水泳
 

【水泳】法大水泳部始動! 第54回日本選手権(25m)水泳競技大会 1日目

第54回日本選手権(25m)
2013年2月23日~24日
会場:相模原市立総合水泳場(さがみはらグリーンプール)

主要大会では今年度の初舞台となる第54回日本選手権(25m)が、相模原市立総合水泳場(さがみはらグリーンプール)にて開催された。4月の大会の飛躍へ向けて、全国の競泳者たちがスタートを切る中、新たな法大水泳部が踏み出す第一歩に注目が集まる。

表彰台に上がり笑顔の茂木(写真左)

試合結果

予選結果(女子)

種目順位選手名タイム備考
200㍍背 30位 中村 桃子 2分13秒04  
100㍍個メ 4位 茂木 美桜 1分01秒50 決勝
50㍍背 13位 中村 桃子 28秒34 B決勝
100㍍平 1位 茂木 美桜 1分06秒07 決勝

予選結果(男子)

種目順位選手名タイム備考
200㍍バ 15位 伊佐治 淳 1分57秒78 B決勝
  29位 池端 宏文 2分02秒41  
50㍍自 32位 米川 琢 23秒67  
50㍍背 23位 大林 洋平 25秒61  
400㍍個メ   森 洋介   棄権

タイム決勝結果

種目順位選手名タイム備考
男1500㍍自 23位 露崎 真基 15分30秒27  
  18位 池田 翔  15分25秒47  
  9位 東 隼平 15分01秒72  

B決勝結果

種目順位選手名タイム備考
女50㍍背 5位 中村 桃子 28秒24  
男200㍍バ 7位 伊佐治 淳 1分57秒37  

決勝結果

種目順位選手名タイム備考
女100㍍個メ 5位 茂木 美桜 1分01秒29  
女100㍍平 2位 茂木 美桜 1分05秒41  

 大会初日。試合前の段階でエース森洋介(経3)が怪我で棄権するというハプニングがあったものの、法大からは総勢9名の選手が出場し、上々のスタートダッシュを切った選手も見られた。

 中でも際立っていたのが、昨年からの好調を維持し、今年度水泳部表彰台第一号となった茂木美桜(人1)だ。同世代の中でも比類なき強さを発揮している彼女は、出場した二種目で決勝に進出。優勝には届かなかったものの100m平泳ぎで2位となり、見事メダルを獲得した。

 決勝には惜しくも届かなかったものの、インパクトを残したのが200mバタフライの伊佐治淳(経1)と50m背泳ぎの中村桃子(経1)の1年生コンビである。伊佐治は半月板の手術を受け、中村は肩のけがで思うように動けないというハンデを抱えながらも、B決勝へと進出した。しかしそんな中でも「タイムが出ず納得はしていない」(伊佐治)「納得がいくレースができなかった」(中村)と語る二人の言葉からは、今シーズンへの意気込みが感じられた。二人の成長も楽しみである。

選手コメント

茂木美桜(女100m平泳ぎ:2位)

ー決勝を振り返って
最近は練習での感覚があまりよくなかったのでタイムが出せてよかったですけど、やはり2番はちょっと悔しいです。
ーインカレ後に取り組んだ練習は
インカレ後はワールドカップがあったりしてターン練習や、ターン際の練習が苦手だったのでそこを取り組みました。
ー1年生としてのレースが今大会最後だが1年間振り返って
大学入ったら大変なのかなと思って、結果が出なかったらと不安になった時もありました。インカレと今大会もそこそこ結果が出て満足しています。
ー来年度以降の目標は
とりあえず4月に代表に入れたらいいなと思っています。インカレは優勝したいです。
ー今回は個人メドレーでも出場したが
たまに個人メドレーでも出てて、今回は調整も兼ねてインカレなどでレースが多い時にも耐えられるようにトレーニングも含めて出ました。
ー4月の日本選手権に向けて意気込みを
去年はみんな応援してくれたのに、8位で不甲斐なかったので応援してくれるみんなに応えれるレースをしたいです。

伊佐治淳(男200mバタフライ)

ーB決勝を振り返って
もう少しタイムが出ると思っていましたがベストから1秒に落ちて、56秒ぐらいは出したかった。でも手術からの復帰後で六大学よりはいい泳ぎができました。
ーどこを手術したのか
左膝の半月板です。術後の六大学の大会よりいい泳ぎをしようと予選に臨みましたが、予選泳いで課題も見えてきました。
ーその課題はどこか
ターン時に壁を蹴る時にどうしても膝を意識して強く蹴れなかった所です。それがストリームラインも悪くしてしまいました。ただB決勝では上手く調節でき、後半上げることが出来ました。
ー若干だが予選よりタイムが速くなったが
56秒7~8を目指してやりましたが、タイムが出ず納得していません。最近予選~決勝とあって決勝でいつもタイムを落としていたのですが、落ちなかった所はよかったと思います。
ーリハビリは順調か
順調ですね。
ー4月の日本選手権に向けての課題は
インカレも大切ですが日本選手権も大きな大会で世界選手権の選考もかかっています。昨年は会場全体がそういう雰囲気の中でやって、(日本選手権で)それに飲まれてしまって自分のベストを更新できませんでした。今年は昨年の日本選手権で出した1分59秒08という記録があるので、それを越えれるように頑張ります。

 

フォトギャラリー

  • 11表彰台に上がり笑顔の茂木
    (写真左)
  • 12B決勝で躍動する伊佐治
  • 13100m平泳ぎでメダル獲得
    の茂木
  • 14レースを終えた中村
  • 151500mで躍動する東
  • 161500自由形の池田
  • 17競技を終え順位を確認する
    大林
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み