水泳
 

【水泳】JAPAN SWIM 2013(世界選手権、ユニバーシアード代表選考会) 1日目

第89回日本選手権水泳競技大会 競泳競技 
兼 第15回世界選手権大会2013代表選手選考会
兼 第27回ユニバーシアード競技大会代表選手選考会
2013年4月11日~14日
会場:新潟ダイエープロビスフェニックスプール

 2年に一度開かれる国外主要大会である世界選手権、ユニバーシアードの代表の座を賭け、4日間にわたる戦いがスタートした。前回のユニバーシアードに当時1年生で出場した池端宏文を筆頭に、副主将の森や今年2月の短水路で2度表彰台に上った茂木など代表を狙えるメンバーが登場する初日から結果を出し、勢いをつけることができるか。

森B決勝

試合結果

予選結果(女子)

種目順位選手名タイム備考
100㍍平 5位 茂木 美桜 1分09秒05 決勝
  7位 浜野 麻綾 1分09秒60 決勝

予選結果(男子)

種目順位選手名タイム備考
50㍍バ 2位 池端 宏文 24秒10 決勝
400㍍個メ 9位 森 洋介 4分20秒11 B決勝
100㍍平 22位 渡邊 一輝 1分02秒27  
1500㍍自 4位 竹田 渉瑚 15分22秒71 決勝
  14位 東 隼平 15分39秒91  
  22位 露崎 真基 15分56秒27  
  26位 池田 翔 16分20秒18  

B決勝結果

種目順位選手名タイム備考
男400㍍個メ 1位 森 洋介 4分17秒89  

決勝結果

種目順位選手名タイム備考
男50㍍バ 7位 池端 宏文 24秒43  
女100㍍平 5位 茂木 美桜 1分08秒93  
  7位 浜野 麻綾 1分09秒40  

予選

 世界への挑戦権をかけた戦いが新潟の地で開幕した。最初に登場したのは50mバタフライの池端宏文(経3)。2月の短水路では結果が出なかったが、そのうっ憤を晴らすかのような素晴らしい泳ぎで、2位となり決勝に進出。幸先の良い出だしを見せた。
 400m個人メドレーではケガから復帰した森洋介(経4)が登場。しかし、実戦を離れていたブランクが影響したのか、本人曰く「(メイン種目の)200mのつもりで調整していたので、流しすぎてしまった」結果、自分のペースをつかめずに全体9位で惜しくも決勝進出を逃し、B決勝には進出したものの悔しさの残る結果となった。
 男子1500m自由形では露崎真基(経3)、池田翔(経4)、東隼平(経3)の3人に加え、一年生の竹田渉瑚(スポ1)が出場。3人が無念の予選敗退となった一方で、一年生の新戦力竹田が4位で決勝に進出し、明日の決勝へ向け実りあるレースを見せた。
 女子は100m平泳ぎで茂木美桜(人2)、浜野麻綾(スポ2)の二人が出場。試合前の調子は悪かったというものの茂木は5位、浜野は7位でともに決勝に進出した。

決勝

 B決勝1人、決勝3人と成績的にはよい形で予選を終えられた。しかし予選を終えて調子が上がらないことを不安に感じている選手も多く、まだ調子が上がらないと感じる選手も見られる中行われた決勝。最初に登場したのが400m個人メドレーB決勝に進出した森洋介である。レースでは序盤のバタフライから相手引き離し、2位以下に4秒以上の大差をつけての圧勝であった。タイム的にも決勝に残っていればという数字だけに本人も悔しさがあったが、自身が焦点を当てている200m個人メドレーのレースに手ごたえをつかんだ部分もあるため今後に期待が持てる内容となった。
 バタフライ50mの池端は予選では2位と好成績を残したが「少し焦ってしまった」と話すように、決勝では予選のようなダイナミックな泳ぎを見せれず7位に終わった。
 最後に100m平泳ぎの茂木、浜野は鈴木聡美など強豪選手とのマッチアップとなったが、序盤からリードを許し、引き離され茂木は5位、浜野は7位に終わった。特に茂木はこの種目に力を入れていただけに無念の結果となった。
 初日ということもあったのか、自分のポテンシャルを100パーセント出し切ることができない選手が多く見られたが、今日出た選手は2日目以降にメインを控えている選手も多いので今後の巻き返しに期待したい。(宝嶋優太)

