水泳
 

【水泳】大会5日目レポート JAPAN SWIM 2012(ロンドン五輪代表選考会)

第88回日本選手権水泳競技大会 競泳競技 兼 第30回オリンピック競技大会代表選手選考会
2012年4月2日~8日
会場:東京辰巳国際水泳場

オリンピック選考会もいよいよ後半戦にさしかかったこの日。ついに法大OBから代表選手が誕生!さらに5日目の法大注目エントリー・男子200m背泳ぎの松原、同個人メドレーの森はメイン種目で絶好調。さらに女子100m平泳ぎ6位の浜野、そして虎視眈眈とメインの200mに合わせていた茂木の二人が再び活躍を見せた。

200個メ決勝に滑りこんだ内田

試合結果

予選結果(女子)

種目順位選手名タイム     備考
 200㍍平 4位 茂木 美桜 2分25秒91  準決勝
  11位  浜野 麻綾 2分28秒33  準決勝

予選結果(男子)

種目順位選手名タイム備考
200㍍背 6位 松原 颯  1分59秒79 準決勝 
 

19位

 山岸 祐介 2分02秒77  
  24位  小川 将平 2分03秒83  
200㍍個メ 6位 森 洋介  2分01秒51  準決勝
  16位  内田 裕大 2分03秒16  準決勝

準決勝結果

種目順位選手名タイム     備考
 男200㍍背 4位 松原 颯 

1分58秒32

 決勝
 女200㍍平 8位  茂木 美桜 2分26秒28  決勝
  9位  浜野 麻綾 2分26秒31  
 男200㍍個メ 7位  森 洋介 2分01秒40  決勝
  8位 内田 裕大 2分01秒63  決勝

予選

 男子200m背泳ぎには小川将平(社1)、松原颯(経3)、山岸祐介(経1)が出場。小川は途中、組中トップに立つ泳ぎを見せるもタイムが伸びず24位。松原は自分で「調子は悪くない」と話すように2分を切る好タイムで順当に準決勝進出。山岸は惜しくも準決勝進出は逃したものの1年生ながら19位と健闘した。

 続く女子200m平泳ぎには浜野麻綾(スポ1)と茂木美桜(人1)の1年生コンビが出場。浜野は周りを引っ張る好スタートを切る。後半わずかに失速したものの11位で予選を突破。茂木は伸びのある泳ぎで、2分25秒台の派遣標準に迫る好タイムを叩きだし4位で準決勝進出を果たした。

 男子200m個人メドレーには森洋介(経3)と内田裕大(経3)が出場。森は「自分でもびっくりした」と話すようにレベルの高い組で粘りの泳ぎを見せ2分01秒51の好タイムを叩きだし、6位で準決勝進出。内田は無難な泳ぎを見せ16位で準決勝進出を決めた。

 7人中5人が準決勝進出という好成績を残した法大。新入生の活躍もさることながら、上級生の泳ぎにも期待がかかる。この中から何人のファイナリストが生まれるのか非常に楽しみである。

準決勝

  予定通り順調に準決勝へと駒を進めた男子200背泳ぎの松原。0.49の抜群の反応でスタートを切ると昨年の日本代表・渡邊一樹(セントラルスポーツ)の次点につき安定したペースでレースを展開。1組2位で自己ベストを更新し、明日の決勝では五輪代表の座を掴むため、前半6秒台入りを目指す。

 女子200m平泳ぎに出場した茂木は「周りを見て緊張してしまった」と話し、決勝が危ぶまれるタイムでレース後声を震わせたが、なんとか8位に滑りこみ決勝へ。準決勝の悔しさをバネに爆発してほしい。同種目に出場した浜野は茂木とわずか0.03秒差で準決勝敗退となった。

 そして男子200m個人メドレーでは内田と森がそろって決勝を決めた。タイムを見る限り二人とも好調の様子。森は持ち味の前半飛ばすスタイルで後半も大きく落とすことなく2分01秒40。また内田は昨年のインカレで更新した自己ベストをさらに更新する泳ぎに久々の笑みがこぼれた。ギリギリでの決勝進出となったが、主将としてインカレに繋がる泳ぎを見せてほしい。

OB金田が男子200mバタフライ五輪代表へ!

  法政OBである金田和也(現・金田SC)が男子200mバタフライで悲願の五輪出場権を獲得した。スタート後、トップで浮き上がり序盤から果敢に攻める。しかし、松田(コスモス薬品)が、佐野(ミズノ)が、そして平井(セントラルスポーツ)が序々に前へと出てくる。50mを4位で折り返すと松田と佐野が少し抜けた状態で、金田、坂田の3位争いが熾烈を極める。その後上位2名のリードは変わらず150mの折り返し地点で金田は3位。松田、佐野がこのまま代表を獲得すると思われた。だがここから怒涛の追撃が始まる。残り25mで2位の佐野を猛追すると残りわずか5mでの逆転劇を見せつけた!派遣標準(1分55秒65)を切る1分55秒39でロンドンオリンピック代表決定。電光掲示板を見るなり喜びを噛みしめるようにガッツポーズを決めると、後ろを振り返り応援席から声援を送り続けた後輩達へ力強く両手をあげて応えた。普段大学で選手と共に練習をしているという金田。彼の五輪出場は現役部員に力を与えたことだろう。

 大会もいよいよ6日目が迫り、予選を全て終えようとしている。6日目は予選に現役選手10人が出場。そして決勝には法政スイマーが今大会中最多の4人が出場となり、こちらも見逃せないレースとなりそうだ。

