水泳
 

【水泳】大会4日目レポート JAPAN SWIM 2012(ロンドン五輪代表選考会)

第88回日本選手権水泳競技大会 競泳競技 兼 第30回オリンピック競技大会代表選手選考会
2012年4月2日~8日
会場:東京辰巳国際水泳場

7日間にわたる戦いも大会4日目を迎え折り返し地点に入る。法政からは前日から一転し、男子のみ出場となった。そして男子バタフライ勢がいよいよ参戦。選手席にも賑わいが増し始めた。

副主将の宇津木

試合結果

予選結果(男子)

種目順位選手名タイム備考
100㍍自 37位 生井義人

51秒75

 
200㍍バ 17位 森 洋介 2分00秒15  
  23位 村松 弘基 2分00秒66  
  24位 伊佐治 淳 2分00秒78  
  25位 宇津木 翔平 2分00秒80  
 200㍍平 29位 山口 大貴 2分16秒08  
  48位 堤 大陸 2分18秒72  

 予選

 男子100m自由形には生井義人(社4)が出場。「前半が勝負の鍵」と話したがスタートで失速し37位で予選敗退、悔しさをにじませた。

 続く男子100mバタフライには1年生の伊佐治淳’(経1)を筆頭に副将の宇津木翔平(社4)、村松弘基(社3)、そして大会初日に400m個人メドレー決勝で4位入賞した森洋介(経3)の順に登場。最初に泳いだ新入生の伊佐治は終盤巻き返し2組3位で総合24位。宇津木は良いリアクションを切るも25位。村松は23位に終わり「100mで巻き返したい」と挽回を誓った。森は惜しくも17位で予選敗退となったが明日の200m個人メドレーに向けてい調整になった様子。メイン種目で上位を目指す。

 この日の予選最終種目である男子200m平泳ぎには山口大貴(デ工3)と1年生の堤大陸(経1)が出場。3組目を泳いだ山口は序盤から失速し、後半盛り返すも総合29位で予選敗退。本人も「練習から調子が良かったのにタイムに不満」と悔しさを噛みしめていた。北島・立石が対決した直後の7組目に登場した新入生の堤は序盤の悪い流れをひきずり総合48位に終わり「調子が悪く駄目でした」と振り返った。

 出場した全選手が予選敗退という結果に終わってしまった4日目。5日目予選は男子200m背泳ぎ、女子200m平泳ぎ、男子200m個人メドレーが行われる。日本選手権も明日からいよいよ後半戦。五輪への挑戦をまだ終わらせないために、まずは準決勝進出をきっちりと決めたい。

選手コメント

生井義人(男100自:予選37位)

-今日のレースを振り返って
前半から飛ばそうと思ったがちょっと遅くなり集中していけなかったです。
-レース展開について
前半から飛ばそうと、おもいきって行きました。
-今日のレースに向け取り組んだこと
筋力強化を行ったが間に合いませでした。
-次のレースに向けて
ジャパンカップで爆発したいと思います。

村松弘基(男200バ:予選23位)

-今日のレースを振り返って
楽しかったです。
-レース展開について
何も考えずに行こうと思いました。
-今日のレースに向け取り組んだこと
2月8日の短水路のレース以降、短水路の感覚がついていたので長く大きく泳いで長水路の感覚を掴む練習をしました。
-次のレースに向けて
次の100mバタフライは準決勝に残れるよう頑張ります。

森洋介(男200バ:予選17位)

-今日のレースを振り返って
明日の調整だと思い、こんなもんだと思いました。
-レース展開について
特に決めないで、前半は200m個人メドレーの感じで行きました。
-今日のレースに向け取り組んだこと
特にありません。200m個人メドレーを重視しました。
-次のレースに向けて
明日の200m個人メドレーはいい泳ぎができ、いいタイムが出るようにがんばりたいです。

山口大貴(男200平:予選29位)

-今日のレースを振り返って
泳ぎの調子はよかったのですが、このタイムには納得がいきませんでした。
-レース展開について
前半はくっついていき後半にスパートをかける予定でしたが、前半に遅れてしまい落ち着いて泳げませんでした。
-今日のレースに向け取り組んだこと
特にありません。与えられた練習をこなしていくだけです。
-次のレースに向けて
今回駄目だったのでインカレでチームのために貢献したいです。このままでは駄目なので夏までに100mの方も泳いでいきたいです。
 

 堤大陸(男200平:予選48位)

-今日のレースを振り返って
調子が悪く駄目でした。
-レース展開について
前半からおもいきって泳ぎたかったが駄目でした。
-次のレースに向けて
次は自己ベスト更新を目指します。

 

フォトギャラリー

  • 41副主将の宇津木
  • 42生井
  • 43伊佐治
  • 44村松
  • 45
  • 46山口
  • 47 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み