選手コメント

森洋介(男400個メ:B決勝1位)

ー決勝を振り返ってどうでしたか
B決勝なので2個メのためのレースをしようと思いました。メインは2個メなので。

ー予選の泳ぎの出来はどうでしたか
泳ぎのキレがなかったかなと思いました。ターンの前後とか浮き上がりだったりと細かい所ができていなかったです。

ーでは、予選の結果についてどう感じていますか
予選も2個メのための4個メと思って泳いでいたので2個メが3日目なので少しずつ焦らず大きく泳ごうと心がけていました。ただ決勝には残ろうと思い流し過ぎてB決勝になったのは失敗ですけど。

ーケガもされましたが個人メドレーの中でどの泳ぎに1番大きく響きましたか
やはりバタフライです。練習もあまりできませんでした。自分の得意な泳ぎでもあるのでスタートから抜け出せなかったかなと思いました。朝の練習までもずっと気になっていました。

ーケガで得意なバタフライを泳げない時は他にどんな所を強化しましたか
背泳ぎが苦手だったのでそれを克服する泳ぎをしていました。背泳ぎから平泳ぎのターンの所が得意でそこから後半巻き返せばあせらず勝てると思っていたのでとにかく焦らず自分のレースをする所です。

ー次のレースに向けて一言お願いします
全力を出すところです。

池端宏文(男50バ:7位)

ー決勝を振りえかってどうでしたか
だめでした

ーどんな所がだめでしたか
全部ダメでした。
 
ー予選は2位通過でしたが、予選と比べて決勝の泳ぎはどうでしたか
予選は大きく泳いでいたが、決勝になると小さくなってしまった
 
ー小さくなった原因は疲労にありましたか
違いますけど、少し焦りました。
 
ー短水路後に取り組んだ練習は何でしたか
特にないいつも通りの練習です。
 
ー次のレースに向けて一言お願いします。
100mで世界選手権の派遣標準を切れるように頑張りたいです。
 

茂木&浜野(女100平:茂木5位、浜野7位)

ー決勝を振り返ってどうでしたか
茂木 最近は100mの方が結果が良いので、今回も100mを中心に頑張っていたのですが
思うようなタイムが、出なくて悔しいです。
浜野 練習までは調子が良かったのでちょっと今回はタイムには納得いかないです。
 
ー予選を終えての泳ぎを振り返ってどうでしたか
茂木 昨日からあまり感覚が良くなくて予選はよくないままやってしまって、それがタイムに出て決勝までに直したつもりでしたが、力んでしまいました。
浜野 予選に比べて決勝のほうが泳げたが少しラストがうまくいかなかったと思いました。
 
ー1年前のインカレと比べてどんな所が成長しましたか
茂木 去年は何もかもが初めてでいろんなことが起こったが、今年は一度経験したことなので去年よりは緊張せずに行けましたが、いいタイムは出せなかったです
浜野 インカレとは違う雰囲気の大会だったので今回は楽しめて泳げたかなと思いました
 
ー次のレースに向けて一言お願いします。
茂木 ユニバーシアードでも世界選手権でもどちらでも良いので遠征に選ばれたくてタイムも順位も残していきたい
浜野 私は遠征に選ばれることに意味があるので、200mも決勝に残れるようにもっと自分らしいレースが出来るように頑張りたいです
 

フォトギャラリー

  • 11森B決勝
  • 12天を仰ぐ森
  • 13露崎
  • 14
  • 15池端
  • 16茂木
  • 17浜野 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み