水泳
 

【水泳】流れ掴んだ初日、好調なスタート 第88回日本学生選手権水泳競技大会1日目

第88回日本学生選手権水泳競技大会
2012年9月7日~9日
会場:東京辰巳国際水泳場

個人競技の水泳が団体競技となる3日間が始まった。大学日本一を決める日本学生選手権、通称"インカレ"。各々が自らの役割を果たすべく仲間の想いを胸に戦いへと挑む。

満を持して決勝に臨む松原

試合結果

予選結果(女子)

種目順位選手名タイム備考
 50㍍自 8位 村上 栞 26秒31 決勝
  29位 吉田 恵里子 27秒13  
 400㍍自 21位 木屋川内 万穂 4分21秒54  
  48位 広瀬 愛美 4分44秒10  
200㍍バ  29位 岡田 愛 2分18秒23  
  51位 根岸 優歩 2分22秒71  
 200㍍背 21位 中村 桃子 2分17秒93  
  23位 狩野 ひろか 2分18秒66  
 100㍍平 1位 茂木 美桜 1分08秒14 決勝
  6位 浜野 麻綾 1分08秒90 決勝
400㍍リレー 8位 吉田・茂木
木屋川内・村上
3分49秒20 決勝

予選結果(男子)

種目順位選手名タイム備考
50㍍自 10位 生井 義人 23秒36 B決勝
  11位 米川 琢 23秒37 B決勝
  67位  大林 洋平 24秒59  
400㍍自 5位 東 隼平 3分52秒23 決勝
  21位 露崎 真基 3分56秒35  
  41位 池田 翔 4分03秒38  
 200㍍バ 8位 宇津木 翔平 2分00秒03 決勝
  11位 伊佐治 淳 2分00秒32 B決勝
  23位  村松 弘基 2分01秒82  
200㍍背 2位 松原 颯 1分59秒18 決勝
  9位 山岸 祐介 2分00秒97 B決勝
  16位 小川 将平 2分02秒44 B決勝
100㍍平 15位 西 信幸 1分02秒72 B決勝
  34位 川畑 佑平 1分03秒51  
  47位 山口 大貴 1分04秒37  
400㍍リレー 2位

伊佐治・内田
須田・森

3分23秒37 決勝

B決勝結果

種目順位選手名タイム     備考
男50㍍自 1位 米川 琢 23秒17  
  2位 生井 義人 23秒28  
男200㍍バ 3位 伊佐治 淳 2分00秒54  
男200㍍背 1位 山岸 祐介 2分00秒16  
  7位 小川 将平 2分03秒21  
男100㍍平 4位 西 信幸 1分02秒58  

決勝結果

種目順位選手名タイム     備考
女50㍍自 5位 村上 栞 25秒85  
女100㍍平 4位 浜野 麻綾 1分08秒14  
  6位 茂木 美桜 1分08秒46  
女400㍍リレー 8位 吉田・茂木
木屋川内・村上
3分50秒20  
男400㍍自 3位 東 隼平 3分50秒61  
男200㍍バ 6位 宇津木 翔平 2分00秒11  
男200㍍背 1位 松原 颯 1分57秒23  
男400㍍リレー 4位

生井・内田
須田・森

3分21秒80  

総合得点(1日目終了時点)

  順位

得点

男子 3位 115.0点
女子 8位 63.5点

「もうインカレで負ける気はしない」松原、悲願の優勝!

 男子200m背泳ぎの頂点。昨年まで絶対的王者・入江陵介が君臨し続けたその位置についに松原が立った。ゆったりとしたペースで序盤入ると、大きな泳ぎで一気に周りを追い上げトップでタッチ版を叩いた!自己ベストを見事更新し、念願の順位に笑顔でガッツポーズを突き出した。入江なき同種目で松原の優勝は至上命題。同じく優勝候補であった多田(早大)のコンディションが良かったこともあり「不安だった」と本音をもらしたが、そこで勝ちを確実に掴み取る頼もしさが3年生となった松原には備わっていた。

好調の滑り出し

 さっそく自由形勢が法政を盛り上げた!女子50mでは村上が決勝5位で会心の笑みを見せ、男子50mでは米川、生井がB決勝で1、2フィニッシュ。米川の予選のタイムは実に3年ぶりのベストとなる好記録。昨年背中を肉離れした後、苦手な練習やウエイトにも地道に取り組んだ成果が現れた日となった。また、5月の大会では不調に喘いでいた東が復調し3位で表彰台入り。また、予選敗退ではあるが女子主将の広瀬も400mで健闘し、大学最後のレースを晴れ晴れとした表情で終え、後にレースを控える仲間にエールを送った。

