつかんだ神宮司
  • kobayasi3女子背泳ぎをけん引していく小林
  • saitou3今大会4種目に出場した齊藤
  • hirano課題が見つかった平野
  • watanabe3結果でチームを引っ張る渡邊
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み