選手コメント

松原颯(男200背:準決4位)

―準決勝振り返っていかがですか

ベストくらいで来る予定だったので、予定通りにいけたのはよかったかなと。

―先日の100mから今日は200ということで気をつけた点は

得意種目でもありますのでその点決勝に残れるようにいつも通りの泳ぎをすることこを心がけました。

―展開はどういった風に

隣が昨年の日本代表の渡邉一樹(セントラルスポーツ)さんだったので、頑張ってついていって勝つつもりで泳いで行こうかなと。

―予選終わった段階ではどのくらい余力を残していたのでしょうか

予選の段階ではまだ余力っていうかそんなきつくはなかったんですけど、ちょっと泳ぎか崩れてたので、準決勝までに直して、はい。

―明日はどんなレースにしたいですか

明日はもうオリンピックの代表が決まっちゃうので、悔いの残らないように全力を出したいと思います。

―派遣標準を切ることも考えていると思いますが、その辺のポイントは

前半から行って、いつも後半ちょっと落ちてしまうのでその後半どれだけ頑張れるかってところです。

―前半だいたいどのくらいで入ったらいいですか

理想では6秒台では入りたいですけど、それだけの力があると信じて前半からいきたいと思います。

茂木美桜(女200平:準決8位)

―準決勝振り返って

予選よりタイムが落ちて、このままじゃ残れないかもしれないんで…悔しいです。

―予選と準決勝で何が違いましたか

やっぱり緊張して周りを見てしまった部分が多くて、全体的にうまく泳げなかった部分が。

―前半は積極的レースを展開しているように見えましたが

積極的に行こうとは思ってたんですけど、予選よりもストロークが増えたし、よくなかったかな…。

―決勝ではどんな点に気をつけて泳いでいきたいですか

自分のレースをして、ベストは派遣を切ってるのでオリンピック目指して頑張りたいです。

浜野麻綾(女200平:準決9位)

―準決勝振り返って

1組目が泳いでいてすごいレベルが高かったので、その中でも残らなきゃいけないなと思ったんですけど、そんなに甘くないですよね。

―予選から修正した点は

予選は気楽にいけたんですけど、このブレ(平泳ぎ)はレベルが高いことがわかっていたので、前半からもういって、後半勝負だとわかってたんですけど悔しいです。

―最後追い上げていました

そうですかね。鈴木さんが一番でついてて、斜め前だったんですけどすごい見えててでも粘ってたんですけど、結果がついてこなかったですね。

―100は決勝までいきましたがその疲れなど残ってましたか

朝は足が重かったりしたんですけど予選終わってからはすっきりしたというか、またレース間隔が戻ってきて、重いっていう感じはなかったです。

―メインはどちらでしょうか

メインは200なんですけど、今回は100が調子よくて。

―今日のタイムはご自身

ベストは6秒1なんですけど、今思えばもう少しいけたような気がしてすごい悔しいです。

―この大会を通して課題は

100でも200でもブレはすごいレベルが高いのでもっと練習…練習は自分では頑張ってたつもりなんですけど、内容ももっと濃くしていかないと勝てないなっていうのは改めて実感しました。

―次のレースに向けて

次は大学の試合になるので、それに法政に貢献ができたらいいなと思います。

内田裕大(男200個メ:準決8位)

―予選、準決と振り返って

体動いてなかったので、開き直って準決残ればいいやという感じでいったらギリギリだったので、なおさら開き直って準決勝いけたというか、4個メは明らかに楽しめてなかったのでまず楽しんでいくのを大前提で泳ぎました。

―メインは4個メだったわけですが2個メにはどんな気持ちで臨みましたが

2個メはインターを切って今年のインカレに繋げたいっていう思いが強かったので、それで結果がついてくればいいなと思いました。それがちょっとうまくいったかわからないってのが心残りですけど、2個メ終わって、決勝行くかもしれないですけど0.1秒ベストで泳げたので最低限よかったです。

―予選から決勝で修正

予選はフリーが悪かったので、あとはバッタ、バック楽にいってブレストでしっかりいけたらなっていう風に思ってました。

―今日はバックでだいぶ順位を上げていましたね

ならよかったです。バックは練習してきてたんで。

―際どいラインですが、決勝に向けて

いや、まだこれは言えないですね。本当に際どいので。5位なんで。次(の組では)あと3人はいくと思うので、それ見ないとやっぱり…。

―まだ終わってはいませんが、ここまでの日本選手権での法大勢の成績どうとらえますか

もう正直、本当にこのままじゃ勝てないというか、インカレでですけど、本気で狙ってるんで、ちょっと本当に気合入れ直さなきゃなって思ってます。まだ終わってないですけど。

―中央、中京、日体あたりが元気な印象を受けますが

そうですね。でも負ける気ないんでひとつも。僕自身も4個メの決勝でああいうレースしてしまったので主将としてはちょっと情けなかったし、それを責任もってまとめる。そして結果でもしっかりついてこさせるってことを考えてレースしたいです。

―新入生が今年もたくさん入部しましたが内田さんから見ていかがですか

引っ張ってくれてますし、あとは結果残すだけなんですけど、それはいい意味で期待してないというか、プラスアルファになってくれればいいですけど。僕らの姿勢を見て頑張ろうって思ってくれたらいいなと思います。

 

フォトギャラリー

  • 51200個メ決勝に滑りこんだ
    内田
  • 52
  • 53茂木
  • 54山岸
  • 55小川
  • 56松原
  • 57五輪代表を勝ちとったOBの
    金田(左)
     

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み