 バタフライ勢では1年生伊佐治が200mB決勝で3位、リレーの予選にも第一泳者として出場し活躍を見せる。決勝で6位となりしっかりポイントを獲得した副主将の宇津木はいい感覚の中で泳げている様子。二日目の100mにも期待したい。そして背泳ぎ勢は3人揃って予選を突破。B決勝で山岸が1位、小川もラストで踏ん張り7位に入り、松原を後押しする結果を残した。平泳ぎでは男子100mB決勝で西が4位と健闘!女子100m予選を1位で通過した茂木はスタートから遅れをとると上がりきれず5位に落ち着き、浜野はスピードにのって3位争いを繰り広げるも最後の最後で逆転を許し表彰台を逃した。
 大会初日のラストを飾るのは400mリレー。女子は吉田—茂木—木屋川内—村上の4人で予選、決勝の2本を戦い、結果は8位と奮わずも決勝に残りポイントを稼ぐことはできた。男子決勝は第一泳者を伊佐治から生井に代えて挑み4位。選手層の厚い上位3チームとはやや差がついてしまった。

 シードは難しいと言われている女子も初日はなんとか圏内に留まった。男子は昨年総合5位スタートとなり、初日の種目の強化を課題にあげられてたが、今年の出だしは3位と好調。1位の中京とは31点差、2位の中大とは18点差とやや開きがあるものの、2日目以降に残す法政の得意種目で辰巳をオレンジ色に染めるべく追い上げをはかる。

松原颯

ーインカレ初優勝おめでとうございます

ありがとうございます。ずっと優勝狙ってたんで。最初すごい不安だったんですけど、優勝できてほっとしてます。

ーやはり多田さん(早大)は気になっていましたか

そうですね。今日は朝からずっと調子がいいって言ってて、僕のベストくらいでは来るかなと思っていたので、最低でもベスト以上は出そうと思って。

ー今日はメインの200ですがどういう展開で泳ごうと

とりあえず優勝するためにっていう、タイムにこだわって、勝つことを意識して泳ぎました。

ー予選から約2秒上げていますが、修正した点など

予選は決勝に向けて大きな泳ぎでっていう感じだったので、タイムはそんなに気にしなかったです。

ーこの夏強化してきたポイントは

ターン後のバサロっていうのは一応やってはいたんですけど、まだまだ今回の大会では活かせてないかなっていう感じで、あとは今まで以上に大きな泳ぎで、少ないストロークで長く進むっていう。

ーまだまだ試合残っていますがレースに向けて意気込みを

今年の法政ははじめの自由形の50からすごく勢いがいいのでそれに乗って僕もどんどんいい結果を出せたらなと思います。

東隼平

―3位おめでとうございます

ありがとうございます。

―予選、決勝と振り返って

前半、自分が出てるのはわかってたのでこのまま逃げ切れるかなと思ってたんですけど、ちょっと疲れちゃいましたね。自分の持ち味が出せたレースが途中まではできたかなと思います。

―5月のジャパンオープンでは不調のようでしたが、どう持ち直したのでしょうか

オリンピック選考会が4月にあったということでその時にもう悪い泳ぎが出てて、練習をかなりカツカツに詰め込んだまま5月出てしまったので、本当に今までで一番なくらいの最低な泳ぎでしたね。そっからインカレまでみんなスピード練習もかなり取り入れていたんですけど、フォームがあまりにもひどいということで7月の下旬までは泳ぎを崩さないような練習をしていました。(フォームの改善に重点を?)改善というよりも、以前のいいところを残しつつ自分の今の泳ぎに合わせて。現段階ではいい感じでできてはいます。

―最近の調子は良かったのでしょうか

予選の感じであまりアップをしないでいいタイム出てたんで、決勝はベスト狙っていけたらなと思ってたんですけど、途中で追いつかれて慌ててしまって

―明日は1500mも控えていますが

明日予選だけなので、決勝はあさってなんですけど、今日の泳ぎができればそんなに最終日に疲労は残らないかなと思うので、しっかり点とっていきたいなと思います。

浜野麻綾

ー最後惜しかったですね

一応表彰台を狙っていたので、悔しいですね。ベストではないんですけど、初めてっていうのは言い訳にはしたくないですが、いい経験ができたかなって思います。

ーインカレは他の大会とはやはり違いますか

最初は選考会とかと似てるなって思ったんですけど、決勝なると入場のときとかすごい違って自分のモチベーションも上がって、やっぱり大学生って、いいなって思うし、法政のみんなも笑顔で迎えてくれたんで、入ってよかったなって思います。

ーでは次のレースに向けて

リレーはどうなるかわからないんですけど、200も(茂木と)二人で決勝に残って少しでも得点に貢献できたらいいなと思います。

宇津木翔平

ー予選、決勝と振り返って

泳ぎの感覚だけで言えば決勝の方がタイムいいかなと思ったんですけど、順位上げれたので。泳ぎ自体は悪くないんで、感覚だけ言えばまあもうちょっと早かったかなっていうのはあるんですけど。

ー最近の調子はいかがでしたか

ここまでの感覚としてあんまりよくなかったので。まあでも最低限A決勝残れたので、良い方だったんじゃないかなと思います。

ーこの夏重点的に取り組んだことは

なるべくレースに近い練習を取り入れることでレースとのギャップをなくすような練習を多く入れてました。

ー初日の法政全体の結果見ていかがですか

後輩も頑張ってくれていい刺激になったので、今のところ流れは結構いいんじゃないかなって思います。

ー明日の100mに向けて意気込みをお願いします。

明日は今日以上に結構厳しい戦いになると思うので、修正できるところは修正してのぞみたいなって思います。

広瀬愛美(女子主将)

―今日のレースはいかがでしたか

水泳最後だったんで、自分のやれることだけしっかりやろうと思ってのぞんで、結果はよくないんですけど、一生懸命泳げたのでよかったと思います。

―では今日のレースが集大成ということですが、大学4年間を振り返って

いろいろ苦しいこともつらいこともあったんですけど、今、思えばそんな悪いことばっかでもなくてすごく充実した4年間だったなって思います。

―今年は女子主将も務められましたが

主将としての仕事とかも全然できてなくて、周りにすごい迷惑かけてたんですけど、それでも「みんなで頑張ろう」って言ってくれる周りの人たちがいて、すごい支えられてるなって思いました。

―インカレ前に女子で何か話し合ったことはありますか

個人個人の力はすごく強いので、周りはいろいろ言ってますけど、シードがとれないこともないと思うので、最後まで狙っていこうって。

―まだこれからレースを控える同期や後輩のみなさんに最後に一言お願いします

わたしはこれでレース終わりなので結果で引っ張るとかはできないんですけど、1年生から3年生はまだ来年もあるので自分にとってプラスになるレースをしてほしいなって思います。

 女子400mリレー(吉田-茂木-木屋川内-村上)

―予選・決勝と振り返って

村上:4継泳いでくれたメンバーが1年生二人と2年生だったんですけど、1年生の美桜は個人でもかけたいなって思いの中でしっかりと予選から泳いでくれて、万穂も400があったんですけど最初から「一緒に泳ぎたいです」って言ってくれてたので、私としては後輩たちを決勝の舞台で泳がせるおとができてよかったと思います。

―目標タイムは

村上:一応全員のベストを足して47前半か6秒くらいを狙っていたんですけども、リレーなのでその時出たタイムがそのt-無のベストだと思ってるので、今回もベストで、・・・泳いだよね!

-茂木さんは個人のすぐ後のレースでした

茂木:さっきの100でタイム落として、リレーだけは頑張ろうと思ったんですけど・・・最終日の種目に向けて、明日の過ごし方をしっかりして頑張りたいです。

―みなさんも明日からのレースに向け最後に意気込みをお願いします

吉田:自分は何も仕事できてないと思ってるので、あとの二日間でしっかり仕事できるように頑張りたいと思ってます。

木屋川内:もっと真ん中にいきたかったし、もっと差をつけることができなくて悔しかったのでその分も明日は頑張りたいと思います。

村上:4年生の岡田愛が明日1バタあるっているのと、メドレーリレーが結構期待されているのでできるだけ狙って、予選から勝ちこんで行こうと!

男子400mリレー(生井-内田-須田-森)

―予選。決勝と振り返って

内田:1泳がベストできてくれたんで波に乗った中でどういうレースだったかっていうところなんですけど。ちょっと上が抜けてたんで、勝負させてもらえなかったかなって。

生井:とりあえず自己ベスト狙っていい流れでつなげるように。(今日は3本目のレースでしたが)それはもう気持ちで泳ぐだけでした。

須田:予選よりタイム落としてしまったので、4年生が4継は最後だったので勝たしてあげたかったんですけど足引張ちゃったので、明日以降のレースで挽回していきたいと思います。

森:順位は1秒7も離れてるんで3番に入るのは厳しいと思うんですけど、あのタイムでいったらあの順位が一番いいのかなと。でもちょっと悔しいですねやっぱり。3番入りたかったです。まあみんな層が厚いですよね。他は2人、3人変えてくるんで。僕ら1人だけだったので。ちょっと悔しいですけど、これが今の法政の力だし、個人でみんなそれぞれ頑張ってくれてるので初日に関しては上出来なんじゃないかなって思います。

―明日のレースに向けて

内田:リレーはちょっと残念でしたけど、個人はいい流れできてるので、それに乗るというか、もう一つギアを上げられるように、ベストと言わずいい順位でいけたらいいんじゃないかなと思います。

森:頑張ります!一言です!はい。

須田:明日は自分の一番得意な種目なので、納得のいく泳ぎができればと思います。

生井:一つでも順位があげられるように頑張ります。

 

フォトギャラリー

  • 11満を持して決勝に臨む松原
  • 12インカレ初タイトル!
  • 13東は昨年より一つ順位を落
    とすも3位に
  • 14レース前に仲間とハイタッ
    チする浜野
  • 1550m自由形に出場した村上
    の笑顔もはじけた
  • 16B決勝1位の米川
  • 17必死でチームに声援を送る
    茂木(左)と吉田(右)-女子リ
    レー
  • 18ラストレースとなった女子
    主将の広瀬
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み